新規検索

If you are not happy with the results below please do another search

18 検索結果:

1

人生の息苦しさを解く最後の関門は一つの謎として立ちはだかった(その2)|セラピーの現場から(661)

<見っともない人生> そういう状況(660参照)の中で、「見っともない人生」を生きてきてしまった、という気持ちがあった。そして、「見っともない人生」をいまだに歩んでいるという、強い不満があった。何が見っともないのか。それ […]

2

人生の息苦しさを解く最後の関門は一つの謎として立ちはだかった(その1)|セラピーの現場から(660)

Kさんの人生の息苦しさを解く最後の関門は、一つの謎として立ちはだかった。自分の中に湧き起こって来て自分を苦しめる一つの思い。「自分の人生は見っともなかった。」しかし何が見っともなかったのか自分でも分からなかった。謎だった […]

3

途方も無く長い時間一人だったんだな|逆に宝物に思えるとは|セラピーの現場から(659)

○新生児の私は、何はともあれ7週間の間1人で耐え抜いた。親の支えもなく、自分自身の支えも乏しく、それでも堪えた。あまりに辛い人生のその部分は、なくなって欲しかった。しかし、今、その部分が、自分の宝物に変わっていった。 ○ […]

5

辛い記憶が鍵|セラピーの現場から(514)

とても簡単に言ってしまうと、幼い遠い日の辛い記憶を思い出すことが、すべての鍵のようなのです。思い出す事は、辛いです。しかし、思い出した後では、何物にも変えがたい奥底の心地よさを感じさせます。たとえその記憶が自分の命を脅か […]

6

485 心のこもった「ごめんね」

子供にかかわる仕事をしている。前より子供の気持ちが分かるようになってきた。自分の対応を客観視できるようになってきた。 この前、雪が降りそうな日、庭に出ないでお部屋にいる日にした。お庭が好きな男の子が着替える時「お庭が良か […]

7

477 母にただ幸せになってもらいたいだけ

ベビーブレス。最初に湧き出てきたのは母に対して、本来の自分で生きて欲しいという願いだった。母にただ幸せになってもらいたいだけ。 いい加減今までの生き方を止めて欲しい。いつもの不幸せな母の顔が浮かぶ。 「ちゃんと生きろー! […]

8

289 ベビーブレスを始めて

ベビーブレスを始めて、日常の生活で自分に変化があります。私自身が気づいたのは、声を必要以上に張って喋らなくなったことです。以前はなんとしてでも自分の思いを伝えなければ!とかなり声を張って喋っていたと思います。気が付いてみ […]

11

196 自分で治した

大きな気づきは突然来ます。努力や準備は必要ですが、それがいつ来るかはわかりません。そして、それが来るのは、誰のおかげでもないのです。いわば、自分が自分を発見し、自分を癒すようなものです。そのとき、本当の癒しが起きます。本 […]

12

182 一人ぽっちで寂しい坊主(小さい頃の自分)

前回のベビーブレスの中で、うまくいかずに頭が痛くなった。この痛さは何かに抵抗していることが、ぼんやり感じられた。何に抵抗しているのかは謎だった。謎を解きたかった。  今回のベビーブレスも、呼吸があまりできない。でも、それ […]

13

116 甘える:あたたかい

私は母親に甘えることができなかった。物心ついた時から、駄々をこねたり、わがままを言ったり、泣き言をいうことができなかった。ずっと肩肘を張って生きてきた。弱音を吐いたらいけないと思っていた。 思えば、頼りなくて、いつも不安 […]

14

31 自己治癒

起きることは自己治癒。 薬のおかげでもなければ、他人のおかげでもない。 本当のことを探り出し、自分自身で耐えること。 耐えられる自分がいる。自分を癒せる自分がいる。 J1(1) 引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み […]

15

29 泣くことができる

ある女性がセッションを受けて思い出した。自分は泣きたかったのだ。なのに、思いも言葉も押し殺して押さえ込んだ。自分の気持ちを受け入れてもらえることは不可能であった。ならば、せめて大声で泣きたかった。 今、心から泣けることの […]

16

26 納得し満足する

自分が納得し満足するために セッションも進み、いよいよ大きな山場を迎えることがある。困難な壁が立ちはだかる。ある人は震えて引き返す。引き返してはまたトライする。一進一退である。他の人は、勇気を出して突破する。通る道は千差 […]

17

14 辛い記憶と魅力

辛い記憶と魅力 辛さがあまりに強いため、その記憶が蘇えらず症状がなかなか消えない人たちを見ていると、無理せず、そのままでもよいのかな…と思うことがある。 しかし、同じ程度の辛い記憶を持ちながら、困難を突破して […]

18

10 幼い遠い日の辛い記憶がすべての鍵

幼い遠い日の辛い記憶を思い出すことが、すべての鍵。思い出す事は、辛い。しかし、何物にも変えがたい奥底の心地よさを感じさせる。たとえその記憶が自分の命を脅かすような記憶であっても。それを分かる人は、前に前進する。回復する。 […]