460 得体のしれない不安から安心へ

IMG_2172

アコールでセッションを受けるようになってから少しずつ自分に変化がある。以前は、職場で発表〈プレゼンテーション〉の仕事があると、緊張してしまうので、準備のために薬も飲んだ。そうしないと、手が震えたり、声が震えたり、身体症状があって嫌だった。年上、偉い人だと萎縮(いしゅく)していた。全体に話さないといけないと思って、得体の知れない不安があった。
今回、薬は飲まなかった。前に出たら思っている以上に大丈夫だった。人の顔を見られた。「緊張しています」と言ったら笑ってくれた。笑いを聞きながら話し出せた。前より「人」と話せている感じ。(この目の前にいる人も)一人の人なんだなとか。相手も私と同じ人だと思えた。終わった後で、「良かったよ」とも言ってもらえて嬉しかった。前の得体のしれない不安から変化して、目に見えたら安心した、という感じ。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

459 事実と伴に居れる自分でありたい

hana22

私の中には私自身に対する「役にたたなければいらない」という感覚がある。役にたたなければいらないという条件付きの死…見方を変えると、役にたてば、生きても良い可能性がある。その可能性にしがみついて生きてきた。条件付きの生だ。
もっと奥を観ると、最初からいらないという本当の死がある。本当の死…最初からいらないと言うことを分からなくする為に、何をしても何も役にもたたないのに、本当の死の事実は変わらないのに、条件付きの死と条件付きの生に挟まれた間の所にいた。これを以前、サンドイッチと言ってはいたが、なかなか、そこにいられなかった。
なぜ、いられないのか、それは本当の死が怖く、そのため条件付き・・・の「条件」を受け入れて、すぐ生きやすい方(役に立とうとする方)にいってしまうからである。本当の死…この事が、どれだけ自分にとって、知ってはいけない事実だったのかという事が分かった。でも、最初からいらなかったんだ…という事実はとても安心する。居心地が良い。
その居心地の良さがある反面、昔の癖も消えない。何かあるとすぐに、本当の死を感じないように、萎縮して、役に立とうとニコニコ仮面をする自分、役にたたなければいらないよと(自分にだけではなく)周囲にもしてしまう自分がいる。そのことが今はよく解る。きっと、この癖はずっと自分から消えないのかもしれないと思う。
そして同時に、今を生きたいと思うようになってきた。それは、最初からいらないという本当の死と、役にたたなければいらないという条件付きの死があるということ、つまり自分の中に死があること、そして、今まで生きる為にしてきた根深い癖があること、これらの事実と伴に居れる自分でありたいということ。それが今の私。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

458 ブログの閲覧をありがとう

分布閲覧ここ30日の閲覧者の分布

いつもブログの閲覧をありがとうございます。

よろしければ気に入ったブログのシェアをお願いします。この画面の下の方にある「このブログをシェア」からできます。

閲覧件数を伸ばすことで、アコールホームページの検索順位を高めることができます。よろしくご支援いただければ幸いです。有意義な体験などお伝えできるように日々精進しています。ご感想もお寄せください。首を長くして待っています。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

 

 

457 ジグゾーパズルのピースその2

 

クリップボード062

いくつもの重要な記憶の断片、ピースが手に入ったにもかかわらず、つながらない時に、何が起きているか。最後のピースだけは是が非でも出したくない。最後のピースを出すと全てが失われてしまう。全てがぶち壊しになる。全てが消え失せてしまう。そんな恐ろしい最後のピース。その手前で何としてでも踏みとどまらなければならない最後のピース。しかしそれは自分に嘘の人生を強いている最後のピース。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

456 自分も反抗期をやってみた

IMG_2173

父の記憶は少ない。ほとんど母と二人きりで子供時代を過ごした。母は心の病気がちで、私は彼女を守るので精いっぱいだった。悲しさや怒りを感じる余裕はなかった。親への不平は言わなかった。子供らしい反抗はしなかった。
現在、私の中学生の息子が反抗期を全(まっと)うし、私への反発も羨(うらや)ましいほどだ。まぶしく見える。自分にはなかった。自分はおかしかった。自分の子供が参考になる。反抗期がなかったが、それが普通、と防衛してきた。でも私の子供の方が自然だ。今、セミナーを重ねて私は自分を取り戻しつつ、思う。自分の中にいた傷ついた小さな幼児は、解離していたが、癒され、ようやく回復し現実の自分と一体化できた。今度はもう少し成長し、自分も反抗期をやってみたい。怖いけれど。
セッションでそこを扱った。
お母さんに文句を言った。自分勝手で、私は、いいように褒(ほめ)められてきた。でも褒めるのは表面的だった。なのに褒めてもらうと私は一生懸命だった。文句言った。自分の子供が私にするように文句言った。「飯作れ!」「ばあちゃんの味しか知らないじゃないか」ずっと含んでいた、滞っていたところなので、すごく出せた。「俺はここにいる、俺を見ろ」と言いたいことを言えた。自分の子供のまねだったが、結構リアルだった。「飯!」と言ったらばあちゃんの後ろ姿が出てきた。「ばあちゃんの飯はしょっぱい」母は「作ってくれない」「いつもいないじゃん」。いたのにいないと感じていたのもある。母は全然分かっていない。「クソババア」「親父も出てこい」。俺は「ちゃんとここにいるぞ」と文句を言っていた。
やる前は怖くて、やり終わってみると、心配していた罪悪感はあるけど、そんなでもなかった。でも、祖母の背中は見えたが、母は顔も(姿そのものの)物体も見えない。次回はもっとやってみたい。恨み辛みをやってみたい。求めたり蹴飛ばしたりやってみたい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

455 ジグゾーパズルのピース

クリップボード07

ベビーブレスなどのセッションで、隠れていた過去の重要な記憶が手に入る。それらはジグゾーパズルのピースのように断片的。複数の記憶の断片がつながって初めて全体が観える。つなげる作業が必要になる。つながって全体が観えてその人が変わる。
しかし、重要な断片がいくつも手に入っているのに、どうしてもつながらないことがある。これだけ重要な断片が揃(そろ)ったのであれば、もう、つながって構わないと思うのだけれども、つながらない。何かある。隠れたもう一つの断片。これだけは出したくないという大きなピースがあるに違いない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

454 深い理由がある

クリップボード06

どうしてもうまくいかないとき、深く隠れているものがある。自分でも意識できないほど深く。自分の人生そのものに対する深い拒否。その拒否に比べたら、出来ないことは何もない。どんな酷な事でも構わず知らずにやってしまう。他人や自分に対する残虐な行為。表面は穏やかな表情していても。一見して何もないような顔をしていても。深いところでは恐ろしい事が進む。
その拒否の存在を知らなければならない。拒否を許容に塗り替えようというような偽善をするのではない。知って理解されなければならない。深い拒否には深い理由がある。誰もが沈黙するような深い理由がある。人の生が理解されなければならない。
その深い理由が理解され拒否が溶けるのを目(ま)の当たりにするとき、私たちは深い感銘を受ける。拒否が溶けて人生そのものが顔を出す。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

453 やっかいな仕事と成長

IMG_1457

私たちにとって仕事は重要です。ときとして、弱い自分が仕事のじゃまになっていると、感じてしまうこともあります。この弱ささえなければ、もっと仕事はうまくいくのに、というものです。あるいは仕事が自分に無理難題を要求するように思えることもあります。絶望するかもしれません。
しかし、このやっかいな仕事と、自分の心の成長とは、実は車の両輪なのです。仕事で真剣に悩むことで、私たちは立ち止まり、振り返り、自分に何が起きているのかを探ろうとします。遠く忘れてしまった幼い子供のころのこと・・・。あなたは本当は知っているのです。自分の成長のチャンスが訪れます。助けは必要ですが、このチャンスを生かすことができれば、仕事への能力も高まります。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

452 納得したい

クリップボード05

背中に刺さった恐怖の大きさにたじろいで、そもそも振り返ったことが間違いであったのではと思ってしまうこともある。何かを守ろうとしてしまう。しかし、時間が経ち、じわじわと欲求不満がつのる。やっぱり、このままでは嫌だ。突き止めたい。納得したい。この刺さったものが原因であったのか!と思い、さらに知りたいと感じる。そして進む。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

451 ブログ「犬はずっとこっちを見ていた」を読んで

クリップボード03
1月7日の朝、出かける支度をしながらブログを読み始めた。「犬はずっとこっちを見ていた」。・・元旦の晩・・「家には誰もいないのか」「よしよし」「さびしいな」と読んでいたら涙が止まらなくて、一頻(しき)り泣いた。支度途中だったので、顔をもう一度洗い、今度は支度を終えてからまた読み返した。やっぱり同じところで泣けた。そして、最後の「心がある」というところで再び泣けた。
私の現状は、自分の傷の全体が観れずに苦労している。部分部分はその時はつかめるのだが、つなげていくのが難しい。記憶や感情も心もとない。毎日の瞑想で思い出しながら座っている。瞑想の中で少しでも感情が回復するといい感じがする。しかし、ここ二日ほど感情が出ないでいた。そんな中、朝、ブログを読んでいたら感情が出てびっくりした。ブログの「さびしい」と自分の中のさびしいが重なった感じ。傷ついた私が現在の私に気持ち(感情)を教えてくれている気がする。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

450 知らないうちに与える

クリップボード02

乞食でさえ金持ちを選ぶ。持たない人(母)から無理にもらおうとするのは暴力。そうとわかっていても奪おうとする。どうしようもなく、また、やってしまう。やってしまう根源的な欲求がある。自分ではどうしようもない。
やってしまうときに、その最中に、観てほしい。自分の中で何が起きているのか。何に狂気しているのか。何に震え上がっているのか。全意識を集中して観てほしい。
要(い)らなくなれば、もらうのではなく、知らないうちに与えるようになる。与えると言うのも偽善的で恥ずかしいほど。それもまた、どうしようもないもの。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

449 宇宙背景放射(昔の記憶)の話もう一度

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

2週間ほど前、宇宙背景放射と呼ばれる現象があって、宇宙がビッグバンから誕生した証拠と言われている話をした。それが人の遠い昔の記憶と似ているという話。難しくて分からなかったらしい。めげずにもう一度、わかりやすく話したい。
ビッグバンといって、宇宙は小さな一つの点から急速に広がってできた。強烈な電波も広がった。その電波も、その中心の点から出た。宇宙が広がる速度は電波より速かった。広がった宇宙のすべての場所は始めは中心点だった。だから宇宙の一番遠くからやってくる謎の弱い(漠然とした)電波(宇宙背景放射)は、ビッグバンの中心点(宇宙の遠く)から出て今ごろ私たちのところに遅れて届くビッグバンのなごりの電波だ。宇宙は広がる速度が速かったので、いまだに電波は届き続ける。同じように私たちの場所も昔起きたビックバンの中心点であって、私たちの場所から出た電波は宇宙の遠くへ向かって今も飛んでいる。
自分の調子が悪いとき、自分への悪意が、他人から、社会全体から漠然と、やってくるように感じられる。その悪意は今現在感じられるものであっても、実は、遠い昔に存在したもののなごり。昔の記憶。他人や社会という遠いところから来るように感じられても、本当はもっと近いところ、自分の中心近くで起きたこと。おそらく自分が抱かれていた懐(ふところ)からやってくる記憶。その懐は、子供にとって、社会全体、世界のすべて、宇宙全体。懐の中で感じた悪意が、いまだに、社会全体から漠然と、やってくる。まるで宇宙背景放射と同じ。ふしぎ。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

448 傷がわかるとどうして成長するか

img_2050

愛情をもらえなかった。存在を認められなかった。その傷がわかるとどうして自立するのか、どうして回復するのか、どうして成長するのか。
(1)傷が分かったからといって、愛情なしで、どうして成長するはずもない。回復するはずがない。自立もない。決定的に不足しているのは愛情。愛情の欠如(けつにょ)で、私の存在は軽んじられ、命が脅(おびや)かされてきた。その残酷なまでの恐ろしさ。一人になるとその傷が未(いま)だに私を脅かす。傷が手で触れられそうだ。その傷が私をダメにした。動かしようのない事実だ。その傷を愛情なしで満たせるはずがない。回復できるはずがない。どんな愛情でも求めてしまう。渇きが泥水でも飲もうとする。そのことを誰が責められようか。愛情がもらえて初めて愛情を与えられる。それ以外にない。目の前に愛情をくれるべきだった人が居る。のうのうと分からないまま居る。どうして諦められようか。渦巻く怒りは湧いて出るが、あきらめは付かない。あきらめる?どんなに頑張っても不可能!。愛情もない成長や回復や自立など在(あ)ろうはずもないし興味はない。

(2)自分を傷つけたのは既に他人。過去に愛情くれなかったのは、もはや他人。生物学的な血はつながっているが、他人。私の存在を認めなかったのは他人。気の毒にも鈍感になってしまった人。その人は自分ではない。その人を変える力は今の私には無い。    自分は愛情を求め、得られず苦しんだ人。限りなく苦悩した人。求める力を持った人。苦しむ力を持った人。本当に求めるから本当に苦しむ。求める力は私のもの。求める心は私のもの。この健康さは私のもの。この私のものは誰にも奪うことはできない。この私のものの中でこそ私は満たされる。失うことのないその中に、投げ出され溶け出されて、初めて温かくなる。この健康さがあるから憎しみと愛情の区別ができる。嘘の愛情と本当の愛情が分かる。もっと分かるようになりたい。本物の中で生きていきたい。不思議なことに、供給されていなかったはずの愛情が湧く。存在できなかったはずのものが湧いて出る。依存の必要がなくなる。初めて他人との自立した関係が築ける。それが回復。それが成長。それが自立。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

447 解放されておしゃべりになる

2016-11-28-14-28-36

自分の隠された心の傷が表われてくると、自分の気持ちが分かるようになる。気持ちが分かるようになれば、その気持ちを表現することもできるようになる。表現したい内容がはっきりする。おしゃべりになる。表現そのものが楽しくなる。考えること自体が楽になる。表情が豊かになる。思い出すこと自体も容易になる。豊富な想い出を楽しむことができる。
それまでの、分かりたくない、表現したくない、思い出したくない、そんな閉じ込められたような人生から解放される。解放された後で、はじめて、実感できる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

446 自分が分かると人を分かる

2016-11-28-14-20-50

自分の心の傷がわかるようになると、人の心の傷がわかるようになる。自分の隠された気持ちがわかるようになると、人の隠された気持ちがわかるようになる。よくある現象。 自分の傷が分からないままでいると、同じ傷を持ってる人を嫌い、攻撃する。自分を攻撃したい、自分と同じ傷を憎んでしまう。自分の傷が分かると、そんな窮屈(きゅうくつ)な轍(わだち)から、抜け出すことができる。憎まなくていい。嫌わなくて済む。攻撃が影をひそめる。自分も同じだったと思う。別の道が可能になる。別の大地、別の景色が表われる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

445 ブログの シェアお願い

いつもアコールのブログを閲覧いただきありがとうございます。

よろしければ気に入ったブログをフェイスブックなどでシェアしていただければ、と思います。

たとえばアイフォンでフェイスブックできる場合の手順は下のとおりです。

拡散手順1 拡散手順2 拡散手順3

 

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

444 怒りは生きようとする力

2016-11-28-14-29-48

怒りは生きようとする力。「死」を抹殺するしようとする力。怒りをうまく活用できれば現状を変え社会変革を起こせる力。敵を壊滅できる。英雄になれる。
その陰には忌(い)み嫌われる「死」の存在。しかしすべては生と死からなる。生は事実の半分。残りの半分は死からできている。死を否定すると、否定された死は、いつまでも出番を待っている。隙(すき)あらば顔を出す。無くなることはけっしてない。生がある限り、ない。
怒りを出し尽くせばいい。後に何も残らないほどに出し尽くす。四方の壁を粉砕しようとすればいい。その間、盲(めくら)にならないで。意識を無くさないで。気を失わないで。そうすれば気が付く。気が付いた後では、こう思う。生と死は、二つで一つ。同じもの。
死を観る人は全体を観ることができる。壁の向こう側を見通すことができる。壁を通り抜けることができる。

 

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

443 いろんな状況にいる

2016-11-28-14-37-26-hdr

心の傷や、その傷に向かうきっかけになる生きづらさに、気が付いているか、というところから私たち人間を眺めてみると、私たちはいろんな状況にいるように思われる。そして、ある状況に長く留まる場合もあるし、他の状況へ早く変化する場合もある。
一 心や内面、生きづらさにはあまり頓着(とんちゃく)せず、あるいは、ことさら見ないようにしている状況。人生はこんなもの。一見して楽天的に見えることもある。
二 生きづらさやトラブルには気が付いているが、原因は外側にあると感じるので、外側へ対処することをもっぱらとする状況。周囲の状況を換えたり、自己の技術を向上させたりすることで人生の突破口を図る。うまくいけば、心の傷が産み続けるエネルギーにより社会を変えたり富を蓄えたりできる。
三 生きづらさの原因が自分の心の傷にあると分かり、その傷に向かうが、実はその傷に対して自分は無力であると感じている状況。慰めに魅力を感じる。生きづらさに関して手ごろな因果関係を作り上げて安心を得ようとする罠(わな)に落ちることがある。
四 生きづらさの原因となっている心の傷に向かうことで、慰めや手ごろな安心ではなく、自分の心の傷を知ること自体に、癒しや魅力を感じる状況。傷のより深い本質を観る。

いろんな状況の人々がいる。一人の人が時と伴にいろんな状況にいる。

 

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

442 自分の直感は正しかった

2016-11-28-14-13-02

前回のセッションの後で、以前に増して母に腹が立たなくなりました。いい意味で、(母に)すがらなくなった(からだ)と思います。(私の中には)母は「いない」気分です。私の母は何処にいるんでしょうか。寂しいですが、すっきりもしています。私は、ずっと手に入らない母の愛情を求め続けていたんだと思います。ここまで(母から)殺意や憎しみを持たれているとは思いませんでした。
彼女は永遠に(本当の自分ではなく周囲に合わせるだけの)道化をするつもりなのでしょうか。(そのような道化を続けるということは)それだけ(過去や現在で)辛い思いをしているのでしょうが、本人は辛いことすら忘れかけているのかもしてません。たまに世界を恨んだような顔をしていますが、本人に自覚はないようです。以前の私も無自覚に世界を恨んでいましたから、母の気持ちもわかる気がします。(母に関する以上のような辛い事実が少し見抜けるようになったから、すっきりしているのかもしれません。) 辛い事実が癒しになる。(今の私の感覚をあえて言えば)こんな感覚なのでしょうか。
母を本当に理解出来たかは、まだ自信がありませんが、昔から持っていた自分の直感は正しかった、と感じています。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

441 愛憎のアンビバレントから生死のアンビバレントへ

img_2042

愛憎のアンビバレントから生死のアンビバレントへ。
前者は対象が母。後者は対象が宇宙や生命そのもの。前者が十分に進むとその後に後者がやってくる。やってくるのに、時間間隔があいている場合もあれば、ほとんど同時の場合もある。
前者は対象が明確で、分かりやすい。近い。そのためか、なにか華々(はなばな)しい。激しい感情の起伏がある。
後者は対象が大き過ぎて、やや、つかみにくい。遠い。そのためか、ただただ圧倒される。華々しさは影をひそめることが多い。静かにいつの間にかやってくることもある。わかりにくいこともある。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

440 幼児健忘

2016-11-28-14-48-50

人は小さい頃の記憶が無い。胎児期や乳児期の記憶は無いと思われている。
ところがそうではない。記憶は残っている。思い出せないからといって無いのとは違う。ベビーブレスをするとその記憶が蘇(よみがえ)る。思い出せる。赤ん坊のとき私たちは分かっていた。分かっていたときの記憶はある。普通は思い出せない状態になっているだけ。「幼児健忘」という言葉がある。思い出せない記憶、言語化できない記憶が、実は私たちを支配している。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

439 新年第1回目のカウンセリング勉強会のお知らせ

2016-11-28-14-39-04-hdr

あけましておめでとうございます。穏やかな気候のお正月でしたが、いかがお過ごしでしょうか。 

さて、新年第1回目のカウンセリング勉強会を新年会を兼ねて開催したいと思います。

山中湖のセミナーのその後などをお話しして頂ければと思います。

お待ちしています。

************* 

期日:128()10時〜17

場所:林家 府中市天神町1-3-1-708

会費:10800 

*予約制です。早めにご連絡ください。定員になり次第締め切らせて頂きます。

 

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

438 心の傷を観る喜びとは何

2016-11-28-14-23-18

 

心の傷を扱うことは心の痛みを伴う。それでも私たちは心の傷を観ようとする。その動機となる喜びは何だろうか。見聞きし、あるいは経験した、いろいろな喜びを掲げてみたい。
①自分の心の傷が観えるようになり、その結果、対人関係が改善され、仕事がうまくいき経済が上昇する喜び。
②仕事や経済もさることながら、対人関係が改善する喜び。
③対人関係でも、特に身近な人つまり家族や友達との関係がよくなる喜び。
④人との関係もさることながら、自分自身の日ごろの気分がよくなる喜び。
⑤自分の日ごろの気分を左右する、奥深いところの何かが、霧が晴れるようになる喜び。
⑥気分というより、うまく表現できないものの、自分の中の何かが変わり、うまくいっている喜び。
⑦「喜び」という範疇(はんちゅう)を越える何か。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

437 犬はずっとこっちを見ていた

2016-11-28-14-12-04

私の家は、都会にもかかわらず、とても静かなところ。瞑想にはもってこい。ところが夏ごろからか、何軒か先に犬が飼われていて、毎日、よく吠えるようになった。特に日暮れ時から遠吠えをしながら2時間ほど吠え続ける。その時間帯は瞑想ができない。犬の寂しさが伝わってくる。散歩には連れて行ってもらえてないはずだ。事情を想像した。家主は職場環境が厳しくなって生きるのが大変で犬にまでは手が回らない。手放せば役所で処分されるだけだ。残酷だ。子犬の頃はとてもかわいかった。その愛着もある。このまま放っておくしかできない。隣接宅はとても迷惑だ。

やがて大晦日の日におかしくなった・・・犬が。一晩中、明け方まで吠えている。元旦の晩も同じ。吠えている最中に行ってみた。近づく途中から吠えるのを止めた。家には灯りがついてない。近くで見ると、ますます毛並みが悪くやせて、汚れた毛布のような犬だ。警戒して立木の陰に隠れ、低く唸(うな)っているので、話しかけた。「家には誰もいないのか」「よしよし」「さびしいな」「お腹すいたろ」3つの子供に話すように。少し緊張がほぐれた感じがしたときに、餌を投げた。横浜中華街で買った焼き豚を何枚か。陰からは出てきたが、始めは食べるのを用心してた。そのうちバクついた。「なーおいいしいだろ」「水があったらもっとよかったな」ずーっと話しかけ続けた。私の手から食べるのはまだ無理。「またくるな」「この人(自分のこと)を覚えているんだよ」犬はまっすぐに、ずっとこっちを見ていた。

それから2日経つが犬は晩も静かなままだ。不思議。犬も人も、そうなるには事情がある。心がある。

 

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

436 あけましておめでとう

2%e3%81%aa%e3%81%aa%e3%81%bf%e9%a1%94%e9%9a%a0%e3%81%97 %e3%81%aa%e3%81%aa%e3%81%bf%e9%a1%94%e9%9a%a0%e3%81%97

あけましておめでとう。
今年もまた帰省に孫を連れて行った。孫と実家の犬は仲がいい。一緒に戯れるのを楽しみにしていた。実家は砂浜近くにあり遊びにはことかかない。孫はいつもは都会生活でもありストレスが多い。このときばかりは自由にさせてやりたい。孫も大人も今日は気がすむまで外で遊ぼうと張り切った!ところが子供(孫)のエネルギーに大人は付いていけない。暗くなって大人は寒いので帰ろうとすると、孫はまだ気が済んでない。約束が違う。むくれた。
これに限らず大人が「忙しい」と、子供は思いっきり遊べない。子供が自由になれる機会が少ない。大人の都合に従わされる。思えば昔は違ったなあ。いつまでも遊んで楽しかったなぁ~。反省。
取り戻すように、夜の宴会で大はしゃぎ。弾けると寝る時間が惜しい。子供のエネルギーはすごい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

435 動物や赤ん坊は、わかる

img_20252

赤ん坊は話さない。ただ泣くだけ。問いかけても言葉を発さない。だからどうせ分かりゃしない。同じように動物は話さない。ただ鳴くだけ。唸るだけ。言葉はわからない。だからどうせ分かりゃしない。
ところがどっこい、そうではない。オラウータンや白熊やパンダの赤ちゃんは、そうではない。大人は言葉で騙(だま)されるが、赤ん坊は言葉が分からないので騙されない。動物も言葉が分からないので騙されない。肝心なことは分かる。人間の大人だけが肝心なことを分からないようにして生きていく。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

434 愛情をもらうと怖がらない

2016-11-28-14-49-34

パンダの話。野生のパンダは出産は双子で産むことが多い。低い生存率を補う仕組みらしい。一方のみを子育てする。元気の良い方を選ぶらしい。他方は捨てられ徐々に弱り死ぬ。
動物園でもこれが起きる。捨てられた方を飼育員が何とか育てる。しかし母パンダから十分に世話されず、愛情をもらっていない子パンダは、長じて、他のパンダを怖がるらしい。集団生活ができなくなる。生きていけない。そこで、飼育員は工夫して、双子の両方とも母パンダに育てられる状況をつくる。そうしてパンダがパンダを怖がらなくなるらしい。愛情をもらわないと怖がるようになる。人も似ている・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

433優しい気持ちの母白熊に

2016-11-28-14-40-29

動物園の白熊の話の続き。子熊と仲良く子育てをすることができた母熊は、自分自身も成長するらしい。

それまで、気が荒く、何度も子育てに失敗した(赤ん坊熊は死んだ)雌熊がいた。飼育係がなんとか子育てが成功するように工夫した。そして、ようやく赤ん坊が死なずに成長した。そのとき、母熊も、気性の粗さが消え、優しい気持ちの白熊に成長するらしい。自分自身も成長するらしい。人間であればなおさら・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

432 あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。

今年もよい年をすごしましょう。

2017.1.1

 

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

431 周りの刺激と応援と安心

img_2039

グループセッションは助けになる。周りの(セッション仲間の)刺激と応援と安心があってなんとか、この1年やれてこれた。大きい。集団の力やたくさんの人の関わりがあることが有難いし、嬉しかった。今年はグループセッションに母が何回か来てくれてことも大きかった。人のお陰だと感じた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

430 母白熊が赤ん坊白熊におもちゃを渡たす

2016-11-28-14-49-46

動物園の白熊の話。飼育員の目から見て、白熊も、赤ん坊は母熊に育てられることが重要らしい。だから、飼育員が白熊の赤ん坊におもちゃを与えるときは、赤ん坊ではなく、母親に渡す。そして母親が赤ん坊に渡す。母親と赤ん坊との関係が重要なのでそうするらしい。母熊から愛情を受けた、愛されたという記憶を赤ん坊に与えたい。それが大切なことという。人間ならなおのこと愛が・・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

429 私ものすごいエネルギーがある

img_2037

私の中に何かがあって出口を求めている。赤いグルーとしたドロドロした溶岩。こんなエネルギーが中にあるんだ。私ものすごいエネルギーがある。
そう、自分の中にマグマがある。隙間からマグマが見える。でも隙間がどこなのか探している。探す上で、お母さんを避けられない感じがする。お母さんとマグマはセットの感じがする。どうやったら縛りが外れるのか途方にくれる。隙間から出たい。生きたい・・。
子供の頃にそうであったようにエネルギーに沿って生き生きとした状態で育っていたら・・・。あのまま大きくなりたかった。そのエネルギーが今は枯れている。隠さざるをえなかった。母を思う。母を悪く言ったらいけない。縛りが苦しい。

セッションで母に向かってすぐに出た言葉「嘘つき、大嫌い」。母は、最後まで私を「特別な子だ」と言って亡くなった。表面のニュアンスの奥には、本来なら堕胎されるはずだったが「特別」に産まれたというような意味が隠れていた。分かっている。でもすっきりしない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

428 ブログに対するご自身の体験談をお寄せください

いつもブログを愛読いただきありがとうございます。

よろしければブログに対するご自身の体験談をお寄せください。その際には、そのブログのタイトルと日付をお書きください。(ブログ化許可をお願いするかもしれません)お待ちしています。

メール発信

↓  ↓  ↓  ↓   ↓

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

427 育児放棄した子供を再び受け入れる

2016-11-28-14-40-21

オラウータンの話の続き。赤ん坊に乳を与えられないオラウータンは、赤ん坊を引き離される。赤ん坊の命を救うために、飼育員が育てる。飼育員に育てられたオラウータンは、将来、仲間のオラウータンとやっていけなくなる。だから、成長し乳が必要でなかったなくなったときに、ただちにオランタンの群れに返す。母親に返す。ところが、その時に、育児を放棄したはずの母親とは、子供とかろうじて再会を受け入れ、スキンシップを果たすことがある。育児放棄と母性の間で母オラウータンが揺れる・・。人間なら揺れるのは当たり前・・?。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

426 宇宙背景放射?

img_2033

アコールのセミナーのセッションでは、記憶が焦点になることが多い。遠い昔の記憶、特に胎児期や乳幼児期の記憶。昔のことなのでなかなか思い出せない?。だいたい乳幼児期以前の記憶が残っているはずがない?。
そうではない。記憶と言っても、はっきりした光景をともなう記憶や言葉表現できる記憶だけを言うのではない。映像はないし、はっきりとは説明できない場合も、漠然としているが、強く残っている。
昔の重要な記憶の影響は、実は、今ひしひしと感じとられている。昔、辛い思いをして乗り切った(今生きている)のであれば、今もその辛い感じは強く残っている。乗り切るために得た自分の心の傾向をはっきりと感じているはずである。そうでなければ苦しまない。
そのことを感じる度に思い出す例がある。宇宙背景放射(コスミック・バックグラウンド・ラディエーション:cosmic background radiation:CBR)と呼ばれる現象。宇宙はビッグバンから誕生したと言われている。子供でも知っている。ところが誰もビッグバンを見た人はいない。しかし宇宙全体から、夜空全体から、均一で弱い謎の電波(ラディエーション:放射)が今もやってくる。宇宙の一番深いところからやってくる。ビッグバンの名残である。証拠である。その電波は今も確かにはっきり受信され、宇宙の誕生(ビッグバン)を強く裏付ける。

言ってみれば、私たちの胎児期や乳幼児期のCBRは、認識しにくい辛い思いや心の傾向である。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

425 もらった感覚が与える感覚に

2016-11-28-14-48-39

当たり前のようで不思議な話。愛情もらえずに育った人は、自分の子供にも愛情を与えにくい。当たり前のこと。動物園のある雌オラウータンが、赤ん坊の頃に母オラウータンから乳をもらえず、飼育員からミルクをもらって育った。長じて自分が産んだ赤ん坊にお乳を与えられない。世代間伝達がオラウータンにも起きる。母親の乳房にしがみついて乳を飲む感覚が、自分の乳を赤ん坊に与える感覚のために、必要とは…。もらった感覚が・・与える感覚に・・。しかもオラウータン・・。不思議な話。増して人間なら・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

424 厩で産まれた その2

2016-11-28-14-32-282

出自に秘密があって、生が両親に望まれなかったにもかかわらず、信仰の厚い母親により、命を絶たれることなく育てられたものの、本当の愛情はもらえなかった。成長し、やがて、生き辛さの事実を、うすうす知る。「処女懐胎」や「原罪」は、生き辛さの事実から離れてしまった逃走のように見える。辛さのゆえである。しかし他方で、その生き辛さの根本を正面から扱うもののようにも思える。その「正面」性のため、人々の心をとらえ続けるのだろう。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

423 厩(うまや)で産まれた

img_2046

2016年前のこの日に、厩(うまや:馬屋)でその人は産まれた。出自を処女懐胎とされ原罪という教え(ユダヤ教のラビ(僧)だった)で人々の心を打った。その人の成育歴は分からないが、以下の根強い説がある。

実は、出自には秘密があり、その生は両親には望まれなかった。信仰の厚い母親により、命を絶たれることなく育てられたが、本当の愛情は望むべくもなかった。成長し、体は大きかったが父親の大工の仕事も手伝わず、毎日ぶらぶら過ごした。そのうち、ラビとして新しい教えを人々に説くようになった。教えは広まっていった。恋人もいて子供もいた(その事実を伝え続けようとする一派がある)。新しい教えは既存宗教の教えに反していたので訴えられ、死刑になった。死後に、教えは大きな宗教になった。さらに大きくしようとして権力におもねる主流派に事実を捻じ曲げられ、その評伝からは、人間性の部分は削り取られてしまった。

自分の心の傷を観る人ならば、この削り取られた人間性の方こそが、興味があり魅力的だ。私たちが同じ境遇の生を得たならば、どんな人生を送るのだろう。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

422 どんどんと地団駄を踏んでいた

 

2016-11-28-14-13-02

前回のセッションでは、駄々っ子をやった。割にできた。でも母親が出てこなかった。暖かみも感じなかった。それから、実生活では怒りが出てきている感じがする。
産まれてすぐに預けられたことが影響していると思う。母親は私を産んですぐに仕事を優先し、2か月くらい私を両親(私の祖父母)に預けた。日中は母親はいなかった。泣いていても(母親は)いない。でも、幼い頃、母親に耳掃除をやってもらった記憶がある。
そこで今回は甘えのセッションをやった。でも、あまりうまくできなかった。母親を本当に好きなのか、と思う気持ちがあった。葛藤。甘えたいという気持ちがあるにもかかわらず、拒否されるんじゃないか、違うんじゃないか、と思ってしまう。挟み撃ちに会う。 しかし、自分の中の寂しさを感じることはできた。どんどんと地団駄を踏んでいた。涙が出た。良かった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

421 ウソをつかずに済む

img_2051

セッションは、なぜ困難で、なぜ有効なのだろう。心の中に隠れていた部分を認識することは、なぜ難しくて、なぜ健康なのだろう。
1)隠れていた部分は、自分の存在に必要であったが、認識することは辛いことでもあった。辛いから、そのまま隠されていた方がいい。思い出すことなど、出来ればしたくない。ベストではないが、「何とか生きてこれたのだから、そのままでいいじゃないか。」
2)他方で、認識しないこと、思い出さないこと、には努力がいる。自分にウソをつき続けなければならない。自分を抑え込まなければならない。抑え込むのに、いつの間にか、へとへとになる。抑え込んでいることも認識してはならない。認識した途端に、ウソがばれるから。抑え込んでいることが分からないまま、こころ、身体、or生活に、歪み(ゆがみ)が生じる。
隠れていた部分を思い出し認識することは、「ウソをつかずに済む」こと。抑え込む努力が要らなくなること。自然でいられること。歪みが消え始めること。自分を取り戻す。健康な自分が取り戻せる。
この隠れていた部分こそが心の傷。認識することが、自分の傷を受け入れること。傷を引き受けること。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

420 あーこんな毎日を過ごしたい

img_2053

ベビーブレスから帰ってきて嬉しいのは、自分が気持ち良いだけではなく、子ども達がとても可愛いと思えることです。帰ってきて、自分の子どもを一目見ただけで、小さい赤ちゃんを見るように可愛いと思いました。子どもたちもブレスから帰って来た母は、優しいことをよく知っています。
中学生の子どもが期末試験で、勉強が間に合わなくて成績の悪い学科があったという。「理由がわかっているなら三学期は頑張って」というと「ママどうしたのぉー。怒らないなんて」と言っていました。それからずーと御機嫌で、いつもの反抗なし。私のうるさくいう態度に反抗していたのがよくわかりました。
翌日の朝。いつもなら、朝起きると、追い込まれたように朝ご飯や弁当の準備に取りかかり、余裕なく、思いのままに怒りちらした態度で、早く早くと子ども達をせかせて、毎日過ごしていました。朝だけではありません。晩も。そして職場でも。
ところが今日の朝は、その早く早くと追い込まれる感じがない。なんて楽なのか!子どもを起こす時、いつもなら「早く起きて 。なぜ自分で起きないの。早く」と何度も怒り散らして起こしています。だけど、今日は三回だけ「起きて」と優しく言えました。
起こす時だけではありません。他のことでも、一つ一つ声をかけるとき、言う前にどう言うか(と思う)余裕がある。しかも子どもの気持ちを考えて。
あーこんな毎日を過ごしたい!継続したい。ベビーブレスの次の日だけではなく。
思えば、夫にも同じような態度をとってきました。いちいち怒った態度でした。全然大事にできる余裕もありませんでした。
自分が認めてほしいがために、自分の職場の昇進試験の勉強と、仕事を優先にしてきました。本当はそんな試験勉強よりも家族のことを考えたら、ベビーブレスの時間を優先にすべきだったとは思います。そうしたらもっともっと家族を大事にできただろうに。
もう昇進試験も合格したので給料も立場も少しレベルアップしたから、安心して、ただただ目の前の気持ちのわかった、気持ちのこもった一言、声かけを家庭でも職場でも、やってみたい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

419 理屈では分かっているのに・・苦しむ

img_2034

情けない自分、惨めな自分、弱っちい自分でいられない。すぐ怒りへ飛んでしまう。怒りながら、また同じことをやっているなと思う。理屈ではわかっている。自分はいらない子、望まれていない、生きている意味がない。でもそれは理屈。納得できない。情けない自分への否定が起きる。しがみ付きになる。怒りになる。
セッションでは、母から自分への愛情が「なんにもない訳ないだろう」「しがみ付いて何が悪いんだ」というのが表現できて気持ち良かった。もっと言いたいくらい。チクショウとやった。「ない訳ないだろう」というのはしがみついたらあるだろうということだ。 その直後に「ある訳ないじゃん」となった。3回やった。気が狂いそうで笑った。「あるんだ」「あるんだ」というのは気持ちいいが「ある訳ない」は気持ちよくはない。辛い、しんどい、とはまた違うなにか。消化するのに時間がかかりそう。気分は悪くない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

ブログに対するご感想をメールいただければ体験者から返事も

いつもブログを愛読いただきありがとうございます。

ブログに対するご感想をメールしていただけると幸いです。そのブログのタイトルを書いてください。体験者からの返事も期待できます。(ブログ化許可をお願いするかもしれません)お待ちしています。

メール発信

↓  ↓  ↓  ↓   ↓

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

418 自分を表現できないという謎が解けた2/2

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8906

<謎は解け始めた>
そもそも私は初めから「いらない子」なので、自分を表現したら、もっと「いらない」になり、生きることができない。だから、「いらない子」であることが分からないように、いい子にして頑張って我慢して生きてきた。表現しないのは、今まで生きてきた証(あかし)。自分が自分自身を「いらない子」であることに気づかないように、母を見て(母の意図に従って)いい子で生きてきた。だから表現したら死。表現しちゃったら、いよいよ「いらない子」であることがわかる。
だから、死にたくない、生きたいと思って、表現せずに生きてきた。でも、しかし、それだと心が死ぬ、表現しないでいるのは本当の自分が死んでいるのも同じ。表現しても死、表現しなくても死、これらは同じ死を見方が違うだけで同じ死。
このように、表現しても死、表現しなくても死、の謎が解け始めてから、母親と一緒にいても大丈夫になってきた(前はキーっとなっていた)。いい感じ。
○<帝王切開で生まれることの恐怖>
私は帝王切開で生まれた。「いらない子」という謎解きができ始めて、「いらない子」という恐怖には、さらに、帝王切開で生まれることの恐怖が、上塗りされていることがわかってきた。
セッションで出てきたイメージ。セッション中に、セッションルームのカーテンの隙間から光が見えた。とたん、冷えて怖くて、怖くて。光を見るのが怖くて反対側を向いていた。怖い、助けてと。どんどん光が大きくなって自分の意思とは関係なく取り出される(帝王切開)イメージ。怖くて冷えて固まる。生まれる時は、母は私への意識がない上に、全身麻酔でほんとの意識がない。すごく怖かった。生まれるって、(母体から)離れるってこんなに怖いんだと。
○<生まれたくない>
「いらない子」という恐怖、帝王切開の恐怖の裏には、実は、生まれたくない、という気持ちが潜んでいた。セッションで、生まれることを拒否して死んだ。「取り上げるくらいなら殺せ~!!」「殺せ~!!」となった。生を得て最初の自分の意思を、発見した感じがあった。意思通りお産で取り上げられず死んだ。
そうしたら、弾けた。自分のエネルギーが弾(はじ)けた。バーンと何回も弾けた。すごく楽しい。怖くなくて暖かくなって、フワフワ浮いている感じ。自分のお腹が暖かい感じがあった。土と一体になり大木になったイメージ。心地良かった。

追伸:このような経験をした後で、同じその感覚で自分の子供を見ると、子供が持つ不安や恐怖、怒りなど(私から伝わったもの)を、感じれた気がした。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

417 始めから知っていた:その3求める気持ちを出していい

img_2025

私の命は人生の初めに母に利用された。そのことを話せる母はいなかった。私の中に母がいないことは知っていた。委縮しながら感じないようにしていた。
セッションをした。萎縮しているのが取れていくよう。「お母さん」と言葉に出した。いないのは知っているが「お母さん」って求めている自分が出てきて。出てきたけど、すごく凄く小さくて・・・。小さいまま、ずっとやっていた。求めていた。
その時の自分は3重になっていた。真ん中で押し込めている自分。そこから外へちょっと解放されて求めている気持ちを出している小さい自分。その二つを今の自分が包んでいる。あったかく包んでいる。
3重の(3人の)自分の共通点は、(母は)いないのを知っているけど、(求める気持ちを)出して良い、求めている自分はいる、と感じていること。背中がぽかぽかと包まれている感じがした。
そのまま空気に溶けていく感じ。無くなっていくのではなく、溶けていく。その溶けていくというのは、死んでいくというより、馴染んでいく感じ、空気に馴染んでいく感じ。いないけど求めて良いんだというのが空気に馴染む感じになったのだと思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

416 自分自身が知っている

img_2045

セミナーで、いよいよ、自分の核心のところにたどり着く。すると、うまくいかない。迷う。どうなっているのか戸惑う。苦痛に思う。逃げているのだろうか。逃げているかどうかは本当は自分が知っている。どうすれば逃げずに、向かっていけるか、自分自身が知っている。誰からか聞かなくてもいい。言葉で何をどう言おうと、あまり関係ない。望み続ければ、恋しい人を望み続けるように続ければ、自分自身は必ず応(こた)える。必要なのは望む気持ち。それだけは間違いない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

415 いいことずくめ

img_2037

今までのセッションを振り返って。ベビーブレスしていいことずくめです。してなかったら死んでいたかも。仕事もしていなかったかも。人間関係もよくなった。核心ついたことが言えるようになってきた。何が良くて悪いかがわかる。人間関係は随分うまくいっている。どんどんやりたい気持ちがある。人を暖かく包み込んでいけるようになりたい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

414 受け入れられなかったものが少しずつ馴染んでくる

img_2029

セッションの中で味わうポイントが変わってきた。それまでの激しい怒りの後にくる死から、やがて抜け殻のような死へ、変わってきた。この抜け殻のような死は、強い眩暈(めまい)をともなう。実はそれはずっと昔からあった。自分で受け入れられなかったもの。そのために、朝起きることができず、育児放棄のようなことも起きた。自分の子供が傷つき今も苦しんでいるのはそのためだ。
その受け入れられなかったものが、時間とともに少しずつ馴染んでくるような感じ。板についてくる感じがある。感じても、いられるようになったなと思う。
いられるようになってから、子供の調子も少しずつ、いい。つい最近、河口湖へドライブした。河口湖は、つらい想い出につながる場所でもあり、以前なら決してしないようなことだ。しかし、深い想い出の場所でもある。途中で、ラベンダーのソフトクリームを久しぶりに食べた。美味しくて感動した。目眩の原因を知りたいと思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

413 寂しい底なし沼はピンクの底が見え美しく輝いた

img_2027

今までのセッションで、ジャケット(世間体を気にすることの象徴と思われた、色は白)を脱ぐことをやってきた。ずっとピエロをやってきたと思っていたが、その通りだと確信した。あるとき、もうピエロをしなくていいよという声が聞こえてびっくりした。セッションを始めた初期の頃に、セッション中に、理由のわからない叫びをすることがあった。あの叫びはなんだろうと聞かれたが解明しようと思わなかった。でも、自分がいらない子であることを見た時に、私の叫びはいらない子の叫びだったとストンと落ちた。自然にいった。すっきりした感じだ。
しかしその後は寂しい気持ちがずっとある。自分の中が空っぽになっちゃったという感じ。空だというと何もないようだが、「これが私」という自分になったのかもしれない。格好良すぎるが・・。言葉では言い表せられない。なにか静かなもの。自分が軽くなったが、今はまだ落ち着かない。不思議な気持ち。
いらない子とは分かっていたが、はっきり認めるのは大きかった。いらない子だったのですよと服を脱ぐようにしている。こんなに隠してきたのに脱いでしまった・・。でも生きている。呼吸をすると生きていると思う。今まで寂しい底なし沼のイメージがあったのに、その沼の深いピンクの底が見えた。その沼はとても美しく輝いて澄んでいた。寂しさは美しい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

412 保育器というもの

img_2049

保育器。赤ん坊を生まれてすぐに閉じ込める。医者は、赤ん坊の肉体を生かそうとするだけ。赤ん坊が傷つく感受性を持っていることには、まるで無頓着( むとんちゃく)。どれだけ深い心の傷を残すのか、恐ろしい限り。そのことが分からないまま、医療が施される。医学書に書いてないから。医者自分が赤ん坊の頃に経験したいろいろの事を忘れているから。セラピーを受けたことがないから。精神分析を受けたことがないから。人の心に興味がない単なる技術者。

医者の言うままになる、あるいは、医者を利用する親。子供への自然な愛情の欠損。赤ん坊も成長して、また、同じような欠損を持つ。この欠損が、問題の根が深い事を意味している。世代間の伝達。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

411 あったかい。求めるとはこういうことか。

img_2028

この1年で良かったことは、産まれてすぐに入れられた保育器の中にいる自分の(心の)様子が明らかになってきたこと。それは自分が知りたいと思っていたこと。また、自分が正直になることが体験的にわかってきたこと。
セッションでは言葉でなく「マー」(ママの意味)と言いながら、心に浮かぶ気持ちを出した。喉が渇いた、おっぱいが飲みたいと思った。そうしたら涙が出てきた。あったかい。思いを持って泣くってこういうことか。求めるとはこういうことか。
(保育器の中では)お母さんも来ない。物のように連れて行かれて箱(保育器)の中に入れられて過ごした。手足も動けないからどうしようもできない。あの(保育器に入れられた)50日がなかったら、どんな人生だったのかと思う……。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

410 母と一体

img_2022

若い母親が、いろいろな理由で、子供に愛情が注げない。子供がいなくなればいい、死んでしまえばいいと思ってしまうこともある。
幼い子供は、自我ができておらず、その母と一体。母の思いを自分の思いとする。自分の死を望む。本心でのぞむ。そうして、それでも肉体は生きていく。体は生きようとする。葛藤(かっとう)が起きる。苦しみの基盤がつくられる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

409 いつまでも待っている

img_2021

苦労して、ついに、自分を回復する人を見ていると、心はいつまでも回復するのを待っているという気がする。不思議。心のふしぎ。肉体は、切断された足が再びはえてくるのを待つことなく、そのまま生きていく。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

408 人のことはよくわかる

img_2020

自分のことはわからないが、人のことはよくわかる。自分の傷は痛みを伴うが、人の傷はほとんど痛みを伴わない。

痛みが伴うと、できるだけそこには触らないように、見ないように、感じないようにする。知らないうちに避ける。本来わかるはずのことが、わからないようになってしまう。

痛みが伴わなければ、そういうことは起きにくい。だから人のことは的確に感じ取れる。そういうことで、他人への相談は役にたつことがある。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

407 思い出し、表現、感情

img_2019

セッションの中心は簡単に言えば、思い出し、表現し、そして感情を伴うことにある。この逆が防衛。忘れてしまうこと、固まること、無感情になること。そのようにして抵抗がなされる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

406 大切なはずの人

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8904

身内の大切なはずの人から害を受けたとき、大切であるが故に、自分が悪いのだと思ってしまう。無かったことにする。抑圧する。そして、その害が原因となり、心のトラブルは続く。いつまでたっても解決はしない。そして、そのこと全体に気がついたとき、車が峠を越えるように、何かが大きく変わり始める。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

405 言葉にならず映像で出る

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

セッションの参加者に感想を述べてもらう。その感想の中で、言葉が出ずに映像が出る時は、言葉を獲得しない小さな赤ん坊の時の体験だった可能性がある。
似たことは普通の会話でも言えるかもしれない。思いつく限り人生早期の(乳幼児期の)記憶で、楽しかったことを思い出してみて欲しい。映像が出るものの言葉にならず、なかなか説明しにくい感じがしないだろうか。他方で、最近の楽しかったことは、言葉で説明することが苦にならない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

404 始めから知っていた:その2 どこか安心する

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8903

私には本当のことを話せる人(母)がいなかった。だから私は、私に関する秘密を話していたのを聞いたことを、ないことにした。
続く
<他の人たちが話をしているときに入って行けない>
そのことが今も影響している。自分のことを、他の人たちが話をしているときに、そのことに入っていけない。傷ついてしまうから。自分の癖。
<役に立たなければ要らない>
自分は、ほかの人の役に立たなければ、この世に要らない。そのため職場で一生懸命仕事をした。実績もあげた。あるとき、それなのに実は評価されていなかった、と気づいた。自分の居場所がない。自分の居場所がないという心の傷に響いた。
<母と同じ>
自分の居場所を作るために、職場で頑張った。居場所が欲しくて子供もつくった。うまくいかず堕胎した。自分の居場所を作るために子供をつくるというのは、母親と同じだ。自分は母にとってただの道具だった。
<利用されそして役に立たなかった>
母の居場所を作るために利用されることで産んでもらった。だから母にとって、私はホントの家族ではなく、利用して産んだ道具に過ぎない。私の命は利用され産まれたが、結局は籍には入れてもらえなかった。私が産まれたことは役に立たなかった。
<知らないふり>
母や母方祖母は知らないふりをしていた。私を利用したことを。役に立たなかったことを。そうして私も同じようにしていることを、知らないふりしなければならなかった。ニコニコして頑張って生きた。自分自身のことも知らないふりをしてきた。それが生きる道だった。その悲しさがある。
<でも今に始まった訳じゃない>
でも、昨日今日始まったわけじゃない、前からそうだった。利用され産まれたのだが、どうせ産んでも変わらない(籍に入れてもらえない)と思われていた感じもある。産まれる前から役に立たなかった。そのことを自分は始めから知っていた。そう想うとどこか安心する。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

403 初めて開くときの匂い

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8910

テレビで「スニッファー(嗅覚捜査官)」とドラマを見た。人間離れした嗅覚の鋭い捜査官が、匂いを嗅いで犯人を当てる、犯人の感情が匂いでわかる、という内容だった。このドラマに限らず、人は幸せだったり恐怖を感じたりすると発する体臭が異なるという科学的研究があるらしい。
ベビーブレスでも、長い間人生で閉じていた人の感情が初めて開くとき、独特の強烈な匂いが出る。その強烈さは、嗅覚の鈍い人でも、おなじ部屋の中に居たくないほどだ。体の中で強い化学変化が起きているのに違いない、と思える。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

402 始めから知っていた

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8908

私が生まれる前、母は父の実家に身を寄せ事実婚の状態だった。しかし、姑の反対にあって籍を入れてもらうことができなかった。耐えられなくなった母は一度、父の家を出た。その後、思い直し、子供さえできれば籍を入れてもらえるに違いないと、父の家に戻り、私を産んだ。私の命が利用された。妹も産まれた。だが、それでも、籍に入れてもらえなかった。
私が小学生のころ、不思議に思った。同じく父の家に住んでいるのに、私や母は、名前が違う。小学校の電話網で連絡が入っても、その連絡は私や母の名前宛てなので、そんな人は「いません」と、姑が電話を切ってしまう。電話連絡がつかないので、学校からは使いの人が連絡を持って、家を訪ねてきた。そのことも苦痛だった。この家に私は居てもいいのだろうか。
父は、母と姑(自分の母親)との間で、困っていたように思う。一つの家の中が、姑の側のグループと、母や母方祖母の側のグループに分かれていた。あるとき、父が、小さなことで母や母方祖母の側のグループに、よそよそしくされた。父は母をぶった。
私は、一人で、どちらのグループにも属さなかった。母は家の二階に居住した。姑やその親戚は、お店を兼ねる一階にいることが多かった。私は二階と一階の中間の階段に居た。階段の踊り場で一人でたたずむのが、そのころの自分のイメージだ。
そんなある日、私は母に聞いた。「なぜ名前が違うの?」。母は何も答えなかった。そのあと母親と祖母が話をしているのを聞いた。私の話。「あの子がとうとう聞くようになったのよね。」聞いてはいけない話だった。母には話せる母方祖母がいるけれど、私には話せる母がいなかった。そのことが悲しい。私は、聞いた事実を、ないことにした。
続く

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

401 まるで初恋の人の返事

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8905

セッションを重ね、自分が変わるときには予感のようなものがする。何かざわめきのような、そわそわするような、怖いような、楽しみのような。まるで初恋の人に返事をもらうような。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

400 「やめろ」と言えた

img_1709

毎日、仕事で緊張する。部下が何人もいる。昼ご飯も、食欲がわかずに、摂(と)れない。
セッションで出てきた心象風景。洞窟があって、自分が洞窟に入って行く。洞窟の中に石化した3、4歳の自分がいて、無表情になって死んでいるような、閉ざしているような感じ。最終的に全部シャットアウトしている。誰にも知られずそこで死んで可哀想だなと思う。そこで石になっているのを家族は全員知らない。誰にも知られず石になった。
クッションを、石になった自分に見立てて、抱いて、そこから少しずつ石に同化していく。今の自分が石に入っていくよう。石になった自分が可哀想な感じを味わえて良かった。
怒りのセッションでは、怒りは少し出せた。母や兄への怒り。幼いころ兄に害を加えられた感じがある。おぞましい感じ。沸き起こる感じで「やめろ」と言えた。もっと怒りを出しきってみたい。腹から突き上げるような怒りがあると思うが、今はまだ、引き出せない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

399 自分を表現できないという謎が解けた1/2

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8913

◎私は、自分のことを言葉でなかなか表現できない傾向がある。なぜそうなのか、長い間の謎だった。その謎を探るうちに、「表現すると死」という感覚がつかめた。その後しばらくして「表現しなくても死」という感覚が出た。一体どういうことなのだろうか。その二つは何を示そうとするのだろうか。謎が極(きわ)まった。それを調べるうち「いらない子」というのがわかってきた。謎は解け始めた。同時に、帝王切開で生まれることの恐怖も絡んでいることがわかった。その恐怖の裏には、生まれたくない、という気持ちが潜んでいた。セッションで、生まれることを拒否して死んだら、自分のエネルギーが弾(はじ)けた。
○<表現できない>
私は、長い間カウンセリングに親しんできて、人の気持ちはよく理解できるようになった。みんなから頼りにされる。仕事も家庭も順調。産まれた子供もかわいく育てられ満足している。しかし、自分のことを言葉でなかなか表現できない傾向がある。カウンセリングの最中でも言葉に詰まり沈黙が続いてしまう。なぜそうなのか、長い間の謎だった。その謎を探る時期が続いた。
○<表現しても死、表現しなくても死>
その謎を探るうちに、「表現すると死」という感覚がつかめた。自己表現すると、疎(うと)んじられ愛情をもらえず、死が待っている。
瞑想で思い出したことがある。私が2歳で弟が生後3ヶ月、母が弟におっぱいをあげている姿が出ている。私は母へ声もかけない。行かない。見ているだけ、待っているだけ。それが、ずっと、私だった。行くより待つのが私。何度も思い出される。
本当は何を言いたいのか。母から私に声をかけて欲しい、母の背中に抱きついて行きたかった。でも、受け入れてもらえないのを知っているからできない。甘えたい自分がいて、瞑想で甘えをやってみた。走って行ったら、そうしたら、お母さんがいなかった。母は透明人間で、私へ意識がない。表現しないでいると、私へ意識のない母は、いつまでたっても私のところには来ない。行きつく先は死。
〇<表現できた>
その2歳の頃の甘えをセッションで扱った。母が弟におっぱいをあげていた時をイメージしてやれた。言葉に出せた。「こっち向いて」「抱っこ」「ちょうだい、ちょうだい」言葉で表現できた。駄々っ子。母がこないのは分かっている。でも諦めないで求め続けるのができた感じがした。良かった。気分がいい。やりたいことができた。
○<いらない子>
「表現すると死」と「表現しなくても死」という感覚は、一体どういうことなのだろうか。その二つは何を示そうとするのだろうか。謎が極(きわ)まった。すぐそこまで答えが来ている感じがあるのに、なかなか、二つはつながらなかった。心の中を調べるのを止めなかった。瞑想を続けた。
すると、お腹の中に飛んだ、「本当はいらなかったのに」が出た。納得して、いい感じ。
「いらない子」。これをはっきりさせないようにするために、しがみついてきた。瞑想の中で「どうしようできちゃって」と母が思っている。母は父を見ている。最初の兄の上は堕胎している。順番が違えば私だったかもと、前から思っていた。お父さんに言われて堕していたのかもしれない。
実は、私も自分の子供を妊娠した時、そう思った。母と一緒だなと思う。

続く。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

398 澄んだ川のハヤの群れ

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8911

自分自身を理解し始める上でとても役に立った記憶映像がある。その一つ。
私の母は、彼女自身の理由から、幼かった私の育児を放棄した。そのことを小さな私はとうに知っていた。母の実家である山の中の農家に預けられた。母は、週に一度水曜日に、私の着替えなどを持ってバスに乗り、その農家に訪ねてくると約束した。約束は守られなかった。
私は毎日 1人でバス停にやってきてバスを待った。バスの本数は少なかった。一日中待った。すぐ横に山間(やまあい)の川があった。川の水は美しく澄んでいてハヤ(鮠)の群れがいた。橋の上から大きな石を落して遊んだ。ドボンと音がしてすぐに澄んで、またハヤが群れた。バスは遠くから山に向かって川沿いを上り、そのバス停に止まって何人かの乗客を降ろした。その後、さらに上流に向かい、ほどなく終点で折り返して、戻ってくる。戻って道の反対側のバス停に止まり、また、遠く下流に帰っていく。
さて、上ってきたバスがバス停に止まるとき、私は、川のそばにあった雑貨店の陰に隠れた。まるでストーカーだった。降りた乗客の中に母はいない。ほとんど探さなかった。バスは、エンジン音が細く微(かす)かになっていき完全には消えないうちに、また大きなエンジン音になり戻ってきて、反対側のバス停に止まる。私は、それまでに道を横切り(このときバスに轢(ひ)かれかかったことがある)、反対側にある農業用水が流れているコンクリート製の樋(とい)の上に登る。登って、母がいるはずのないバスの中を、舐(な)めるように見た。まるで、このときとばかりに盗むように見た。とろけるように恋しい気持ち。誰もいないバスの床の、油でくすむ床板を、今も鮮明に覚えている。
母への恋しい気持ちは、すでに実際の母を離れており、気持ちだけが純粋に存在した。恋しい気持ちが、実際の母親像によって邪魔されることを、知らないうちに避けていた。純粋に恋しい気持ちは、透明で広々としていた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

397 サンドイッチと木々

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%9702
セミナーでは深い気づきがあった。その帰りは、朝早くで、そのまま車で職場に向った。車の中で食べられるようにと作ってもらったサンドイッチは、すぐに食べるのがもったいなくて、膝の上に乗せたまま運転していた。
感情の動きが大きく、その影響が残っていたため、運転に自信がなかったので、少し一般道で走り、しばらくして高速のインターへ乗った。思い出して、泣いては、泣き止み、を繰り返しながら職場近くのインターから降りた。
途中もったいないと思いながらも、サンドイッチを食べたくなって、半分食べた。噛み締めながら食べた。美味しかった。ふと窓の外を見たら、木が、食べている私の姿を見ていた感じがして恥ずかしくなった。山を見たら山もこちらを見ている感じがして、泣けた。目の前の木々や山たちに包まれている感じに見え、また泣けた。シンプルなサンドイッチでしたが、本当に美味しかったです。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

396 その時に生じる人間的な魅力

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8906

暴露(ばくろ)療法[エクスポージャー療法]というのがある。パニック障害などの治療に用いられる。パニック発作が起きやすい状況に、無防備な状態で、あえて身をさらす。あまり辛くならないように少しずつ進めるらしい。
しかし、それでも辛すぎることもあるので、別の療法が開発された(http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221755)。その人の頭に装置を取り付け、障害の原因になっている恐怖を思い出す際の脳の活動パターンを特定する。そして、その活動パターンが表われると表示画面に「円」(例として)が表われ、活動が強くなると円が大きくなるように装置を工夫した。治療を受ける人は、恐怖を思い出さずに(歌を思い浮かべたり、楽しいことを想ったりして)、円を大きくするだけのトレーニングを積む。このトレーニングにより、恐怖反応として障害が無くなるらしい。
暴露療法も開発された療法も、恐怖自体を弱めたり無くしたりすることが目的のようだ。しかし恐怖が存在する心理的理由は理解できなくなってしまう。その心理的理由が理解できた時に生じる深い人間理解や哲学、その時に生じるその人の人間的な魅力には、縁(円×)のない話のようだ。やはり心理的理由の理解ができて、気がついたら結果的に恐怖が弱まったり無くなっていたりすることの方が、根本的にいい。昔、流行ったロボトミーを思い出してしまった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

395 「何もない」という感覚を初めてオープンにできた

img_1980

誕生後すぐに10日間保育器に入れられた。やや未熟児だったが、それより両親が仕事で忙しく、私を病院に預かってもらう必要があったという事情が大きく影響している。そのことが心の傷になっている。人生のスタートから一人ぼっちで保育器の中で我慢して過ごすしかなかった。今も、こころの底には、人生に対する我慢や遠慮が根強くある。
今までのセッションでは、保育器にいる自分を表現し、我慢、遠慮しなくていいと安心させて「大丈夫、大丈夫」とやることができた。さらに、小さい子が甘えてクネクネと自分を表現するような感じができた。それから、実生活の心の状況は、楽で調子いい。でも、あまり調子がいいので、いつ悪くなるのかと慎重に過ごしていた。
そのころ職場で、小さな出来事があった。部下の社員と、仕事のことで意見がぶつかった。その社員は、思っていることを遠慮なくストレートに出してきた。気持ちがこもっていた。自分にはできないこと。うらやましかった。立場上、その社員に反論し納得させなければならなかったが、自分の意見は、正論ではあるものの、綺麗事になってしまう。自分で言っていて、中身がないなと分かっちゃうようなものだった。自分も自分の気持ちを言えるようになりたいと思った。
今回のセッションでは、「大丈夫、大丈夫」からさらに進んで、ヤダヤダと駄々っ子をやるように表現をすることにした。
ところがいざ始めようとしたら、うまくいかない。何もならない。始める時に怖くなった。とにかく怖かった。セッションルームの天井が広いのが気になった。踏ん張れるものがない。手足がフリーすぎてゾクゾクした。途中でしらけが何度も来た。それが嫌だった。「怖い」とやっていた。怒りを出してみようとしたが、出せないし何もない。何もなくなる。「何もない」のは表現できない。初めての感じ。なくなっちゃったら、中身がない、自分がない。
何もないので諦めた感じ。地面に潜っていく感じ。多分死んでいくのだろう。でも、死ぬのは全然怖くなかった。安心した。安心して死ねたよう。イメージは土葬で棺桶が穴の底へ降りていく感じ。でも怖くない。「何もない」まま生きていく方が怖かった。
「何もない」というのは今までオープンにできなかった。昼食の時間にお弁当に何も入っていなくて、恥ずかしくて開けられないような状態に似ていた。開けたらやばいという感覚。悲しい。それをオープンにできた。
オープンにする事はとても怖い事だった。だが怖いながらも今回、安心してオープンに出来た。オープンにできる仲間と環境があってこそ、何も入っていない弁当箱を開ける事が出来た。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

394 怒りから抜け殻へ

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8908

セミナーから帰りながら、反芻(はんすう)するように、抜け殻のような死を味わいました。これまで味わうのを避けていたものです。怒りの力を借りずに入っていく死です。家に着くと怒りが奥の方でフツフツしている感じが出てきました。この怒りから入っていく怒りの死はなじみ深いものです。抜け殻の死と怒りを両方感じながら、ゆっくりお風呂に入りその後瞑想しました。
怒りの死はとろけるような死です。抜け殻の死は、怒りの死にはない深みがあります。両方の死を同時に満足したい。今のところ、どちらか一方しか手に入りません。
これら二つは、なんか、実際の私達姉弟みたいだな、と思わず笑ってしまいました。母が私をかまうと弟は嫉妬し私を憎たらしそうに見る。そんな弟を見て私は喜びの快感を得る。母が弟をかまうと私は嫉妬し、寂しく弟が憎たらしい。さてどうすれば、2人嫉妬せず2人とも同じように満足するのだろう?と考えてしまいました。
抜け殻の死と怒りの後の死。両極端なようで実は近いような…。まだ良く分かりません。自分自身のこの感情を探り、どうしても知っていきたい。前回までのセッションを通して感じてきた事を、そして今回感じた事を、繰り返し繰り返し瞑想をしていきたいと思います。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

393 続ければ開く

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8904

セミナーの現場で感じることは、諦めないで続ければ、心は開く、ということ。心は開くのを待っている。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

392 思い出していた内容は正確だった

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8909

小さい頃につらい体験があり、その体験を忘れることで対応した。ところがあまりにつらい体験だったらしく、<忘れる>という働きが現在でも日常的に強く生きているため、トラブルになっている。
そこで、思い出すトレーニングを続けている。ある程度は思い出せた。赤ん坊のころ母親が自分の口をふさいだ。その感覚を繰り返し思い出している。思い出す事はあるが、しかし、それが事実なのか、想像したことなのかよくわからない、自信がない。母親も全く記憶がない。
別のことで母親との関係を思い出した事件がある。本人が小さいときに、悪気なく、よそ様の育てている植物の葉っぱをちぎった。それを母親が怒って押し入れ閉じ込めた。
その時の押し入れに閉じ込められた部分のことを思い出した。大きくて長い階段。そこをお母さんが追いかけてくる。すごく大きなお母さん。逃げて捕まって背負われて持って行かれて、真っ暗な押入れに入れられた。出して出してと泣いていて、うるさいと言われた。押入れの内側を叩いても叩いても助けてくれない。
母親に聞いたら事実から、思い出していた内容が、正確だったことがわかった。そこで彼女は自信を深めた。
この自信からか、母が口を塞いだ理由が明快になってきた。母親は赤ん坊が泣いて困った。母親自身も苦しい人生を生きてきて余裕がなかった。泣く赤ん坊に手を焼いた。スピーカーから流れる音楽の大きな音を消すように、音楽機器のスイッチを切るように、私の口に手を当てた。そのことが分かった。そこには母親への深い理解があった。母親のその時の状況を理解した深い洞察があった。そこには母親を責める気持ちもない。事実を歪めようとするニュアンスもない。自分の傷から逃げる気持ちがない。見事な記憶の回復だった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

390 閉じた心の扉が開いたから?その2やっと感情が追い付いた?

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8911

前回の続き。セミナーで変化があった。閉じた心の扉が開いたから?なのか、人の話が前より全然、耳に入るという、何か不思議な感じがしてきた。

そうして職場での人との「出会い」があった。

<職場での人との出会い:死について>
今回のセミナーの後に、先日、職場の食事会があった。いつものように行きたくない気持ちと、何となくいつにない感じとの半々で、出かけた。セミナーで少し変化があったので、もしかしたら職場でも自分を開けるかも、と。
そこで気になる人との出会いがあった。その人の死に向かっている生き方を感じ、物凄くショックを受けた。その人が何となく好きだったので、尚更、勿体なく感じて、自分が苦しく辛くなった。
その人のことを取り込んで自分が数日おかしくなり、自分に戻れなくなった。その人が死に向かう死の感じ、寂しさ?うまく説明できないけど何かに影響されている。
そんな中、ふと思いだした。セミナー仲間のブログ「死を願う宇宙船 死にたくない」というタイトルのを印刷したやつを無性によみたくなった。何か大事な事を話している気がするから印刷したはずなのに、前は、字を追っても追っても、内容が全く分からなかった。それなのに、昨日は読めた。頭に入ってくる。
<やっと感情が追い付いた?>
そして訳が分からず混乱して、苦しい私が、今朝、何だかわからないけど悲しくて、布団の中でずっとオイオイないた。やっと感情が追い付いた?。日頃自分が「死にたい」というのに(職場の)人に「生きていて欲しい」と思ったし、何だかよくわからない妄想かもしれないけど、ものすごい寂しさを感じた。
<いままで何だったのか>
しかしこの、人の話が段々聞ける、耳にはいるとか、ブログの話が全く分からなかったのに分かるようになるのは何なんだろう。自分に興味がわいてきたのです!
明日から、また、行きたくない仕事なのだけど、今のこの、感覚、大切な手応えがぶっとんでいきませんように。
私は自分が生きれるなんて信じてなかった。生の世界を知らずか、無しにして、死のことばかりしかなかった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

389 本当か空想か

img_1985

セッションなどで赤ちゃんの頃の記憶が出るが、本当のことなのか空想なのか、客観的に実証するのは難しい。その記憶が出ることで、心理的な改善が大きく進めば、やはり本当だったのでは・・と思うしかない。本人は主観的には始めから確信を持つことも多い。まれに、証言により実証されることもある。
その一つ。ある女性は繰り返して思い出される記憶がある。赤ちゃんで、おっぱいを飲んでいるとき、鼻が詰まっておっぱいが飲めない。大きなおっぱいが飲めない。おっぱいを叩いてもビクともしない。かなり殴った。口を覆っているおっぱいをかなり殴った。鼻は苦しい。飲めというし、息ができないで苦しい。叩いても叩いてもどうしようもない。
母親の証言があった。その当時、おっぱいがたくさん出すぎて困った。しっかり飲んでもらおうと思った。男兄弟はよく飲んだのに、その女性はなかなか飲まなかった。この証言から記憶は本当であったと裏付けられた。しかし女性はその記憶を恐怖とともに思い出している。この恐怖の裏付けは未だない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

388 閉じた心の扉が開いたから?

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

<セミナーで変化>
セミナーで友達との出会いがあった。翌々日に別のセミナー仲間からのメールが来ていた。セッションで私の番のときに皆が本気で応援してくれたらしい。(自分自身のことではなく、皆の様子、皆の自分への評価が気になってしまうのだが・・・。)俄然やる気がでた。やる気のなかった私が少しだけ本気が出た。
<私なんてとニヤニヤ>
今まで、何か「私なんて」という感じでニヤニヤしていて、セミナーのセッションも、「できるわけないでしょう」と決めていた。だけど自分のことを見たくないのは私自身。自分の空白、自分のなにもなさに耐えられないから、自宅でできるはずの瞑想もさけて、働いてない今も、身の回りの用事をこさえ、買い物ばっかりして、自分を見ないように逃げ続けた。
<つなげる作業をしてこなかった>
仲間からのメールメールをみて、今まで、セミナーで自分がやったことを客観視し見直してつなげる作業をしてこなかったとハッとした。帰って来ても、送ってもらったセミナーの自分の記録は、印刷したけど読むのを避けていた。
自分では「全て成果なし」という自己評価になっていたからだけど、そのことに限らず、日常のことでも自分の状況を客観視できていなかった。
<変な自分をうっちゃりにしてきた>
自分は変。今でも自分に兄がいること(当たり前の現実)を忘れてしまう。兄は子供(甥)を連れ、たまに、実家である私の家へ訪問する。私は、甥(幼児)のことも本当は興味なくいつも私が注目されることばかりを考えている。(玩具やお菓子などの)物にだけ寄ってくる甥たちが可愛くないし、私の老親の関心を私から奪われてしまうから、甥が来る日は邪魔で仕方ない。こんな変な自分をうっちゃりにしてきたと思った。甥たちは年に何回しか来ないから都合の悪いこととして忘れてしまう。
<人に興味がなかった>
同じように(セミナーで聞く)人の話も、つい先ごろまでは、全くなんの話か分からず共感もできない。人に興味がなかった!。
<自分の話には添削が止まらない>
他方では、自分が話そうとすることを、話したら話したことを、心の中で添削して止まらない。皆の注目を引く話、心に残る話は出来ただろうか…。私を覚えていてもらいたい!。あなたの話は分からないけど…。私はかわいそうで、可愛い子なのです!と。でも話したことは、思い入れと裏腹に、空っぽ。この「添削」は客観視し見直してつなげる作業とは全く違うようだ。狭い。そうして、お母さんが助けに来てくれるのをずっとまっていた。
<心の扉が開いたのか>
そんな私だったが、何故だか今回のセミナーでは、人の話が前より全然、耳に入るのだ。何か何となく、自分に本当の意味で問題意識が出たから関心がでたのだろうか?よくわかない。でも聞けるのだ。閉じた心の扉が開いたから?何か不思議な感じがしている。今回、友達や仲間がいる手応えを確実につかんだからか…。         (続く)

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

387 お母さんの不幸を思うほうが先だった

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8902

セミナーで〇〇ちゃんと知り合ったのが嬉しくて、珍しくセミナーの話を母にした。「同じような境遇の人と友達になったよ」と言ったら、明らかに私から逃げるような態度を取ったのがわかった。それが悲しく悲しくて泣いた。私に意識がないからではなく、自分が受け入れられないものに対して忘れることしが選択出来ない彼女の不幸を思うほうが先だった。
このまま無視するのが普段なのだが、昨日は勇気を出して母に話した。「お母さんが嫌いで憎いけど私は逃げない。私はお母さんを嫌いになりたくない、やっぱりお母さんが好きだからセミナーに行っている。変わってしまった私はいらない子供かもしれないけど、ほんの少しでもいいから私から逃げずに踏ん張って欲しい。」彼女の心に響いたかは分からないが、彼女に今の本音は言えた。彼女は自分の都合のいいところしか聞いてない気もするが……。いつかは真正面から母とやり合うことができたらいいと思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

386 怒りとは違うエネルギーが出て・・・

img_1998

死自体をテーマにしている感じ。前回のセッションは、母親を殺して、自分も殺して討ち死にするような死。母からの圧力に対する反発、怒り。怒り狂う。エネルギーを外に向け怒りを出す。溶けていくような心地よい死。夢の中みたいだった。多分もっと内側は、怖すぎて、どこかに行っちゃう。
でも今回のセッションではそれは嫌になっていた。満足しない。もっと内側。でも前回よりずっと怖かった。昔そうだったように、過呼吸になって、怒りを出してそこから逃げようとする。
内側の、殺す対象のない死は、自分が弱くなっていく、蝉の抜け殻のような死。いやな死。母親の言うなりで自分の意思とは違う死。「諦めの死」とでもいうべきか。それが抜け殻の感じ。弱いのを受け入れられない。弱いのが嫌だ嫌だとなった。
その弱い中へ1歩1歩入っていく。歩くとき、一歩踏み出すのも怖いし、踏み出したいし、踏み出すと嬉しいし、悲しいし、一人なんだと感じる。怒りとは違うエネルギーが出て歩いている。
まるで初めて生まれた子供が、自分の足で歩んで、弱さの中へ入っていく。誰もいない死のようなこの世で、生きていく覚悟をするかのように。死と生の融合のような感じ。
最後に倒れ込むとき、どんどんどんどん小さくなってくる自分。その中で自分の中で、弱くなっていくことが、認められない。ただ小さくなって行き、素晴らしさもなく、抜け殻のようだった。ただそこに私が横たわっている。どんよりして起き上がれない。
翌日のセッションでは、どんより感の悪いのが取れた。重たい感じは、目眩(めまい)を感じて抜け殻を感じていたら、しゃんとした。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

385 子供への支配と依存

img_1974

 親から支配されて子供時代を過ごした。寂しい思いをした。そして大人になり、妊娠した。大きなお腹を抱えて10か月も苦労した。とても痛い思いをして赤ちゃんを産んだ。小さな赤ちゃんは、いい匂いがして、柔らかく、天使のようで、私のすることを何でも受け入れてくれた。純真。私を100%信頼していた。長い間寂しく満たされなかった私の心を満たしてくれた。おっぱいを上げ、おしめを換え、1日中一緒にいた。自分の睡眠もろくに取れなかった。食べ物の一つひとつに気を使った。何年も続いた。私の言うことは何でも聞いた。少し大きくなり、手がかかるようになり、わずらわしくなって、ついつい虐待したこともあったが、私の心を満たしてくれた蜜月の思い出は消えない。

大きくなり私から自立し反発して出て行こうとしても、私はそれを絶対に許さない。今更、一人になるのは耐えられない。私の血と肉を分けて育てた子供。あなたは隅から隅まで私のもの。私の命の証(あかし)。命の絆(きずな)。その絆を離してしまったら、私はまた寂しさのただ中に放り出される。寂しさの先にはおぞましい死しか待っていない。絶対に離さない。腕の中のぬくもりを身体が忘れない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

384 1年半ぶりのセミナーでした

img_1976

1年半ぶりのセミナーでした。何とも充実の1泊2日でした。
今は仕事も充実し、子どもとの関係も落ち着いています。
しかし、自分自身の心の傷や、子どもに与えてしまった傷を想うと、今できることを精一杯ベビーブレスで集中してやっていこうと思います。
次回、なんとしてもセミナー中の、自分の苦手な部分を、力強くやってみたいです。
子どもは今、受験勉強に集中してるのでなんの問題もありません。
この先、恋愛や大学入試、就職や子育てなどいろいろな経験をすることでしょう。娘が何か困った時にいつでも受けとめて支えてあげられるよう、今は自分自身の気持ちを受けとめ、実力を蓄えておきたいと思います。
しかし、気持ちの良いベビーブレスでした。ベビーブレスの後で眺めた富士山も、サンドイッチも、お仲間も。
では、また、よろしくお願いします。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

383 母を愛せるようになりたい

img_1988

これまでのセッションで、辛さ、寂しさ、吐き気が非常に強く出ていた。それなのに怒りが出なかった。心の封印があった。幼い時に時から姉妹の中で自分は仲間外れにされてきた。
ようやく怒りを出せるようになってきた。封印が解け始めた。セッションの中で、母親に対して「馬鹿野郎」と言えるようになってきた。姉たちにも言えるようになった。言えたことが良かった。
実生活でも、心の中で、朝に晩に言い続けている自分がいることが不思議。今まで背中が冷たくて湯船のお湯の出口に背中を向けても、あたたまらなかった。それが今少し暖かさを感じるようになってきた。普段から掃除や洗濯は苦手だったが、セミナーから帰ってすぐに全部の洗濯をして干した。セミナーは疲れたけれども心地よかった。
自分を解放して、母を母と呼びたい。母を愛せるようになりたい。それには、もっと自分のことをやらないと・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

382 「寂しんよ」のその後「ごめんな」「そうなんだ」

img_1990

先回のブログ「寂しんよ」のその後。
あの日の10日後くらいに、また、息子と話が出来るチャンスがきた。また2人で車の中。息子も聞いてくれると言うので寂しさの続きの話をした。私が息子に対して意識がなく、どれだけ自分勝手にやってきたかを話した。
〇そもそも息子の妊娠が、仕事を辞める為だったこと(利用したこと)。
〇まだ産まれるタイミングではなかったのに、破水させてもらっての出産で、自力で産んだ感覚がないこと(赤ん坊の意思を無視したこと、自分の意思が薄いこと)。
〇あなたが産まれたことで、義父母の意識が私ではなく一気にあなたに向いてしまい、嫉妬したこと。
〇その嫉妬を隠すために、義父母にきつくあたったり、義父母を避けるようになり、同居を辞め、今の家に来たこと。義父母にとっては、あなたは初孫だったのに、義父母からあなたを、あなたから義父母を、とりあげたこと。
〇あなたが私の思い通りにならなければ(言うことを聞かなければ)イライラして、あなたに当たり散らしていたこと。
などなど、目的の場所に着くまで話し、「ごめんな」と謝った。息子は「そうなんだ」と驚いたり、うなずいたりしながら聞いてくれた。正直に話せたことに満足している。
本当は妊娠出産からやり直したいんだけど、現実には無理だから、自分と向き合ってせめて正直に居ることを大切にしたいんだ、と説明した。(息子の)寂しさの(私が原因となっている)ルーツを話すことで少しでも息子が救われるといいな。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

381 愛情が欲しい

img_1972

親から愛情もらえなかった。子供のころから愛情不足だった。そしておかしくなった。不幸な人生になった。辛い。回復するためには、だから愛情が必要。ぜひとも必要。喉が渇いて水を求めるように。お腹がすいて食べ物を求めるように。睡眠不足で睡眠が欲しいように。そのように愛情を求める。
それのどこが悪いのか。私の心を探らないで欲しい。痛い。そうではなく、私の愛情不足を満たして欲しい。お金を払ってカウンセリングに行くのは、この渇きを満たすため。この餓えを満たすため。回復のためには我慢しなければと理解はしているつもりだが、でも本当には、心の傷をいじって欲しくない。いくら言葉で隠しても、本音はそこ。どうしようもない。この辛さをわかってほしい。私自身どうしようもないのだから。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

380 みんなは理解している

img_1982

グループカウンセリングの話。一人が話して全員が聞く。その一人本人だけがわからない。みんなはトウに理解している。でも本人にその理解を押し付ける事はできない。本人が気がつくのを待つしかない。それが必要。だけど、周りは辛い。
例。話を聞いていくと、だんだんと母親への不満事になり、母親への恨み事になり、いろいろひどいことをされたという事になっていく。それらの事を淡々と話すものの、感情は伴わない。そこであなたは母親のことをどう思ってるかと質問すると、母親はいい人で、努力をした人で、尊敬していると言う。誰が聞いても変。でも本人は変だと思わない。
そういう本人だけがわからないトリックにハマっている。順番が回って次の人が話すが、その人も、話の内容はいろいろ違っていても、同じように、自分だけ分からないというトリックにハマっている。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

379 甘えたい~

img_1978

ピエロをしなければ生きられなかった。大きな気づきだった。その背景にある私の傷。「いらない子」。 みんなに愛されていると思わなければ、生きてこられなかった私。みんなに認められたい。好かれたい。生きる術として、人に合わせ、知ったかぶりして、出来るふりをして、明るい面白い人を演じてきた。ピエロをやっていた。
そんな私が、「出来ない」自分を人に知られてしまうのは恐い。恥ずかしい。情けない。だがそれを、今回、思いきって仲間の前にさらけ出した。仲間は、そんな私を、温かく受け入れてくれた。「ピエロはもうやらなくていいよ」と言う声が私の体の中から聞こえた。
そうしたら、受け入れられた嬉しさで、固い鎧(よろい)が緩(ゆる)んだのか、甘えたい気持ちが湧いてきた。甘えたい。ただ甘えたい~。
ヨチヨチ歩きの子供の頃から、私はずーっと、いつもお母さんを探していた。お母さんにちょっと触れ、又離れて又お母さんの所へ戻れる安心感。いつもお母さんが私を見ている。側にいて触れたい時、いつでも触れることのできるお母さんを、探していた。
あの「甘えたい~。」が気に入って、セミナーから帰っても、トイレ、お風呂、家人が居ない時、体をクネクネさせて、「甘えたい~。」をやっている。楽しい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

378 塔の上の夢を見た

img_1777

私には高所恐怖症の気がある。高いところは好きだが実は苦手。ここ数年のうちに遊覧ヘリに好きで2回乗った。でも横浜マリンタワー(スカイツリーの6分の1の高さ)では、前後に揺れる健康靴を履いて登ったためか、身体が揺れて怖くて、その靴を脱いで靴下のまま歩かせてもらった。
さて、ある日ある人の話を聞いた。そして、その話の内容から、意識されていないものの、その人の心の中を支配しているらしい大きな恐怖があると思われ、その恐怖を知りたいと思った。いろいろ探った。でもハッキリした感覚がわからなかった。瞑想してさらに探った。そのまま寝てしまった。
そのとき夢を見た。バベルの塔のような形の細い塔。その塔の内側の螺旋階段を上っていく(分析の苦労)。背を低くしないと通れないような狭い小さな階段で暗い(迷い、葛藤、健忘、謎)。案内人に連れられて登っていく。その途中途中には、いくつも部屋(人の心)があるが、内側からは鍵(防衛)がかかっていて入れない。塔のてっぺんに上った。案内人は言う。内階段側は鍵がかかっているが外階段側からは窓に鍵がかかっていないので部屋の中に入れる、と。
てっぺんからは周り(心の全体)が広々と見渡される。地平線が周りに見える。青い空が怖いほど広がる。少し下を見ると目がくらむ。高所恐怖症。夢だから布団の中で見ている。布団の中にくるまってまま、布団が何メートルもぐるぐる回った。塔のてっぺんが風でぐるぐる回った。揺れて回った。すごい恐怖だった。今から外階段を降りると言われても1歩も足が出ない。

<これがお前の知りたいと言う恐怖の味だ>そういう意味に取れる夢だった。<苦労して分析がなされ、迷い、葛藤、健忘、謎として彩られた防衛がなされた人の心を、けんめいに探り、やがて心の全体が見える位置に来ても、そこには恐怖が待っていて、人の心に本当に入るのは、とても難しい>そういう様に解釈できる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

377 認めて欲しい

img_1964

幼い頃から、自分の生きることを歓迎されなかった。存在を認められなかった。認めて欲しい。今も強くその渇望がある。認められるために何でもする。ついつい嘘もつく。体を痛めてしまうほど頑張って仕事もする。自分自身でない人生も生きてしまう。見栄を張って生きてしまう。カウンセリングを受けても、認めて欲しいために、正直になれない。正直になれないので、カウンセリングが進まないと言われる。でも、私には何ともしょうがない。私が本当に欲しいのは、ただただ認めてもらうこと。存在を認めてもらうこと。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

376 自分にはホントの部分がない

img_1959

Babyブレスをすると、多かれ少なかれ、自分の内面が現れる。悲しさ、恐怖、不安、冷たさなど。どれも気に入らない。どれも嫌だ。その場で捨ててしまう。
そうしておいて、つくづく思う。自分にはホントの部分がない。自分には中心がない。からっぽだ。何もない。見つからない。自分探しが頓挫する。
であれば、大事なものを捨ててしまったのかもしれない。自分自身を捨ててしまったかもしれない。捨ててしまったものの中を探そう。あなたは嫌がったものの中にあなた自身の真のものがあるかもしれない。それこそが光輝く宝物になるかもしれない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

375 息子と急接近で面白い

img_1960

メジロ(鳥)の食事

父は居なかった。母も本当には居なかった。母は病気だった。恐怖と不安の毎日を過ごした。母を守るので精いっぱいだった。不平は言えなかった。悲しさは押し殺した。その悲しさをベビーブレスで取り扱ってきた。自分の感情を取り戻すことができるようになってきた。自分を取り戻しつつある。

自分の息子は中学生、受験間近。反抗期の真っ盛り。自分にはできなかったこと。今はかわいくてしょうがない。余裕ができている。息子についついちょっかいを出してしまう。息子に「ふざけんな、キモ」とやられる。触れただけでも「暑い」と怒る。分かっていてもやってしまう。「しつこいのはダメよ」と奥さんに叱られる。

そんなある日、息子が、私の経営する店に顔を出した。びっくりした。初めてだ。自転車を50分こいででやって来たと言う。「来たいから来た」と言った。羨ましい。今までにはないことだった。店のみんなに息子を紹介した。目の前で、自分がやれなかった事(を息子がやっているの)が見れるのがいい。(自分も)やりたかったなと、分かるのが良いなと思う。父親としての自分が息子を許容できている。それが嬉しい。

私がベビーブレスをしていなかったら、私は昔のままで、彼は来なかっただろうし、来たにしても、追い返していたに違いない。息子と急接近で面白い。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

374 傷に居るだけで、こんなにも早くに変わるものなのか

img_1969

前回の続き。再婚相手の連れ子Sに対する私の嫌悪感が湧いて出る時があり、何故こうなるのか、奥がある気がしていたとき、その子どもを愛せない自分にではなく、愛されなかった自分にフォーカスすることで、気づきがあった。Sの目が正面から見えた。こんなに愛らしく幼い目をしていたのかと、別人にも見えた。さて、後日談がある。
その次の日から、Sは熱が続き身体に症状を出しながら、私に悩みを打ち明けて来た。サッカーのクラブチームのこと。Sは、自信が無い自分に出会い、悩み考える事が出来るようになり、それを私に伝えてくれる・・・本当にグッと彼の成長を感じた。彼は「〇〇(私の名前)ちゃん、ここに座って聞いてほしい」と、気持ちを話し始めた。彼の本音の話しをずっと聞いた。それか何日もかけて話し合った。思い返すと、悩み苦しんでいたこの年齢で自分の子供たちとやりたかったことだ。Sもすっきりして、こうやって話しを聞いて貰える事が嬉しいと言っていた。
ベビーブレスをして、私が自分の傷に居るだけで、こんなにも早くに変わるものなのかと正直驚いている。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

373 先日のブログ「幼い子供は本質を観抜いている」は胸を突きました

img_1962

先日のブログ「幼い子供は本質を観抜いている」は胸を突きました。
じわじわと泣けました・・。「バイバイ」と言って母の意を受け入れて死んだ子はかつての私であり、また、欄干から手を離した母親はまさに私です・・・。本当には殺しませんが、ベースは同じです。それがよく分かります。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

372 誤魔化しいい風に解釈して自分は死んでいる

img_1966

小さいころから「怒りは出すな」と母親に言われた。怒りを無意識に抑える抑圧がある。それだけでない。怒りを出しても、母親には受け止めて貰えないから出さなかった。怒りがあるときは誤魔化すしかない。嫌な事を言われても良い風に解釈する癖になった。
ベビーブレスをした。最初に入る時にぴったりの言葉があった。「嫌いなお母さん、嘘つくな」。現実生活で嫌いなママ友がいるが、彼女は、父親に似ていると思っていた。しかし、そうではなかった。似ているのは嫌いな母親だった。母親のいやなところは決めつけるところ。「決めつけるな」と怒りが沸き起こってきて叫んで絞り出した。分かって貰えない。無神経さ。
紫のイメージ 。水が溜まって冷たいけど温かい。不思議。寂しさも心地よい。自分を殺して死んでいるよう。ダンスは泣きダンス。そんな感じでもいきているんだな。瞑想では、宇宙にすいこまれて瞑想しているようだった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

371 生きる事の一つひとつを味わう

img_1796

ご無沙汰をしております。
ベイビーブレスがきっかけとなって、生きる事の一つひとつを味わう事が出来る様になって11、12年位経ちました。素晴らしい療法、カウンセラーとも、私にとってはベストマッチでした。お身体におきをつけて。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

370 こんなに愛らしく幼い目をしていた

img_1928

今までずっと悩んできた。再婚相手の連れ子S。Sに対する私の気持ち。頭では、自分が産んだ子でないから、良くも悪くも自分の子と同じように思えないのが普通だと、思っていた。
ただ、Sへの嫌悪感が湧いて出る時がある。そのとき、自分が苦しく、自分の気持ちがどうにか出来ないものかと持て余す。自分は自分自身の子どもへさえ十分な愛情が無い。子供のことより、自分のことが一番な親だ、ひどい親だと理解はしている。自分が産んでいない子であれば、なおさらだ。
でも もっと理解したかった。何故こうなるのかを。奥がある気がしていた。
今回のベビーブレスを経て今思う。Sへの気持ち、それはとても表面的な問題だった。奥には、まるでよその子と同レベルにしか、愛されていなかった私が存在していた。分かっていたはずなのに。Sという対象を通して、そのことを更に理解出来た。
この理解を通して、いつのまにか、子どもを愛せない自分に、私はフォーカスしなくなっていた。愛せるか愛せないかの外側の話ではなくなった。愛されなかった自分をフォーカスしている事に気付いた。これが隠れていた。隠していた。今、気持ちが楽だ。
昨日からSの目が正面から見えた。こんなに愛らしく幼い目をしていたのかと、別人にも見えた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

369 繋がり(つながり)たいと言う気持ちが子宮の中のイメージ

img_1767

ベビーブレス。自分の子宮の中に両親を入れるイメージと、自分が子宮の中にいるイメージと、自分の子宮の中に息子がいるイメージと、重なって体験された。一体になって繋がり(つながり)たいと言う気持ちが、子宮の中に入る、すなわち妊娠と言うイメージで表されているように思われる。
今回は呼吸がスムーズに出来た。父、母と繋がっていたい。私は求めているのに、繋がれず悲しく泣く。父母の口癖「仕方ない」が出てきた。なんでもそれで諦める2人。自分がなく、いつもそうやって逃げる2人を許せない。今度は怒り。ダンボールを殴りつけたが、呆気なく2発で潰れ、物足りない。潰れたダンボールをギュウギュウ捻り、最後は息の根を止めるために、折った。それを抱きしめ離れたくない、離れないと股の間に挟み丸くなる。
そうしたら、子宮の中。胎児の私と息子が出てきた。思えば息子を、意識なく産んだ。破水させてもらい産んだ。息子はまだ生まれる準備は出来ていなかったはずで、私は後悔している。お産をやり直したい気持ちがあった。息子へ「出たくなったら出たら良いよ。出たくないのならそのままで良いんだよ」と思う。
胎児の私はこのままが良い。母と一体のままずーっと一緒が良い、このまま離れたくない。とても温かく静かで安心する場所、落ち着く。
<笑い>のセッションでは、泣きながらダンスした。ヘロヘロになった。<死>のセッションでは、倒れ、鼓動が激しく生きているなぁと実感する。段々落ち着いてきて、そのまま身を任せていた。静か。死の感じ。大地に吸い込まれ一体になる感じ。スッキリし気持ちが良い。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

368 寂しいんよ

img_1771

息子のこと。学生。長く付き合っていた彼女と別れた。その後、夜遊びが激しく朝帰りが増えた。たまに家に居る時は部屋でひたすら携帯。SNSで友達とやりとりしたり、動画を見たり。家族とのコミュニケーションが減ったなぁと私は気になっていた。
息子を最寄の駅へ迎えに行った車の中でのこと。私「なー、(あんた)最近大丈夫なん?どうしてそうなん?早く寝ないから朝起きれないし、学生じゃろ?チョロチョロ遊びまわるのほどほどにしようや。」息子「あぁもー、うるせーし、わかっとるし。」といつもの反応。でもその後に一言「寂しいんよ。」と。
息子からの意外な言葉に驚き、感心し、納得もした。そして正直に話してくれた事が嬉しかった。あっ、今なら話が出来そうだと思った。
私「どうにもならない寂しさがあるんよな。その通りだと思う。私にもある。誰かと居たり遊んでいたら、確かに、その時は紛らわすことは出来るかもしれんけど、その寂しさは無くなりはせんよな。〇〇(息子の名前)の中にあるものだから、それはお母さんやお父さんが〇〇に与えてしまったものなんだよ。まぁ、特にお母さんなんだけど。」息子「うん、そう。どうにもならんのよなぁ。」
具体的な話はできなかったけど、寂しさを少し共有出来たかなぁと思う。またのチャンスに話を聞いて貰おうと思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

367 母との同一化とそのための死ぬような苦しみからの脱出

img_1761
ベビーブレスをした。お母さんの気持ちが自分にまとわりつくのが嫌。お母さんは、私に、「泣かないで良い子にして」欲しいという。それに嫌だと言っていた。お母さんの気持ちを自分の気持ちのように受ける状態にいたのに、お母さんと私は一体だったのに「どうしてやっちゃダメなの、どうして泣いちゃダメなの」と私。ワッと怒りが出た。全部お母さんが作ってきて(勝手に産んで)私はいない。私は母に飲み込まれ一体化してしまっている。
お母さんと私が一体になって、私自身を殺そうとしている。死んで欲しいと思ってる。無感情のまま思っている。苦しむ自分。自分はほとんど死んでしまったかのようだ。しかし、殺そうとした私が「この人たちは本当には殺せないし愛せないよ。何もできないよ」と言う。泣いた。凄く納得した。ぴったりきた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

366 不思議な話ですが

img_1796

片付けたり料理を作ったり、以前は苦痛でしかなかったことを少しずつですが出来るようになりました。母に怒られることよりも、自分の気持ち(空腹や清潔)を優先出来るようになりました。ブレスを始める前は、母が作らないとご飯がでてこない!と思い込んでいました。不思議な話ですが。
母と喧嘩をしました。以前はババァ死ね!としか思わなかったのですが、今は、子供のままでいるしかない人なんだな。可愛そうだなと。腹は立ちますが殺意はないです。
死のセッションを始めてから死にたいと思うことが少なくなりました。今日は死んで明日生まれ変わればいいじゃない、と。実際に死ななくても、仮想世界で死ねば充分だなと思いました。お陰で気が楽です。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

365 幼い子供は本質を観抜いている

img_1793 img_1794

子殺しはいろいろな動物で確認されている。ゴリラやライオンの群れではボス(オス)が交代するときに、その新しいボスが古いボス(オス)の子供を殺す。そのときに、子供の親であるメスは、ほとんど抵抗しない。少しでも優秀な遺伝子を残すための群れとしての掟(おきて)とも考えられる。
ゴリラと同じ霊長類の人間もそのような子殺しと無縁というわけにはいかない。朝日新聞デジタルで配給された[「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした]とする記事では、交際相手の男性の不機嫌になっていく様子を見て、女性は、自分の元夫との子供である3歳の女の子を自ら殺した。
話しは少し違う。女の子の側のこと。記事は、殺される瞬間の女の子の様子を伝える。女性は橋の欄干の上に女の子を立たせた。車が通るので3度ためらった。そして[娘を抱く手を伸ばし、宙に浮く状態にしてみた。川面からの高さは4メートル以上。娘はにこっと笑い、突然こう言ったという。「バイバイ」。手を離した。ドボンという音が聞こえた]
幼い子供はものごとの本質をよく観ぬいている。言葉をあまり知らないためか、言葉ではごまかされない。親の雰囲気や態度から状況を察知する。私たちは幼い子供でもあった。幼い子供を育てる親でもある。幼い子供は本質を観ぬいていることを忘れるわけにはいかない。
本質を観るがゆえに、辛すぎて耐えられず、こころの病気にもなる。記憶も消す。人生を台無しにする。一方で、記憶を取り戻し、認識し、受け入れることで、人生を取り戻す。この世というものを理解する。強い人間性を取り戻す。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

364 わかった事が喜びになり嗚咽した

img_1765

ベビーブレス。呼吸を意識すると寂しさが出てきた。泣いて母を求める。一、二才の赤ちゃんの自分。泣いても一人ぼっち。お母さんと言ってみる。自分で自分を抱いて慰める。再度呼吸をすると母やミルクをくれた祖母が出てきた。私の存在が鼻についている。目障りで嫌われている感じ。

怒りが湧いた。産まれたくなかった。それを、せっかく産まれて来てやったのになんでだ!なんでだ!愛されない事をそんなに簡単に諦めきれるか!諦めきれるか!と怒り。それでも求め続ける諦めない自分が凄いと思いながら、自分の気持ちに圧倒されながら 、怒りながら求め続けた。諦めない自分に満足だった。

イメージで再婚相手の連れ子のGとダンスをした。Gも私もお互い気を使って生活している。でも、このときはダンスができた。

突然 、産んでない子、私のGに対する気持ちと、母の私に対する気持ちが、同じだったとわかった。母は私を産でいるのに同じようによその子と同じ気持ちだった事がわかった。

私はそこまで愛されていなかったのかと。愕然(がくぜん)としながらもわかった事が喜びになり嗚咽(おえつ)した。ダンスはそれから更に自由にやれた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

363 大好きだから恨んでいた

img_1775

いやなことは寝て忘れろと言われて育ち、それを実践して、生きてきた。昔の記憶を思い出すようにと言われても、暗闇しか思い出せなかった。それが、セッションを重ね少しずつ思い出せるようになってきた。
気立ての良い美人の姉が、小さい時に病死した。姉の代わりにお前がそうなれば良かったと言われ続けた。子供として親に全然相手にしてもらえなかった。
最近も思い出した記憶がある。家の戸口に人買いが2人立った。知らないおばさんとおじさん。怖くてコタツの中にずっと隠れていた。よそにやられる。コタツから出るとやられてしまう。なんでも言うこと聞くから連れて行かないでくれと。連れて行かれる恐怖。 母に助けを求めても無表情で手も出さない。能面のような感じ。だから母親は大嫌いだった。コタツの足につかまっていた。コタツの中でも一生懸命すれば身を助けてもらえる。(思えば、ちっちゃい時からコタツにもぐっていた。何年もやっていた。コタツにこだわっていた。)
なんで私?。弱っちい子だと人買いの役に立たないから。元気な子でないと働き手にならない。母は、口減らしにやりたいから黙っている。子供はよく食べるし・・・。だから母親は大嫌いだった。その母親への恨みを精一杯出した。半狂乱でお母ちゃんと叫んだ。
そしたら、母が切なくて泣いた。(子供をやってしまわなければならない)母の辛さが分かった。事情がわかってきたら泣けた。母を大好きだったという思いが出た。勝手に恨んでいたが、恨みの裏の大好きが出た。大好きだから恨んでいた。大好きな母のイメージ。涙がいっぱい出た。
真っ暗な中に光を求めて歩くイメージが出た。以前も暗闇のイメージが出ていたが、なんだか分からなくてフワフワしていた。着地すれば楽なのに・・。今回やっと着地できた。「母が好き」が出てきた。歩き出した。前は歩けなかったが今回は歩けた。何も見えずに、ひたすら泣きながら歩いていた。いくら歩いても光は見出せない。暗闇は怖いからただ泣きながらずっと。声を出す元気もなく涙を流しながら歩いていた。
ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

362 おっとりとした感じが自分にしっくりくる

img_1762

セミナーから帰ってからの気づきについて
ふと電車に乗っている時に、私は今まで何かと戦って生きてきたなと思いました。集団セッションをするときも、誰よりも怒り、誰よりも悲しみ、誰よりも成果を上げねばならないと躍起になっていました。自分のことを解決するためにセミナーに行っているはずなのに、誰かに評価されることを優先していたのです。普通に生活していたら、誰かと戦ったりする必要もないのに、なぜ誰かに勝つことばかり考えていたんだろう?それは、母に本当の意味で認めてもらってないからだろうな、と思います。
今のところはセミナーのときほどではないですが、結構のんびりしています。おっとりとも言いますか。そっちの方がしっくりくるし、本来の自分なのかなぁと思います。昔は、よく所作が遅くて母に怒られていました。幼稚園の時は、他の子供よりも行動が遅かったので先生を含めてクラスの殆どの子にいじめられていました。怒られたくない、母に認められたい!と思い所作を早く(それでもほかの人よりも少し遅いくらいですが)、焦って生きてきたのが、辛い原因の一つでもあるのかなぁと思います。日常生活に支障が出ない程度にのんびりやります。そちらのほうが穏やかですし、気が楽です。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

361 職場の上司に嫌な奴が・・

img_1766
職場でトラブルがおきた。職場の上司に嫌な奴が居る。とても耐えられないほど嫌。実はそれは、嫌いな母親の親戚関係が自分の心に影響したものだったということがわかった。
セッションで母親への恨みを扱った。恨みが十分に出た。小さい頃に母親から支配されていた。操り人形じゃない。お前のせいでこうなった。どうしてくれるんだ、人生返せと。母親をやっつけた。
今度は情けない自分が出てきた。情けない。初めてだった。自分をやっつけた。しかし母親よりしぶとい。何としてもやっつけたい。生まれて来なきゃ良かったのにと自己否定した。でもこんな奴決別したい、こんな自分なんかいらない、消えてしまえ。そのうち駄々こねて、やだやだと夢中でやった。こんな人生もういや、いらない、母親も親戚もいらない、消えて仕舞えばいい。バタバタしながらやっていた。
悲しみが出てきて、泣いてしまった。なんで泣いているか自分でも分からなかった。なぜかなと思った。少し心地よい気分になった。人は自分で生きるんだと思った。自分の足で歩くんだと思った。素晴らしいことだと気付いた。
そして次のセッションでは、母親の良いところも思い出した。意外だった。自分は母親に愛情深く扱われたこともあった。そのことを思い出した。自分は小学校のとき病弱でよく休んでいた。学校は行く気にもならず好きでもなかった。理由をつけて行きたくなかった。喉が痛いなら休め、咳が出るなら寝ていなさいと、母は自分のことを匿(かくま)ってくれた。
母親への恨みが消えたわけでは決してない。しかし母親の全体が見えた気がした。生きる元気が出た。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ