投稿

145 阿闍世コンプレックスの怒りは激しい

 

阿闍世IMG_1267コンプレックスの怒りは激しい。これをベビーブレスで体験する人は少なくない。心の傷が深く、勇気がある人は体験する。幼い自分とりわけ胎児期の自分にとって、母は、自分とひとつであり、全世界である。その母が自分の命をないがしろにした。そのことへの怒り。母を殺し、自分を殺し、世界を殺す。その怒りを見据えてほしい。怒りの本質を観てほしい。激しい怒りに翻弄されず怒りを抱きしめてほしい。そうして初めて、隠し抱えていた心の傷の本体を観る。傷の全体を観る。体感できる。「そうだったのか」。深い洞察を得る。浄化が起きる。失っていた人生 を取り戻す。

 

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

119 「この子さえいなければ・・」と思ったことがあるのを忘れている

IMG_1218

自分自身の子供を堕胎した事実さえ忘れていることがある。記憶にないことがある。悪人だからではなく、それに耐えられないからである。生まれて今は立派に(肉体的には)育った子供も、その子供が自分のお腹の中にいるときに、「この子さえいなければ・・」と思ったことがあるのを忘れていることもある。
一方で、ベビーブレスなどで、心の傷の深い部分に入って行った際に、母親が自分の妊娠を望んでいなかったことをに気がつき、今まで自分を苦しめていた傷として納得し、その傷の大きさに圧倒されることがある。
後者の重大さを体験することは起きやすい。しかし、前者のことの重大さに気が付くことは、起きにくい。まるで他人事である。2つには大きな大きなアンバランスがある。被害者としての傷の大きさには耐えられても、加害者としての罪の意識には耐えられないのかもしれない。だからまず、自分の心の傷を徹底してやる。そして、阿闍世コンプレックスの重大さを十分に理解する必要がある。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

113 思い出した殺意 1/2

IMG_1211

セッションが進み、思い出してきたことがある。はっきりしてきたことがある。怒りを許し、悲しみを許し、自分自身の死の恐怖に向かい合う作業をはじめ、そして、記憶の固い蓋が緩んだ。私のお腹にいた娘に対する拒否があった。さらに昔、19歳の時に堕胎していたことをはっきり思い出した、話せないことだった。殺意だった。自分へも殺意があった。その奥には母が持つ殺意があるだろう。
<母の結婚生活は幸せではなかった>
母の結婚生活は幸せではなかった。私がお腹の中にいる時、母は「あんた(胎児の私)さえできなければ」と思っただろう。毎日飲みに行っては帰ってこない夫。飲んでは暴れる夫。妊婦の母が家政婦のように奴隷のように扱われていたらしい。
<母の殺意>
きっと母親の中にも殺意があるだろう。私を真っ暗な押し入れに閉じ込めて、どんなに泣き叫んでも、どんなにお願いしても、どんなに謝っても出してくれず、また違う日には怒り狂って私のお尻をミミズ腫れになるまで叩いた。母の手が痛くなると、手の代わりにスリッパに替えて叩かれた。
そして、弟も同じ様に叩かれているのを、弟を叩いている時のあの鬼の様な狂った母の顔を、私はジッと見ていた。今でも思い出す。狂った母の顔を。

<本当の気持ちは言えない、絶望感、怒り、自傷行為、閉じる感じ、物凄い怒り>
私は本当の気持ちを言ってはいけなかった。絶望感、怒り、その怒りを鎮める為の自傷行為、どうせ私なんか…と自分を閉じていった。自分の無力さ、本当は傷ついているのに平気な顔をした。それが限界に達すると、私は母親に対して爆発した。地球、いや全宇宙を破壊してしまう程の物凄い怒りを感じた。
<堕胎:罪悪感がない>
今までグループカウンセリングで話さなかった事を思い出してきた。それは私が19歳の時に子供を堕胎したこと。初めはエコー写真を見て「誰に何と言われようと絶対産む!!と決めた。なのに、母親にも彼氏にも産む事を反対された私は、あれだけ「産む!!」と決めていたのに、すぐに平気な顔をして堕胎した。その時は何の罪悪感もなかった。
<母の反対に従う>
でも、本当は本当の私は産みたかった。彼氏というよりも母親に反対された事が何よりも悲しかった。私1人だったら何もできないと思った。母親に反対されるなら、母親に私を拒否されるなら、私の本当の気持ちを無くしてしまえ。そうすれば丸く収まる。きっと母に従えば私に優しくしてくれるから。と小さい頃から自然と学んできたんだと思う。
<自分と胎児への殺意>
私が罪悪感もなく堕胎したという事は、私の中にある殺意で自分自身を殺し、実際に子供を殺したんだ。自分を利用し、子供を利用し、何の罪悪感もなく平気で殺したんだ。そんな恐ろしい殺意が私の中にある。
続く

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

98 古沢平作の「阿闍世コンプレックス」

古沢2

日本に精神分析を導入した。フロイトと書簡のやり取りがあった。気難しいフロイトに珍しく「東洋の友」と親しく呼ばしめた。体内の自分の命を否定(堕胎など)しようとする母に対し、産まれる前から殺意(未生怨)をもつことがあり、これが究極の罪悪感を生む。命の大恩がある母親への殺意と罪悪感が相争い、根本的な葛藤となる。仏典に似たような話として「阿闍世(アジャセ)王」の物語があることから、阿闍世コンプレックスと名付けている。門下に、木田恵子や小此木啓吾(ともに故人)。

ベビーブレスでは胎児期と思われる記憶が蘇り未生怨や阿闍世コンプレックスの深みにまで到達するのは珍しいことではなく、むしろ普通である。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

64 子供は私がやれなかった事をやっている

image

子供が学校に行きたがらない。母親の私がセッションを続けて、このごろ感じることがある。子供は私がやれなかった事をやっているのか。私は親からの愛情が十分でなく人生の初期から辛い思いをしている。死にかけで生まれて、どうやらお腹から出て来たくなかったようだ。生まれてからも長い間、親に抱かれていない。その間、母乳ももらっていない。その私が子供を生んだ。平々凡々に。今となっては私の子供への愛情が十分だったとは思えない。私は早産だったが子供は出産予定日より遅く生まれた。待てなかった私は、外から羊水の膜を破って産んだ。その時は十分お腹の中にいたと思っていたけれど、子供は出たくなかったのではないかと今は思う。
子供がなかなか止めない指しゃぶりは、求めた母乳という名の愛情なのか、自分もしていたこと。子供が飲みすぎるコーラも、母乳の代わりのように見える。私は肩に力を入れて頑張ってきたけれど子供は頑張らない。私も、子供のように、フニャフニャでいたかった。もうちょっと力を抜きたかった。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

もっと見る

体験者の記録もみる