投稿

361 職場の上司に嫌な奴が・・

img_1766
職場でトラブルがおきた。職場の上司に嫌な奴が居る。とても耐えられないほど嫌。実はそれは、嫌いな母親の親戚関係が自分の心に影響したものだったということがわかった。
セッションで母親への恨みを扱った。恨みが十分に出た。小さい頃に母親から支配されていた。操り人形じゃない。お前のせいでこうなった。どうしてくれるんだ、人生返せと。母親をやっつけた。
今度は情けない自分が出てきた。情けない。初めてだった。自分をやっつけた。しかし母親よりしぶとい。何としてもやっつけたい。生まれて来なきゃ良かったのにと自己否定した。でもこんな奴決別したい、こんな自分なんかいらない、消えてしまえ。そのうち駄々こねて、やだやだと夢中でやった。こんな人生もういや、いらない、母親も親戚もいらない、消えて仕舞えばいい。バタバタしながらやっていた。
悲しみが出てきて、泣いてしまった。なんで泣いているか自分でも分からなかった。なぜかなと思った。少し心地よい気分になった。人は自分で生きるんだと思った。自分の足で歩くんだと思った。素晴らしいことだと気付いた。
そして次のセッションでは、母親の良いところも思い出した。意外だった。自分は母親に愛情深く扱われたこともあった。そのことを思い出した。自分は小学校のとき病弱でよく休んでいた。学校は行く気にもならず好きでもなかった。理由をつけて行きたくなかった。喉が痛いなら休め、咳が出るなら寝ていなさいと、母は自分のことを匿(かくま)ってくれた。
母親への恨みが消えたわけでは決してない。しかし母親の全体が見えた気がした。生きる元気が出た。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

332 全体とポイントで統合へ

img_1701

グループカウンセリングの現場で、話がバラバラな時には統合をする努力をすることが大切。本人も、その場にいる人も。その過程で徐々に意識に統合が起き改善が生じるから。
数少ないいくつかの一見バラバラな話をすることがある。その短い時間に、そのいくつかの話を選んでしたのは、その本人であるから、それなりの意味があると思われる。その隠れた意味を探るのが重要。見えない糸でつながっている、その糸を見つけようとすることが重要。そのためには全体を見る必要がある。
例1
ある人は3つのバラバラの話をした。職場で同僚と口喧嘩をしたが、いつになくやり返すことができた。自分もそろそろ結婚をしたいが自信がない。自分がリーダーである職場の売り上げを伸ばさなければならない。(後半の2つは珍しく積極的な雰囲気だった。)3つの話には表面的にはつながりがない。しかし全体をまとめてみると、実は、同僚にやり返すことができたように、自分がより積極的になることができれば、結婚もでき、売り上げも伸ばすことができるのではなかろうか。それができていない自分がじれったい。あるいは、できそうな自分がうれしい。これが隠れている意味、隠れている糸なのかもしれない。
たくさんのバラバラと思われる話をすることもある。真の感情は乏しい。たくさんすぎて全体が見えにくい。隠れた糸が複雑で、見つけにくい。そういうこともある。多弁で(極端な無口よりも助かるが・・)、話がまとまらない、順序だてて話ができない。整理して話ができない。でも本当に言いたい事はそんなにたくさんはない。多分1つのはず。ポイントは1つ。そのことに意識を向ける。そうすれば感情とともに表現できる。その感情が重要。感情伴うその中心的なポイントとともに、周りがまとまっていく。全体がまとまる。統合へ向かう。
例2
ある人は、職場の話、家庭の話、仲間の話、親子の話をする。話が広がりすぎて全体は見えない。その中で職場の話のときに感情がやや見られた。職場の部下に(その人の)母親をおもわせる女性がいた。そこで、そのことを中心に話をしてもらう。はっきりした感情が見られるようになる。やがて全体を見通せる一本の糸が見え隠れし始める。そうして全体がまとまる兆しが表れる。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

96 経営者の苦悩・疑似家族

2016-03-04 13.09.11

中小企業の経営者がよく陥る悩みがある。暖かい家族的な企業にしようと懸命に努力する。その中身を見てみると、満たされなかった自分自身の幼少期の家族関係を修復する努力である。その努力は、対人関係の中で行われる。社員を何とか救おうとする。何とか変えようとする。こころから苦悩する。そして失敗する。実はその努力はもっぱら本人の心の中で成就されなければならない。忘れさられがちである。分かっていてもとても難しい。家族には無力であったが社員には何とかなりそうな気がする・・・・・・?。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験