投稿

148 娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感3/4その8

IMG_1265

<<娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感>>
母や自分の正体が知りたい3/4その8
<娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感>
生を望み、生を諦め死を選び、それでも結果的に生きてしまった。死の恐怖も知っている。母の殺意の恐怖も知っている。生きているから、生きる事も知っている。物凄く怒りながら、訳も分からず狂いながら生きてきた私には子供や人を、そして母の弱みに付け込む事や脅すには十分な材料だ。
そんな気持ちで娘にやってしまった。娘に味わわせてしまった。そして、味わわせている。心の奥から、湧き上がってくる。悲しさのようなガッカリなような、もう取り返しのつかない物凄い罪悪感。娘に(私自身が)グチャグチャに殺されても、色んな殺され方をしても、バラバラにされても、それでも済まされない物凄い感じ。当然の事だ。やってしまったんだから。
<プレゼントされてはプレゼントし・・・>
私も母もそして娘も似たような所がたくさんあった。不思議。でも、当然なんだろうなぁ~と思う。プレゼントされては、プレゼントし・・・。をずっとやってきたんだから。
<正体は殺人鬼?>
母の正体もきっと?きっとじゃなく、怒り狂った殺人鬼なのかもしれない。脅しの天才だ。本当は、生も死も良く分かっているのだ。悪びれる事もなくやってしまうのだから。楽しんでるように脅すのだから。色んな感情がどんよ~りと漂っている感じがする。

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

114 思い出した殺意 2/2

IMG_1213

<一人娘である胎児への拒否>
その後、私が現在の一人娘を妊娠したと分かった時、それは、それは大喜びした。大喜びだったはずなのに、つわりに耐えられず泣き、旦那とのセックスも自分が満足するようにできず、“お前(娘である胎児)がいるからだ。お前がお腹にいるからだ。お前のせいだ。私が好きなように出来ないからお前なんかいらない”と思った。大きなお腹を押さえながら思った。そんな気持ちを誰にも言わなかった。
<死:恐怖と望み>
陣痛中、経過が順調で、助産師さんに「(お腹の子は)よく分かってる子ですね。」って褒められたが、全然嬉しくなかった。だって陣痛が痛すぎて陣痛室から飛び降りる事しか考えてなかった。そうやって死を避けている私が、死ぬ事が怖い私が、何かある度に“死”を考えていた。
<セッション:母への憎悪から胎児への憎悪>
娘の育児に行き詰まった。娘を自閉的にしてしまった。セッションを受けるようになった。セッションでは「母親に対する憎悪や怒りをやらなくてはいけない。」と言われ、母に対する憎悪や怒りを思い出していくうちに、フツフツと怒りが増すにつれ、娘が胎児だった時の娘に対する憎悪や怒りも蘇ってきた。
<可愛いという気持ちと殺意の同居>
ベビーブレスのセッション中で、娘が可愛くて、可愛くて、「大好き~」と抱きしめていたら、それがいつしか憎しみに変わり、それでも大好きという強い気持ちと憎しみで娘が潰れるまで、潰れても強く抱きしめたあの感覚を今でも忘れない。そう、きっと殺意だ。私の中にある殺意なんだと思った。
<娘の自閉は母からのもの>
娘は自閉的だ。娘の事を思うと本当に悔しい。お前(母親)のせいだ!!自分の感情のままに子供(私)を従わせ、子供(私)は絶対母親を裏切らない事を利用したんだから。母もきっと、どこかでその事を感じ知っていたんだろう。子供(私)は裏切らない、絶対裏切れないという事を。
私は、母に従わなければ、母に(感情の交流を)シャットダウンされた。その悲しみ。そのため私自身も自閉的になってしまった。そして育児をうまく行えなかった。私のために娘も自閉的になってしまった。
<今もある、言ってはいけないという気持ち、破壊的な怒り>
今でも、私は本当の気持ちを言ってはいけないという気持ちがある。“本当はどうしたいの?本当の気持ちは?大丈夫だから言ってごらん”と、悩んでいる時に自分に問うと今でも涙が出てくる。
本当の気持ちがいえないだけでなく、何で罪悪感もなく、なぜ堕胎ができたのか…。何でこの堕胎の話をあまりしなかったのか…と、瞑想をしながら、日々のご飯を作りながら探っている。
怒りは今も完全には消えていない。その破壊的な怒りと憎しみを出す事でどうなってしまうか…。恐い。本当に恐い。恐いけど、ここを探って味わっていかなければいけない!!と強く強く思った。娘の為にも。そして、自分自身を本当に知る為にも。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

66 ママ嫌いママ好き

IMG_6167

ふたりめの孫ができた。お兄ちゃんのほうは2歳と少し。新生児の妹に母親を独占され、ただでさえ少ない愛情がもっと少なくなってしまった。このお兄ちゃんを連れて公園の砂場で遊ばせた。砂遊びセットのおもちゃを使って、砂型を作った。コアラのママと赤ちゃんの砂型。お兄ちゃんが突然赤ちゃんの部分を指で潰した。砂型を次々に作っても、次々につぶした。そのうちママの部分もつぶした。やがてママも赤ちゃんもむしゃむしゃにつぶした。砂型を作っても作ってもつぶした。その晩、お兄ちゃんは母親に甘えた。いつもと違ってとげとげさがない、柔らかい甘えだった。Babyブレスではこれと同じことが大人の心に起きる。

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験者の記録もみる