投稿

母が小さいときの私にしていたのと同じ|私も母の言うことを聞いていない|セラピーの現場から(554)

セラピーを始めて、いろいろなことが理解できるようになっている。母を理想像に近づけようと必死に努力した。母が怒ると面倒なので、かなり無理をして母を褒めたり肯定したりしていた。でもこれは、かなりのストレスで、不自然なことだと思い始めている。
そうやって褒めていたからか、母は私に甘えてくる。本当に子供だ。私も以前のように邪険にはしないが、(母の言うことを)聞いてもいない時が多い。母が小さいときの私にしていた態度と同じだ。もし自分に子供がいても同じことしていたと思う。恐ろしい。

*******************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

 

自社施設紹介

子供への意識がなかった|回復途中で気が付く|セラピーの現場から(523)

 

子供との関係性に悩みセラピーを受ける。子供自身の問題というよりも、母である自分自身の問題に、始めはいやいやながら、気が付くようになる。そうこうするうちに、自分自身が、自分の母親に同じように扱われたことに思い至るようになる。ことの全体が観えてくる。徐々に自分自身の傷がいやされるようになる。子供の問題も少しずつ、知らないうちに、よくなってくる。そのような時期に、はっと気が付くことがある。アルバムや、子供の使わなくなったおもちゃ、子供がむかし学校で作った作品、などなど。何ということはないありふれた品々。心を打つ。涙さえ出る。今まで気が付かなかった。子供への意識がなかった。子供と十分に相手をしていなかった。どうしてそんなことができたのだろう。後悔と、すがすがしい気持ちとが、入り混じった気持ち。自分のこころに何が起きたのか、説明しろと言われても難しい。でも、そういいうこと。間違いなく、何かが起きた。

 

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

せっかくの大きな気づきからつい逃げてしまうのはなぜ?|心理セラピーの現場から(507)

心理カウンセリング等の心理セッションを続け、大切な気づきに次々と出会うと、実生活もいろいろな改善が起き、順調に進みます。それに伴い心理セッションへの意欲も出て、もっと進みたいと思います。そして、徐々に大きな気づきがあります。往々にして、心理的に生存にかかわるようなことです。いよいよです。
大きな気づきがあったときに、そこから逃げないことが大事です。長い間その気づきと一緒に居られれば、徐々に、自然に癒しが起き、大きな成長が起き、物事は進んでいきます。ところが、よくあることなのですが、いつの間にか、逃げてしまう。忘れたり、乖離(かいり)が働いたりします。大きな気づきは辛さを伴うためです。その辛さと一緒にいられないのです。
そして、前の大きな気づきはまるで無かったようにして、次の新しい気づきを求めるようです。ところが、また別の大きな気づきがあると、また逃げてしまう。そのようにして繰り返しが起きる。繰り返しているだけでなかなか前進しない。そんなことがよくあります。気づきはまるで漢方薬。苦い(辛い)けれど、徐々に効く。なんとか吐き出さないで。なんとか逃げないで。

*******************

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

 

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

 

474 理解しようとしている

hana13

職場には一緒に組んでいる男の人がいる。去年も組んでいた。この頃、その人をそのまま受け取るようになった。
前は「ここは何でできないんだよ」と思ったりしていた。転職してきた人で色んな人から「プライドが高くていい加減なところがある」と言われていた。ビシッとしない。なんとなく嫌だった。
この頃、私の見方が変わってきた。そういえば私も似たようなところがある。彼なりに頑張っているというのも見えやすくなった。自分も、緊張しやすいし自分の事を話すのも苦手でいるが、頑張ったとか成長したとか感じられるようになってきて、その経験もあって、彼のことを今は嫌でない。彼の弟の話を聞いた事がある。弟が「大学に行かない」というので…困っていると。母親の心配もして彼は「調整役」をしている。長男で大変なんだなと思った。中学のころは荒れたともいう。彼をそのまま理解しようとしている感じがする。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

473 私は逃げない

35

お父さんも聞いてくれなかったじゃないか、逃げてばかりで、最後は本当に逃げた(家出し離婚した)し、祖母(父の母)もあんなに学童の送り迎えもしてくれたのに私に向いてくれなかったでしょ。祖母はおかあさんの事をあまりよく思っていないようで(私のことを父の子じゃなく)「おかあさんの子でしょ」と言っている感じがしてきて、「何で結婚許して子供を産んだんだ」と怒りが出てきた。祖母とお父さんはセット。二人して繋がって逃げて行って、何も話さないでおいて行って「ずるいだろう」と。「私は逃げないぞ」と。「逃げないでちゃんと自分の事を言うし、話せるんだぞ」というのが湧いてきて。
ベビーブレスを知らなかった今までは、つながりとかを捨てられたくない気持ちで、真実を知りたくなかったけど、今は、自分の本当の気持ちでいるから(お父さんに)会ってみたい。(父母のどちらが)良い悪いは置いておいて、真実を話せるのが大事だから(お父さんに向かっても)「逃げないで行くぞ」という気持ちが湧いてきた。そしたら穏やかになって、そんなに怒らなくても大丈夫だなと。穏やかな気持ちでスーッと横になれた。
私の子供の頃を思い出して、そう言えば、私が寝ている間にお母さんが買い物に出ちゃって、起きたら誰もいなくて、慌てて探しに出た事があった。アパートに住んでいたから(近隣の人に)保護されて一緒に待っていた。いざお母さんが帰ってきたら安心したけど、「怖かったね」とか聞いてくれなかったなと。それよりお世話になった近隣の人にペコペコしている。私より人に気を使っているんだなと、じんわり思い出した。でもお母さん、見捨てないでいてくれたなという気持ちもあって、大変だったなという気持ちもあるけど・・・。関係は親子でいてくれてそこは有難うという気持ちが出てきたけど・・・。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

415 いいことずくめ

img_2037

今までのセッションを振り返って。ベビーブレスしていいことずくめです。してなかったら死んでいたかも。仕事もしていなかったかも。人間関係もよくなった。核心ついたことが言えるようになってきた。何が良くて悪いかがわかる。人間関係は随分うまくいっている。どんどんやりたい気持ちがある。人を暖かく包み込んでいけるようになりたい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

397 サンドイッチと木々

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%9702
セミナーでは深い気づきがあった。その帰りは、朝早くで、そのまま車で職場に向った。車の中で食べられるようにと作ってもらったサンドイッチは、すぐに食べるのがもったいなくて、膝の上に乗せたまま運転していた。
感情の動きが大きく、その影響が残っていたため、運転に自信がなかったので、少し一般道で走り、しばらくして高速のインターへ乗った。思い出して、泣いては、泣き止み、を繰り返しながら職場近くのインターから降りた。
途中もったいないと思いながらも、サンドイッチを食べたくなって、半分食べた。噛み締めながら食べた。美味しかった。ふと窓の外を見たら、木が、食べている私の姿を見ていた感じがして恥ずかしくなった。山を見たら山もこちらを見ている感じがして、泣けた。目の前の木々や山たちに包まれている感じに見え、また泣けた。シンプルなサンドイッチでしたが、本当に美味しかったです。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

359 そのことがわかって嬉しかった

img_1750

子供の頃、自分の容姿のことで親や姉妹からひどい差別を受けてきた。諦めることで乗り越えてきた。子供は義務感で育てた。「ねばならない」で育てた。その子供に問題がおきてきた。セッションを受けると、縮こまって、咳がでて、体が冷たくなる反応がでた。その反応の正体はなにか。自分の存在をなくして生きてきた。そのことがわかって嬉しかった。諦めは宝じゃないかと思った。
でも心の奥底では本当には諦めきれず、求めていることに気がついた。認められたかったんだと。そうしたら経験のない程心臓がバクバクして来た。悲しい感情が出た。その次には怒りが出せるようになった。爆発するような怒りも出た。悲しい感情や怒りの感情が出せるようになって自分を回復し始めている。今まで諦めていた自分に対する愛おしさがあった。
まだまだ自分の気持ちを素直に言えない部分がある。十分に言えるようになれば、そうしたら、母をせるようになれるのかな、と思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

358 セミナーから帰って要らない服を捨てた

img_1763
セミナーから帰ってきてから、すぐに要らない服をゴミ袋2つ分捨てました。前は「いつか使えるかもしれない」と思い捨てられなかったのですが、あっさりと捨てられました。いい意味で、物への執着が少なくなった気がします。必要なものと不要なものの区別が少しですがついてきた気がします。
ただ、母の好み(自分が同化していた)から自分の好みに移行している時期だからか、服や靴は買ってしまいます。母の好みに合わせて買っていたものがしっくり来なくなってしまって。母の好みで買った服や靴は捨てるなり売るなりして、自分の好みで買ったものは残そうと思います。
私は片づけられないダメな人間だ!と思い込んでいたので、あっさり服を捨てたり本を片づけられたときは、正直驚きました。これから少しずつ片づけることに慣れていこうと思います。
他にも(変化は)あるのですが、そこまで重要ではないのでまたメールします。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

350 努力なしでできている

img_1737

セッションでは小さい子供の駄々っ子をやっている。それを自分でぐにゃぐにゃと呼んでいる。駄々っ子のように体をぐにゃぐにゃするから。そのぐにゃぐにゃを続けていたら、最近、努力なしで良いことが起きてきた。
まず、自分がピリピリしない。今まではピリピリしてきたなあと思い出しながら生活している。とにかく楽。良いのかなと思っているほど。こんなに緩くていいのかと。あまり調子が良くて、いつか、元に戻ったらどうしようと心配になるほど。
以前は人間関係で、職場の部下が失敗はしないかと気にするばかりだったが、実は、他の人から、自分の方が気にしてもらっていることに気が付くことが多い。自分が気にしていたので、自分を気にしてもらえていたのが分からなかったのかもしれない。くすぐったいけど嬉しい。
そして、自分がいつの間にか自然に人のいいところに目が行き、それに声をかけて、その人が嬉しそうにするのに気が付く。褒めて育てることが大切と理屈では知っているが、今まで、やろうとしても難しかった。今、努力なしでできる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

317 感じる事を表現していきたい

IMG_1664

私は言葉で表現するのが苦手。人のことは良く感じることができ良くわかる。自分のことも理解しているつもり。感覚はいいと思う。でも、どちらも、うまく言葉にできない。表現できない。表現しないで、その代わりに我慢して頑張るのが、私のクセ。私の生き方。祖母も母もそう。何か重要なことがあっても、表現しないことで、ない事にしちゃってる気がする。ない事にしてきた。
何か人とのトラブルがあると「無視」してしまう。交流を断つ。トラブルの陰にある何か重要なことを、本当は、相手に伝えなければならない。でもできない。表現できない。言葉にならない。
自分自身のことも同じ。言葉にならない。表現できない。だからグループカウンセリングは苦手。伝えたい何か重要なことがあったはずなのに、自分の話す番になると、頭が真っ白になり、言葉が出ない。まるで「無視」と同じ。
「無視」で重要なことがなくなったわけではない。「あった」ことを知っているからこそ「無視」してきたのだろう。「ある」ことを今も知っているからこそ今も「無視」が起きるのだろう。
「無視」せずに表現できたとすると何が起きるのだろうか。ぼんやり想像するに、それは「死」にかかわることかもしれない。
私は「人間になりたい」と思う。それがベビーブレスの動機。私の中に隠された重要なことが「ある」ことを知っていたからこそ。なかったら「人間になりたい」と言わないと思う。
感じる事を表現していきたい。表現することで、周りの人との関係が作れる。繋がれる。そうして、生きていきたい。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

301 どうして:訳をしりたい⇔ああいやだ

IMG_1636

ベビーブレスで、あることを思い出す。幼少期のつらい体験。あまりのつらさに「どうしてだー」と思う。「どうして」そんなつらい目に合うことになったのか。事情を知りたい。事実を知りたい。訳を知りたい。その体験が自分の人生を解くカギを握ると思う。大きな手掛かりになる。さらに思い出す。そうして自分自身の謎を解き明かす。成長が続く。
ところが、そのすぐ脇には大きな落とし穴がある。落とし穴に落ちることがある。「どうして」そんなつらい目に合わなければならないのか。不合理だ。自分だけ不公平だ。理不尽だ。ああいやだ。そんな体験がなければよかったのに。思い出さなければよかった。そうして、思い出した内容を受け入れるのにしばらく時間がかかる。やがて受け入れが起き、内容を消化し、落とし穴から這い上がる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

300 何回か見ているはずなのに今になってわかった

IMG_1616

気が付いたことがあります。先日、子供たちの学校の通知表が出てきました。通知表などは何回か見ていたはずなのに、ある時期の先生の記録に「○○(息子の名前)君らしくなく、集中力がなくボーッとしていたりしている」とあったのです。つぎの学期には(普通の内容の記録に)戻っていましたが。ちょうど私が仕事につき始めたときです。ハッと、胸をつかれました。当時も含め何回か見ているはずなのに、記憶がありません。今になってです。
あのころ仕事を始めることをちゃんと子供たちに話しただろうか?母の看病に行くときも子供たちの気持ちを感じていただろうか?悔やむことしきりです。自分のことしか見ていなかったと痛感しています。母親から私が受けたことと同じかもしれません。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

297 仲間にシェア

IMG_1644

セミナーが進むと、はじけて、人生で初めてのような歓喜やエネルギーを感じるようになる。そのときセミナー仲間にシェアしてほしい。シェアすれば喜びは増えるのだから。自分への励ましになる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

255 自然がある事さえ気づかなかった

IMG_1541

苦しいことがあり、人間になりたかった。ベビーブレスを受けた。

初めてのブレスの後、帰りの車からの空が広かった。空がある事、木がある事、花とか自然がある事さえ気づかなかった。車の外へ出た。降り積もる雪と風が吹いて木々が揺れる。自然と溶け込んで、気が付いたら1時間も遊んでいた。子どものように。自分を取り戻しつつ…

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

232 大きな気づきの後の中休み

IMG_1479

大きな気づきがあった後は、中休みが来る。次に行きたいような気持ちもある。他方、怖いような気持ちもあり、このままいたい気もする。そんな時は、無理せずに、次に行きたい気持ちが起きてくるのを待つ。頭で考えて無理をしてしまうことは避ける。忘れてしまうこと、逃げてしまうこと、それがなければ、物事は自然と次に行く。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

231 つながりのない複数の話

IMG_1485

グループカウンセリングで話をしてもらう時に、表面的にはつながりのない、複数の話になることがある。しかし、その複数の話が並べて話されることで、無意識のうちに、何かを伝えようとする、何かを表現しようとする。そこがとても大切。心の深い部分をなんとか表現しようとする動きがある。
例えば、ある人が①乳児期に保育器に入れられた。ベビーブレスで、そのことについて残虐な扱いを両親からされたイメージが湧いた。②ベビーブレスでは自分にも隠れた残虐性があることが分かった。③父親にも自分と同じような残虐性があるように思える部分がある。父親も自分と同じように己を抑え苦労して生きてきた。④これらのことが分かった後で、職場では自分の冷淡さ(残虐性)が減少し、人に厳しくしないで済むようになってきた。
これらの4つの話がつながらないまま並べてなされた。無意識に伝えようとすることは以下のことのように思われた。父親の残虐性の事情が、己を抑え苦労して生きてきたことと併せて、理解できた。このため間接的に、同じような自分の残虐性の謎が理解でき、自分を許すことができた。謎が解け、自分を受け入れることができ、そうして人に厳しくしなくなってきた。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

191 この世につながった

IMG_1392

大きな気づきがあったとき初めてこの世につながったと感じる。
何度かある。そのたびに同じ感覚になる。同じ味、匂いのような・・。不思議。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

186 許せない人

道徳的なこととは違う、事実を見る辛さの話。
子を捨てる親がいる。物理的な子捨て、のみならず心理的な子捨て。捨てられた子側からの話。捨てられた辛さを無かったものにして、忘れて、懸命に生きる。しかし自分の人生の気がしない。自分の人生を取り戻すために、思い出す。辛さも思い出す。とても辛い。
しかし、それだけではない。事実を見る作業を進めると、やがて、子を捨てた親の辛さも体験することになる。捨てたのは、生活をするために、経済のために、やむを得ない選択。心理的にやむを得ない事情。
だから道徳的に自分を納得させて諦めろということではない。全く逆。辛さを2人分体験するという話。捨てられるだけでも辛いのに、捨てる側の辛さも合わせて体験する。真摯に自分の傷に向き合う人は体験する。母親は、血肉を分けた親子の情を、経済的な理由から断ち切る。愛情の少ない親でも、血肉の情は持っている。あなたをほんの少しでも育てたのであれば、それはある。あるのは事実。それを切る。残酷な話。辛さ、悲しさの2乗。
ただでさえ許せない人の、その人の辛さも、引き受けることになる。その人が仮に無意識のままであっても・・。その「辛さ」を引き受ける人は、本当に強くなる。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

IMG_1370

184 ちっちゃい息子がニヤッと笑った

瞑想して2歳少し前の頃(正確には1歳8ヶ月)の自分が出てきた。おしゃぶり人形を持って立って大泣きしている。隠されていた本当の自分。悲しみの自分。弟が生まれた頃だった。弟を世話している母が、自分のところに来ない。私は弟を殴った。母親にバシッと切られた。大泣きしている。母に心の中で捨てられたのだ。そいう記憶が蘇った。

ところが、この2歳少し前の頃の記憶が出てきてから、自分の子供(T男、同じく2歳少し前)が可愛い。完璧さを求める気持ちが消えた。ふっと思う。T男に「自分も我慢してきたんだから、我慢しろ」と思う自分と「可愛い」と思う自分がはっきりしてきた。悪い方(「我慢しろ」)を否定してきたが、悪い方もありだなと思える気がしてきた。両方があってこれが私だという気がしてきた。はっきりしてきた。
そうしたら私の気持ちに余裕ができた。T男に「さっきはすみません。八つ当たりしてすいません、これは私の問題でした」というとニヤッとする。分かっている顔だ。本当に自分の話をしようとすると、本心を言おうとすると、T男は私の顔をよく見る。心が通じる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

IMG_6806

165 臭みと旨味の不思議

IMG_1310

臭みと旨味の不思議
不思議なことがある。魚を美味しく煮付けようとして、臭みを取るために、日本酒や熱湯を使いすぎると、味わいがなくなり、何の魚だか分からなってしまう。美味しくない。そして、本来は臭みであっても、ほどほどにあることで、それが魚の味わいになる。

他方、臭みが十分に取れないと、魚臭くなってしまい、下手な料理になる。同じ魚なのに・・・。
人にも不思議な似たことがある。同じような心の傷を持っているAさんとBさんが居る。Aさんは自分の心の傷に気がついていない。傷に振り回されていて、それが傷のせいだとは気が付かない。Bさんは自分の心の傷をよく知っている。自分にはこんな傷がありそのためにこんなことをしてしまう、と話すことができる。Bさんは人間味があり話していてとても気持ちが良い。Aさんには誰も困ってしまう。「A」さんが、カウンセリングやセラピーをうけて、「B」さんになることはよくある。当たり前のようで、不思議、不思議。

お試しの「無料カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

156 なるほど~そういう事だったのか3/4その10

IMG_1277

<なるほど~そういう事だったのか>
母や自分の正体が知りたい3/4その10

まだまだ自分の正体など納得できていませんが、中間報告です。
今回の一連のブログで公開する原稿を作っていて、発見があり、納得する事が本当に多かったので、その事に対してはとても満足しています。今までを振り返って、少しずつ、なるほど~そういう事だったのか、と思う事がたくさんありました。
言葉に出す、文章に書く事の大切さを改めて実感できました。 まだまだ知る事が、知らなくてはいけない事があると思っています。さらに探っていきます。少しずつ自分の本当の姿になれるように、やっていきたいと思います。

お試しの「無料カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験https://accord-all.com/impressions/

144 怒りとともに誕生し宇宙も壊し死す怒り3/4その7

IMG_1257

母や自分の正体が知りたい3/4その7
<怒りの究極=自傷:生死を見る>
怒りの為の自傷行為。怒りを抑える為でもあったが、怒りの究極のような生死を見る為に必要な行為だった。諦めの感じで死を見る為に自傷し、血を見ると生きたい願望と、生きている実感で安心する為の自傷。後々、自傷した所が痛いのも傷を見るのも気持ち良かった。(自分の場合)カッターや、カミソリでは自傷しない。スーってだけで終わって物足らないからだ。そして、本気で死ぬ為の行為ではないからだ。刃物ではないケド、先の尖ったもの(例えば画鋲や、安全ピン、ハサミ」で何度も何度も同じ場所を行ったり来たりして無になったつもりで自傷する。傷は私自身の鏡のような存在だったのかもしれない。
<宇宙も壊す・怒りとともに誕生し死す・殺人鬼・母も娘も自分自身も殺す・生と死で人を脅す>
そして、この怒りの塊は爆発寸前の星のようにパンパンに膨れ上がり、地球も全宇宙も何もかもぶっ壊す程の怒りの大爆発を起こすのだろう。私の生きる糧なんだ。
この怒りと共に私は誕生したんだから。
この怒りと共に私は死ななければいけないのか・・・。

私の正体は、怒りの細胞で出来た、母も娘も私自身を平気で殺せる殺人鬼?。私の言う事を聞かないと、お前の何もかもを、ぶっ壊すよ?殺すよ?と生と死をチラつかせて平気で脅して人を子供を従わせる奴?しっくりくる・・・。

 

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる

 

より詳しいベビーブレス体験を見る

 

ベビーブレス体験集(本の内容)

 

142 母の温もり…寂しい…

IMG_1256あのセッションから毎日、母の温もりを探しながら瞑想もしています。

表面的な想い出から、全て委ねていた事が当たり前だった頃の安心感・・・。

こんなに母が好きだったのにな・・・。

温かさを感じると同時に、深い寂しさが押し寄せます。

あらためて自分の子ども達にこんな寂しさを与えてきたんだなという懺悔の痛みがつくづくとやってきます。

そして子ども達を心の中で抱きしめています。

温かさを想い出してきてからは、小さい頃から馴染みのあった寂しい所に落ち着き始めたような安定感が出てきました。

 

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

 

87 不思議ふしぎ

image

長い間抑え込んでいた怒りや悲しみを、何とか表現することができるようになると、大きく前進する。しばらくは、前進の時期である。しかし、その後、停滞する場合がある。表現する心地よさのみが先に立ち、表現することだけが主体となってしまう。すると弊害が起きる。前進が止まる。いかりや悲しみのさらに下にあるものに対して、いつの間にか、避けるようになる。この回避を快く思わない人と、回避と仲良くなってしまう人と、二つのグループに分かれる。イヤーな気持ちなのか、イヤではないのか。同じ人間なのに。不思議、ふしぎ。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

86 自分自身で納得

 

クリップボード072

迷っていて、苦しくて、五里霧中(ごりむちゅう)の時には、誰かに助けてほしい、誰かの教えを乞いたい。しかし、教えは[自分ではない]人の言葉、人の理解、人の感覚です。そのため一時的なヒントにしかなりません。その段階が過ぎると、物足りなくなります。弊害も起きます。自分自身で納得したくなります。そのようにして、自分の感覚で進むようになります。はじめて自分を観ることができ、納得し、自分の変化も実感できるようになると、その作業に夢中になります。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる

 

より詳しいベビーブレス体験を見る

 

ベビーブレス体験集(本の内容)

83 人への依存

2016-03-03 10.01.18

例えばカウンセラーへの依存は、長く続くと自分の成長のためには障害になります。
自分の成長が起きる前には、人からの愛情は必要でしょう。その愛情は、仮に本物ではないにしても、魅力的に感じられます。しかし、その状態が長く続くのは、これは依存です。このように人への依存があると、人から受ける評価の内容が重要になり、自分が成長しているふりをしなければならなくなります。裸の自分ではいられなくなります。気が付かないうちに自然とそうなってしまいます。
そのような状態に落ち込んでしまったら、依存の理由を探ればいい。依存には理由があるからです。自分には愛情が必要だ。仮に偽の愛情でさえ、喉が渇いて死にそうなときには泥水でも飲むように、求めてしまう。求める気持ちがあまりにも強いので、人からの肯定的な評価が欲しく、事実ではなくても自分が成長しているふりをする。自分にお化粧をしなければならない。そのことに強く気が付けばいい。
他人への依存から脱出するには、自分の判断や感覚を大事にすればいい。ほんの少しでも自分の成長が起きれば、微妙でも、独特の心地よい感覚があります。その独特の心地よさがもっと大きくなるように追求すればいいです。その追求によって何かが分かったとき、曇り空が晴れ渡るような心地がします。それを洞察と呼びます。本当の成長がやってきます。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

73 甘えは起きてくる

2016-02-09 14.45.32-1

甘えは重要である。自分が本当に甘えられなければ、子供の甘えを許せない。子供を本当に愛することはできない。

しかし自分が甘えることは難しい。セッションで甘えるしぐさ試みたり、ハグしたりすることさえ勇気がいる。勇気を出して「形」を演じる。物足りない。本当のことが簡単に手に入るものではない。甘えられない人は、小さい頃、甘えようとして拒否された辛い思い出がある。今更、甘えようとする事は、再び辛い拒否を受ける恐怖がある。そんなことは二度とできないことかもしれない。

甘えは自分を丸裸にすること。無防備にすること。相手に委ねること。心の中を許すこと。深くリラックスすること。やろうと思ってすぐにできることではない。自分の傷を深く見たときに、はじめて奥にある甘えを許すことができる。そうして初めて、甘えは自動的に起きてくる。甘えるのに努力が要らなくなる。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる

 

より詳しいベビーブレス体験を見る

 

ベビーブレス体験集(本の内容)

 

58 弱さを見せられない

娘のことでトラブルを抱えていたが、自分自身のセラピーを勧められた。

なんで私がと怪訝に思ったが、追いつめられていたので、藁をもつかむ思いで、やった。

自分と家族の関係、自分自身のトラブルに向かい合うことになった。自分の中にある恐怖に入り込むことができた。これらの恐怖を、前は抑えていたが、後になって認識できた。それまでは分からなかった。

外に出れば弱さを見せられないという気持ちが物凄く強かったのだ。自分は弱かったし、そのことを人には見せられなかった。涙も見せられなかった。家族の前でも見せられなかった。

セラピーの後で、女房にハグされた時、泣いた。安心感でホッとした涙。いきなり溢れてきた。不思議な感覚だった。女房にびっくりされた。長い間一緒にいるのに、実際に涙を見せたのは初めてじゃないか、と思う。

そればかりではない。最近は一人になった時、あのセラピーの時の感覚を思い出すと、遠慮なく泣ける。思うに今まで、あの感覚は実は心の奥にあって、悲しくはなるが、泣く事が出来なかったのだ。

今、一人でも恥ずかしいくらい泣ける。心が軽くなった。

素の自分を出すとこんなに軽くなるのかと思う。気持ちが楽になった。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

アコールのブログを見る

アコールの体験者の記録もみる

IMG_6098

47 本当の自分が分からない

私にはホントの自分がわからない。

私の中にはまるで複数の人格があるように感じられる。

誰かに質問されると、尋問されているような恐怖心が生まれ、ある人格は答えたくないと言う。

もう一つの人格はとっとと答えろと言う。私は堂々巡りに陥る。

さらにもう一つの人格は言う、ほんとのこと言ったって裏で何と思われるかわからない、と。

私が何とか答えようと口を開くと、次々と人格がかわり、まともな答えができない。

もっと見る

体験者の記録もみる

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。

さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

もうすぐ凄い香りが

もうすぐ凄い香りが

 

 

33 「なるほど」と思えるのは、小さな気づき

2016-01-17 15.01.51

カウンセラーと協力して本当のことを探っていく。
「なるほど」と思えるのは、小さな気づき。はじめから薄々知っていたのだから。大きな気づきの時には、「なるほど」などと感想を言えない。圧倒される。

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中