投稿

227 そのときの黒目 3

クリップボード04
グループカウンセリングで、なかなか突破口が開かない人が話をする。今回も一進一退かなあと思う。ところが突然、話がポイントを突く。聞いているこちらの鳥肌が立つ。思わず、その人の顔をじっと見る。普通に話しているのに、それでも表情が違う。見たこともないような大きな黒目になっている。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

199 甘えるも、閉じるのも、自分自身2

セミナーの体験で大きな気づきがあり、無条件に求め、ゆだね、温かさ、安心を知っている、最大の甘えを体験した。同時に、逆に、自分の気持ちを自分で殺し、役に立たないといらない、いい子にしていればいつか認められるとがんばるけれど、いつまでもそんな日は来ずに、怒りだけが溜まるという、閉じた生き方をしかたなく無意識に選んだのも自分だったことも、しっくりきた。

そうしたら分かった。自分のそれまでのクセがはっきり見えてきた。

仕事で役に立とうとがんばる自分がでてしまう。がんばらないやつを見ると頭に来る。

頑張らないやつにも、事情もあるし、無意識にぐだってるだけに過ぎない。ところが、その意識が無いことに腹が立つ。こちらの気持ちが伝わらないことに傷つく。意識するように求める、押し付ける。それでもうまくいかないと殺意がわく。そこに、こちらの愛情は無い。 いつか、認められるように自分を無くしてがんばってきた自分は、被害者的立場のはず。それが、人に対しては逆に、「役にたたないといらないよ」とやる側の加害IMG_6854者的立場になっている。ここも理解したい。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

197 甘えるも、閉じるのも、自分自身

今回のセミナーの体験では、大きな気づきがあった。

そしたら、家に帰ってから、長年苦しめられていた肩こりと頭痛が消えていた。

内容はこうだ。甘えることと閉じることが自分のものになった。甘えるも、閉じるのも、自分自身ってのが、しっくりきた。

甘える、つまり、無条件に求める、ゆだねる、そして温かさ、安心を知っている、そんな自分がいた。胎児期まで遡って(さかのぼって)思い出せる最大の甘え、ありのままの人間性だ。

他方で、今まで自分は閉じてきた。閉じる、つまり、自分の気持ちを自分で殺す、役に立たないといらないよ、役に立とうと自分を無くして、いい子にしていればいつか認められるとがんばる、しかし、いつまでもそんな日は来ない、我慢して周りに合わせて自分を押さえての繰り返し・・・その怒りが溜まりまくる・・・。

でもそんな生き方を選んだのも自分。そうせざるえなかった。無意識にそうしてきた。それも自分。悲しいし、寂しいけど、それが私。ここんとこもっと深く探って、自分で自分を受け入れたい。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

IMG_6927 (1)

188 山中湖でのグループセミナー今後の予定

IMG_1389

山中湖でのグループセミナー今後の予定
5月28.29日
6月11.12日 25.26日
7月2.3日 16.17.18日
8月6.7日 11.12.13.14日
9月3.4日 17.18.19日
10月8.9.10日 22.23日
11月3.4.5.6日 19.20日
12月3.4日(兼忘年会)

料金。お申し込み ➡︎ クリック

150 富士山を登るときは足元を見つめながら1歩1歩

image

山登りが好きな人は知っている。例えば富士山を登るときに、焦ってはいけない。足元を見つめて 1歩1歩ゆっくりと着実に進む。できるだけ小さな歩幅で。足元の小さな小石をよける。小さな溝をまたぐ。これを繰り返す。リラックスして楽しみながら何時間も何時間も繰り返す。時間を過ごす。会話を楽しむ。「いつかは着くさ」。時々休憩する。新鮮な空気が胸いっぱい入る。普段かかない健康な汗をかく。筋肉を使う心地良さを感じる。登頂はオマケに過ぎない。そして、いつの間にか頂上が迎えられる。

途中では、頂上に着くことを考えることさえ邪魔になる。苦しいので早く着こうとする。無理をしてしまう。大股で歩いてしまう。頂上は「まだですか」と言ってしまう。落とし穴になる。へばってしまう。頂上を見て「まだあんなにある」と思ってしまう。もう無理だと思ってしまう。

私たちがやることも全く同じ。頂上だけを見ると、あんな所には登れないと絶望してしまう。あの人のようにはできない、と思う。いいえ。あの人だって1歩1歩のぼった時期がある。あなただって、「あの人のようには」と見られてしまう時が来る。

今日から、富士山の近くでセミナーが始まる。

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験