投稿

「自分が変わっていく」などとは本気にしていない|セラピーの現場から(569)

 

セラピーを受けて「自分が変わっていく」ことに対して、その人の気持ちが少しずつ変遷(へんせん)するのを感じることがあります。始めは、例えば人間関係のトラブルの解消などの目的意識があり「トラブル」への意識が強く、「自分」への意識は弱い感じと言えるようです。自分が変わっていく」などとは本気にしていないというのが近いかもしれません。やがて隠されていて知らなかった自分を、自分自身で感じ取れるようになり、「自分」への興味が出てきます。自分への理解が進みます。そうする内に、自分が「変わってきている」ことに気が付くようになります。さらに変わってくると、周りの人もあからさまに、変わったことを認めてくれるようにもなります。その時期には、人のこともかなりよく「わかる人」で通るようになってくるでしょう。さらに進むと、何か物足りなくなり、もっと変わりたいという気持ちになるようです。自分はもう1つ皮を脱ぎたい、そう思ってとゾクゾクする気分を味わうことも起きてきます。

*****************************

体験の記録もみる

50 ゾクゾクする

2016-01-21 14.59.11

長い間セッションして自分はかなり変わってきた。周りの人も認めてくれる。人のことがよくわかる優しい人で通るようになってきた。でも、自分はもう1つ皮を脱ぎたい。そう思うとゾクゾクする。「いい人」の皮を。

 

*****************************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる