投稿

407 思い出し、表現、感情

img_2019

セッションの中心は簡単に言えば、思い出し、表現し、そして感情を伴うことにある。この逆が防衛。忘れてしまうこと、固まること、無感情になること。そのようにして抵抗がなされる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

213 防衛はかりそめのもの

IMG_1382

 

 

 

 

 

 

 

 

防衛は破綻する。いつかは破綻する。毎日少しずつ破綻している。自分自身が破たんする。親であれば子が傷つく。周りが傷つく。周りが健康ではいられなくなる。
その不思議。防衛が完全であってもいいはずである。都合の悪かったことを完全になかったものにすればいい。完全に別の人格で一生をやり遂げれば良い。なぜできないのか。不思議。または当然。たぶん神様が、本当の自分自身で生きるように勧めているのだろうと思う。防衛はかりそめの一時的な手法、非常手段にしか過ぎない。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

207 「何が」は抜け落ちている

IMG_1402

「何が」は抜け落ちている
私たちは気が付かない。忘れてしまった古い記憶が、私たちを苦しめ、悩ませていることを。私たちにわかるのは、後の「苦しめられる」「悩ませられる」感覚だけです。前の「何が」は抜け落ちています。多くの人は、それを、他人のせいにします。恋人や友人や上司や社会や仕事や・・・。でも、それはどこか的外れであることを、私たちは感じています。
その古い記憶は、私たちによって、忘れ去られ、無視されます。思い出したら、幼いあなたにとって生きられないほど辛いことだったからです。しかし、その記憶は、あなたを苦しめ、重大な影響を与えています。あなたに思い出して欲しいからです。その記憶はあなた自身だからです。その狭間で、病気にさえなります。
アコールでは、セッションを通じて、あなたが気が付かなかった最も古い傷つき体験を何度も思い出して表現するようにします。そうして初めて本当の自分を知ることができ、認めることができ、生きることができます。他人のことも分かるようになります。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

128 行き詰ったときこそチャンス、行き詰まりを話題にする

IMG_1238

カウンセリングで、行き詰ったときこそ、チャンスのとき。今までフタがされ押し込められていた肝心なところに話が及び、いよいよ突破口が開くか、と思いきや、多くの場合そうはいかない。
その話には興味がない。そのことは関係ないと思う。なぜ関係ないのかは説明できない。後で考えるということにするが、ついに考えない。なぜか眠くなる。カウンセラーに否定的な評価をもらってしまう(認めてもらえない)のではないかと恐れ、本当には感情が伴わない話ばかりをする。頭が痛くなる。何も考えたくなくなる。吐き気がする。寒気がする。感情がなくなる。非常に小さい頃の親子関係の再現と思われるものが現れてきて、その関係が繰り返して表現されるため、まるで話が進まなくなる。わるい自己を憎むあまりに、憎むことにエネルギーが注がれ、話ができなくなる。
何とかして肝心な話にこぎ着け、かなり話ができたはずなのに、少し時間がたつと、思い出せなくなる。カウンセリングの部屋を出ると、あらかた忘れてしまう。カウンセリングの細かな記録を渡されるが、その後、読まない、見ない。その話には二度と触れない。
それらの現象が起きたときには「いよいよだ」と思い、あきらめない。肝心な話を再開するのが難しいのであれば、無理せず、それらの現象が起きていることを話題にする。どんな現象かを話題にする。その現象が過去の遠いところからやってきているのではないかと話題にする。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

17 勇気を持って

要は勇気

必要なのは勇気

大人の心の奥に何層にも閉じ込められた感情の1番奥に、人生の初期に果たせなかった甘えたいと言う感情が、硬く封じ込められている。何度もセッションを重ね、ついに勇気を持って、それを開いたときに、初めて、まるで小さな赤ちゃんのようになる。立ち会うものは皆、心を強く打たれる。心の中に小さな赤ちゃんを宿せるようになった人は、自由で、楽しく、思いやり深く、そして魅力的になる。

 

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中