投稿

228 あまりに辛いこと

IMG_1476

あまりに辛いこと
あまりに辛いことがあった。そのことに対して、人には忘れるということと、思い出すということがある。全くの逆方向。どちらも人に備わる機能。(1)あまりに辛いと覚えていられない。忘れることで自分を守る。破滅から逃れようとする。(2)他方、思い出して、消化しようとする。体に入った異物を消化し分解し無毒化しようとすることに似る。内戦でひどい殺戮場面を目撃することになった子供たちは、精神を病むが、対処として、彼らに絵を描かせ、思い出させ、吐き出させる。無毒化がすすむ。フラッシュバックが起きるのも同じ機能。
初めは(1)の機能が働くが、時がたったら(2)を試みる。それがセラピー。小さなころの心の傷へは(1)が機能する。小さな子供には耐えられない。しかし、大人になったら耐えられる可能性がある。そして(2)が機能できる。
内戦国シリアの幼い女の子がテレビのインタービューに答えていた。人の近くで爆弾が破裂すると首が飛ぶ。何度も見て慣れてしまった。でも、そのときの血の匂いだけには慣れることができない・・と。この女の子の思いを察すれば、私たちも勇気を出して耐えなければならないと、そう言いたいが、・・言えない。小さなころに母から受けた存在否定の傷は、それより深いかもしれないので・・・。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

54 それは突然やってきた

2016-01-28 11.41.58

自分が関係する事件が会社で起きた。記憶がなかった。記憶がないことを不思議とも思わなかった。なぜなのか自分でもわからなかった。あるとき、解離性健忘ではないかと言われた。実は複数の人格があった。小さな頃の辛い出来事に鍵があるとはわかっていても、小さな頃の記憶は皆無であった。手がかりがなかった。しかし、その事件に押されるように、必死になったセッションの中で、それは突然やってきた。小さな頃の辛いつらい出来事を思い出し、痛みと辛さが爆発した。記憶が次々とよみがえってきた。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる

 

21 悲しみの厚さ

hesnikof / Pixabay

hesnikof / Pixabay

悲しみの厚さ

自分を知る手掛かりになる辛い記憶は通常、幼児期、乳児期の人生の初期にある。辛いので隠されている。もともと人生初期の、古い記憶はぼんやりしている。余計、よみがえり難い。ところが、それよりも新しい青年期、少年期の記憶さえも喪失している場合がある。幼児期、乳児期の記憶はさらにその奥に隠れている。より難しい。時間がかかる。この喪失の厚さは、悲しみの厚さ。悲しすぎて本人は悲しみを認識できない。しかし、記憶がよみがえることによる成長の幅は、その分、大きい。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中