投稿

328 子供から恨まれる原因に心当たりがないなら・・

img_1703
乳幼児は、良いおっぱいと悪いおっぱいというように、母親を分割して認識している。たとえ健康な母親に対しても。そして自分の気持ちも分割されている。健康な成育歴を持てば、これらはやがて統合される。健康でない成育歴しか手にいらない時には、これらの分割が残ったままで大人になる。
そういう大人になってしまって自分の子供を持つ。一人の子供を、良い子供と悪い子供に分割して認識してしまう。親の(自分の)いうことを聞く子供はいい子供。聞かない子供は悪い子供。その分割を、自分の中の分割された気持ちが促進する。猫っかわいがりと虐待があたかも他人のように自分の中に併存する。あのかわいい子供を自分はなぜ憎むのかという葛藤が少ない。
そのような大人(母親)に育てられる乳幼児は、よりはっきりと、母親を分割して認識することになる。母親は実際に分割された気持ちを持っているから。統合の可能性もより少なくなる。分割の世代間伝達で、分割はより強化される。伝達されながら強化されていく。
私たちがカウンセリングで行う重要なことの一つが、統合の作業。分割(分裂や解離)を意識化し、その分割が起きている理由を理解し、分割が起きた過程を表現する。これらの作業で統合が起きる。
子供がかわいいけれど憎たらしいと同時に思えるのは統合が取れている。しかしかわいかったことだけが記憶にあり、今は子供との不仲があって子供が自分(親の私)を恨んでいて、自分には恨まれる原因に全く心当たりがないような場合には、実は、子供を憎たらしいと思いながら子育てをしたこともあるという事実が、記憶から無くなっているのかもしれない。もしそうなら、分割(分裂や解離)が隠れているのかもしれない。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

104 「いい母親」を殺す。「大嫌いな母親」を抱きしめる。

2013-04-11 17.59.52

私たちの心の中で、母親のイメージには大きく分けて二つの方向がある。肯定と否定。例。一つ「母親はいい人でした。以上です」。もう一つ「母親は大嫌いでした。関わり合いたくありません」。愛憎のアンビバレンツ(両価性)のうち、一方だけが強調され、他方は捨て去られる。一つはいい母親。もう一つは悪い母親。そして二つが混じらないようにする。いい人の母親が、本当には自分に愛情を持っていなかったというようなことには耐えられないから。大嫌いな母親のはずなのに、逆に(どうしようもない現実の母親ではなく心の母親にではあるが)本当は今でも心から愛情を求めていることには耐えられないから。しかし残念なことに、このやり方はうまくいかない。捨て去られた他方が、知らないうちに裏口のドアから入ってきて、私たちを苦しめる。一生苦しむことになる。アコールでセッションを受け、抜けていく人たちは、この苦しみのカラクリを自力で見抜く。セッションのピークでは「いい母親」を殴り引き裂いて殺す。「大嫌いな母親」を慟哭しながら抱きしめる。人の根源的なエネルギーが沸き起こる。苦しみから抜けていく。成長する。

実は、このエネルギーは赤ちゃん時代のものらしい。メラニークラインによれば、おさない赤ちゃんは、もともと、ものごとを部分的に認識することしかできない。本来は一人の自分の母親を、はじめは、いい母親と悪い母親というふうに別々に認識する(「お乳をくれる良いおっぱいとお乳をくれない悪いおっぱい」)。しかし、健全な状況にある健康な赤ちゃんであれば、その部分的認識の状況はやがて克服される。いい母親と悪い母親の二つが本当は一つであると理解する(0歳から1歳の頃のできごとといわれる)。そして健康に成長していく。しかし「悪い母親」があまりにもひどかったり、赤ちゃんの感受性が高くて敏感なときには、本当は一つであることにはとても耐えられない。別々の認識状態にとどまる。ものごとを統合する力に欠けることになる。健康な成長が妨げられる。ひどいときには分裂(統合失調)になる。このメラニークラインの説は、特殊ではなく、クライン学派(英国では中心的な精神分析学派)として世界的に認められ受け継がれている。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

 ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験