投稿

何で産んだの―問う娘|セラピーの現場から(673)

<<前回(672)からの続き>>
<育児放棄>
私は結婚をし子供を産んだが、子供の面倒をみられない。何かに吸い取られたように体が動かない。そんな自分が嫌だった。嫌だったけど、どうにもできなかった。育児放棄をしてしまった。
<子供への殺意><私もまた私の事しか考えていなかった>
その事で娘に深い心の傷を負わせてしまった。母と同じように私もしてしまった。無性に殺意が湧き上がり、娘を殺す想像を何回もした。娘に対する怒り、殺意がある。湧き上がってしまう。
私の中の母に対する殺意、そして自分自身への殺意が、弱い立場で守るべき我が子に向かってしまった。今でも深い傷のある娘は、自分の意思を私や第三者に伝えられない。怖くて言えないのだ。
そういう風に自分の意思を抑え込むという事を私が教えてしまった。私も母と同じように私の事しか考えていなかった。
<何で産んだの―問う娘>
娘が小学校低学年の頃娘に聞かれた。泣きながら、怒りながら私に質問してきた。
『何で産んだの?』私は一瞬戸惑った。この時セッションをしていたので自分自身の怒りや殺意など多少は味わっていたので娘に話した。だけど、娘は納得したような感じがしなかったし、私自身も気持ちが悪かった。
<私の存在を認め慕ってくれる存在が欲しかった―心からの愛情なんてなかった>
今ならこう答える。私を絶対に裏切らずに、私の存在を心から認め慕ってくれる存在が欲しかったから。娘の事なんて何一つ考えていない。私が、生きる為に、私が人の生死を握れる為に私の為に子供を産んだ。私の中の被害者意識で産んだ。母と同じ事を娘にしてしまった。心からの愛情なんて一つもなかった。
<無力で弱い私のまま泣けた>
セッションを進め、私の見捨てないで、置いていかないで、1人にしないでという心の傷を見る事で、母に見捨てられるという寂しさ、そして私自身も私を見捨ててしまったという感情を味わい寂しくて、無力で弱い私のまま泣けた。泣きながら吠えたような感じだった。私の全身で感じた寂しさだった。
<絶望もなく全部ひっくるめて理解しているような感じ>
その寂しさの中にいると光もない真っ暗な何もない所にいる。そこは怖いや、寂しいなどを通り越したような感じで安心する。弱くても良い、情けなくても良い、無力でも良い。絶望なんてものはなくて、ただ真っ暗の安心できる所だ。それは私の事を私が全部ひっくるめて理解しているような感じだから安心するのかもしれない。この真っ暗な寂しさの中に、自分から瞑想で入って行けるようになった。
<許せない-母に植え付けられた死や恐怖>
私が弱くても無力でも良いと私が許せても、絶対に許せない事がある。
それは母に植え付けられた死や恐怖。絶対に許せない。絶対に嫌だ。母に否定され、邪魔にされ、母が生きる為に利用されるのだけは絶対に嫌だ。認められない。そんな死を私は毛嫌いしている。
<<続く>>

*******************

セラピーを受けた人々からのgoogleの口コミを見る→iphoneは画面中央の「クチコミ」をクリック

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

427 育児放棄した子供を再び受け入れる

2016-11-28-14-40-21

オラウータンの話の続き。赤ん坊に乳を与えられないオラウータンは、赤ん坊を引き離される。赤ん坊の命を救うために、飼育員が育てる。飼育員に育てられたオラウータンは、将来、仲間のオラウータンとやっていけなくなる。だから、成長し乳が必要でなかったなくなったときに、ただちにオランタンの群れに返す。母親に返す。ところが、その時に、育児を放棄したはずの母親とは、子供とかろうじて再会を受け入れ、スキンシップを果たすことがある。育児放棄と母性の間で母オラウータンが揺れる・・。人間なら揺れるのは当たり前・・?。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

398 澄んだ川のハヤの群れ

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8911

自分自身を理解し始める上でとても役に立った記憶映像がある。その一つ。
私の母は、彼女自身の理由から、幼かった私の育児を放棄した。そのことを小さな私はとうに知っていた。母の実家である山の中の農家に預けられた。母は、週に一度水曜日に、私の着替えなどを持ってバスに乗り、その農家に訪ねてくると約束した。約束は守られなかった。
私は毎日 1人でバス停にやってきてバスを待った。バスの本数は少なかった。一日中待った。すぐ横に山間(やまあい)の川があった。川の水は美しく澄んでいてハヤ(鮠)の群れがいた。橋の上から大きな石を落して遊んだ。ドボンと音がしてすぐに澄んで、またハヤが群れた。バスは遠くから山に向かって川沿いを上り、そのバス停に止まって何人かの乗客を降ろした。その後、さらに上流に向かい、ほどなく終点で折り返して、戻ってくる。戻って道の反対側のバス停に止まり、また、遠く下流に帰っていく。
さて、上ってきたバスがバス停に止まるとき、私は、川のそばにあった雑貨店の陰に隠れた。まるでストーカーだった。降りた乗客の中に母はいない。ほとんど探さなかった。バスは、エンジン音が細く微(かす)かになっていき完全には消えないうちに、また大きなエンジン音になり戻ってきて、反対側のバス停に止まる。私は、それまでに道を横切り(このときバスに轢(ひ)かれかかったことがある)、反対側にある農業用水が流れているコンクリート製の樋(とい)の上に登る。登って、母がいるはずのないバスの中を、舐(な)めるように見た。まるで、このときとばかりに盗むように見た。とろけるように恋しい気持ち。誰もいないバスの床の、油でくすむ床板を、今も鮮明に覚えている。
母への恋しい気持ちは、すでに実際の母を離れており、気持ちだけが純粋に存在した。恋しい気持ちが、実際の母親像によって邪魔されることを、知らないうちに避けていた。純粋に恋しい気持ちは、透明で広々としていた。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

51 心からの欲求

2016-01-27 17.31.58

心からの欲求
ある記憶が封印されていた。セッションにより封印が解かれた後に、気が付いた。母親が家を出た記憶であった。戻ってこなかった。封印していたので、嫌だということを嫌だと言えない人生が続いていた。「嫌だ」と言うと、何か恐ろしいことが起きるという漠然とした感覚があった。そのことに気がつき、嫌な事は嫌だと言えるようになった。自分にとって大きな自由を獲得した。
しかし、そのうちに、嫌だ嫌だと言うだけではなぜか満足しなくなっていた。母が家を出た事情をもっと深く知りたい。母親はなぜ自分たち子どもを捨てたのか。それができた母親の人柄。その時自分は本当には何を感じたのか。知りたい。はっきりさせたい。自分の人生をはっきりさせた。心からの欲求になった。

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中