投稿

殺人犯さえ留置所の中で深い熟睡が得られるという|セラピーの休憩時間(546)

IMG_1325

私たちは、日ごろから意識的な隠し事もしますし、無意識の防衛もします。前者は健康的ですが、後者は病的なものに傾いていきます。どちらも必要に迫られて行う点では同じです。

さて、カウンセリングを受けに来た人は、カウンセラーと協力して自分の内部の分からない部分を探ることが、目的のはずだと思います。しかし、なかなか、そうはいかないようです。その目的のはずの人から、並々ならぬ強い防衛を感じると、何か、行ってはならないことを、行おうとしてしまっているのかと躊躇(ちゅうちょ)し、そのまま、そっとしておいた方がいいのかなあと思うことがあります。カウンセリングをお断りしたほうがいいのかなあ・・・と。

しかし、防衛が解け、無意識に隠していた本当のことがわかった時の清々(すがすが)しさは不思議なほどです。意識化され健康な広場に躍り出る感じがします。 そういえば殺人犯が、長い間、潜伏していて見つからず、ようやく捕まりほっとして、その晩、留置所の中で、それまで得られなかった深い熟睡が得られるということを聞いたことがあります。清々しさと熟睡と、似ています。とすれば人間は、やはり防衛や嘘は、本当は辛いはずです。思い直してカウンセリングを続けます。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

316 受け入れきれないことを正直に話す

IMG_1647

セッションがその人の心の奥へたどり着けばつくほど、本当のことがだんだん分かり、否定的な気持ちに直面することがある。受け入れきれないことがある。その場合には、隠そうとせずに、受け入れきれないことを正直に周囲の仲間に話すことが役に立つ。皆、多かれ少なかれ、同じような体験を持つ。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

199 甘えるも、閉じるのも、自分自身2

セミナーの体験で大きな気づきがあり、無条件に求め、ゆだね、温かさ、安心を知っている、最大の甘えを体験した。同時に、逆に、自分の気持ちを自分で殺し、役に立たないといらない、いい子にしていればいつか認められるとがんばるけれど、いつまでもそんな日は来ずに、怒りだけが溜まるという、閉じた生き方をしかたなく無意識に選んだのも自分だったことも、しっくりきた。

そうしたら分かった。自分のそれまでのクセがはっきり見えてきた。

仕事で役に立とうとがんばる自分がでてしまう。がんばらないやつを見ると頭に来る。

頑張らないやつにも、事情もあるし、無意識にぐだってるだけに過ぎない。ところが、その意識が無いことに腹が立つ。こちらの気持ちが伝わらないことに傷つく。意識するように求める、押し付ける。それでもうまくいかないと殺意がわく。そこに、こちらの愛情は無い。 いつか、認められるように自分を無くしてがんばってきた自分は、被害者的立場のはず。それが、人に対しては逆に、「役にたたないといらないよ」とやる側の加害IMG_6854者的立場になっている。ここも理解したい。

 

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

180 本当は辛い防衛

IMG_1325

私たちは意識的な隠し事もするし、無意識の防衛もする。前者は健康的だが、後者は病的なものに傾く。どちらも必要に迫られて行う。セラピーを受けに来たはずの人に強い防衛を感じると、そのまま、そっとしておいた方がいいのかなあと思うこともある。しかし、防衛が解け、隠していた本当のことがわかった時の清々しさは不思議なほど。意識化され健康な広場に躍り出る感じがする。
そういえば殺人犯が、長い間、潜伏していて見つからず、ようやく捕まりほっとして、その晩、留置所の中で、それまで得られなかった深い熟睡が得られるということを聞いたことがある。似ている。とすれば人間はやはり防衛や嘘は、本当は辛いはず。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

128 行き詰ったときこそチャンス、行き詰まりを話題にする

IMG_1238

カウンセリングで、行き詰ったときこそ、チャンスのとき。今までフタがされ押し込められていた肝心なところに話が及び、いよいよ突破口が開くか、と思いきや、多くの場合そうはいかない。
その話には興味がない。そのことは関係ないと思う。なぜ関係ないのかは説明できない。後で考えるということにするが、ついに考えない。なぜか眠くなる。カウンセラーに否定的な評価をもらってしまう(認めてもらえない)のではないかと恐れ、本当には感情が伴わない話ばかりをする。頭が痛くなる。何も考えたくなくなる。吐き気がする。寒気がする。感情がなくなる。非常に小さい頃の親子関係の再現と思われるものが現れてきて、その関係が繰り返して表現されるため、まるで話が進まなくなる。わるい自己を憎むあまりに、憎むことにエネルギーが注がれ、話ができなくなる。
何とかして肝心な話にこぎ着け、かなり話ができたはずなのに、少し時間がたつと、思い出せなくなる。カウンセリングの部屋を出ると、あらかた忘れてしまう。カウンセリングの細かな記録を渡されるが、その後、読まない、見ない。その話には二度と触れない。
それらの現象が起きたときには「いよいよだ」と思い、あきらめない。肝心な話を再開するのが難しいのであれば、無理せず、それらの現象が起きていることを話題にする。どんな現象かを話題にする。その現象が過去の遠いところからやってきているのではないかと話題にする。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

121 母や自分の正体が知りたい1/4

私は自分の激しい怒りを正面から扱えるようになった。同時に、その原因を作ったであろう母自身への理解もかなり進んだ。しかし、今一つ納得できない。深い部分が不明なままだ。母をさらに深く理解しようとすると、知らぬ間に怒りが舞い上がり、自分と母の境界が見えなくなる。より激しい怒りに巻き込まれてしまい、訳が分からなくなる。

************

〇私は母と話をしている時に思う事がある。母が私と話している時にちょっと機嫌が悪くなったり、ツッパる感じがある時に、母の中に小さい小さい子供を見る時がある。そうすると、母が物凄く可愛らしく感じる。まるで子供が駄々をこねたり、認めて欲しい‼︎と訴えているかのようだ。母にもある傷ついた子供時代、胎児の頃。

〇私にもある傷ついた子供時代、胎児の頃。私の娘も今現在子供時代を生きている。それぞれに色んな事を感じ、傷ついたり、自分を抑えたり、こんなに頑張ってるよ‼︎って母親に訴えて褒めてほしかったり、認めて欲しかったり。やっぱり無理か…と諦めては絶望し、怒り、でも母に従わないと恐いから、どうせ私なんか…と自分を閉じる。そんな子供時代に、さらには胎児の頃に感じてきた様々な事が奥の方に追いやられ、ガッチリ蓋をして自分を守ってきた。

〇思春期になり、大人になるにつれ子育てをしていく内に様々な弊害がおきてきた。とにかく生きにくい。はたから見れば、何とも取っ付きにくい恐い人だろう、なんか変な人と思われているだろう。そんな私と母だが、可愛い可愛い小さい小さい私がいる。可愛い可愛い小さい小さい子供時代の母がいる。可愛い可愛い小さい小さい娘がいる。

〇そんな可愛くて小さい私が捻くれると自分でも自分が分からなくなる。だってどうして良いのか、自分が本当はどうしたいのか分からなくなる。そんな可愛くて小さい母の子供時代が顔を覗かせると、まぁ大変。捻くれるは、怒るは、我が強くなる。私もですが…。でも、そんな子供時代の自分がそして母が、大人になってる今よりもずっとずっとずーっと素直で、真っ直ぐに色んな事を分かってるんだろうなぁ〜と思う。だから、子供時代の母の顔がチラッと覗くと「もぉ〜素直なんだから」と母が可愛らしく思えるのかもしれない。

〇でも、今の私はまだ母を許せない。頭では母も傷つきすぎた、色んな感情が複雑に入り混じってる、母の防衛で心のシャッターを閉める事は頭では分かってる。頭では。母も傷ついたまま複雑に感情が入り混じってる中で必死に自分を防衛しながら一生懸命子育てをしてくれた事を、私自身が体感し、でも違うだろ‼︎と母に怒り、爆発し、何もかもぶっ壊して子供時代の私が納得し、自分の正体を、母の正体を理解しないと素直に心から許す事はできないだろう。

〇許すという言葉とは違うのかもしれない。心から本当に心から母に共感するのかもしれない。どんな事にもビクともしない強さかもしれない。正直まだ全然分からない。全然分からないけど、でも、これを手に入れたらきっと最強の素晴らしい武器になるような気がする。娘にも母として、私に散々私の感情に振り回され傷ついてきた事も隠す事なく真っ直ぐに娘に話せると思う。そして素直に心から娘に謝れると思う。娘の生を心から受け入れ、たくさんの愛情で色んな事を教えられると思う。恐怖や怒りなどをプレゼントするのではなく、この最強の素晴らしい武器を娘にプレゼントできるのかもしれないと思った。やっぱり母を諦めたらダメなんだ。自分を諦めたらダメなんだ。大人の私が勝手に納得する事ではなかった。大人の私が分かった気でいる事ではなかった。小さい私の存在を忘れてはいけなかった。母をそして私自身の何もかもを絶対諦めない‼︎と心に誓った。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

IMG_6254

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

93 フロイト

froed

人の心を解明する上でフロイトの功績は大きい。心には自分では普通には認識できない大きな領域(無意識)があり、その領域を認識することができれば心の病気(当時は主に神経症)を治せることを実践して見せた。なぜ認識できなくさせてしまうのかも、かなり解明されている。心をいわば科学的な土俵の上に載せることに成功した。科学的であるため、後に続く人は彼の功績の上に立って進むことができた。積み重ねができた。過去には作家や哲学者など、人の心に対する優れた洞察力を持つ人は大勢いたが、文学的であり、積み重ねがききにくい。いわば、その人一代限りである。そこが違った。

アコールのセッションも無意識に焦点を当てる。解明(分析)と認識が中心になる。会話(カウンセリングや自由連想法)だけではなく、ベビーブレスを行うので、進みが格段に速い。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

91 隠れた正気、本当の人格

image

なかなかうまくいかないケースがある。ケースによって症状はいろいろである。症状に振り回されてはいけない。共通するのは、幼少期の記憶がほとんど思い出せないことである。そして思い出せないこと、そのことさえ隠されている。思い出すことを促しても、スルリするりと他のことに話題をすり替えられてしまう。
しかし、実はそのことこそが、その人の隠れた正気である。隠れた本当の人格である。絶対に思い出したくないことが、何であるかをよーーくわかっている。思い出したくない「そのこと」を微塵もあらわにしないように、神業的に巧妙に隠すことができる。全体を見渡すように理解しないとできない技である。その正気の人こそ、複数のバラバラの人格を統合できる能力を持った、鍵となる人格である。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究