投稿

母自身が怒りを持っていた。怒りの塊。寂しい塊|セラピーの現場から(647)

○それまで有るとさえ思わなかった、大きな大きな怒りを出すことができ、いろいろなことが改善され、まるで別世界のような中にいるみたいだ。しかし、自分が感じる日常の怒りが気になっている。まるで前よりも怒りでイライラしているのではないかと思ってしまう。ところが周りの私への評価は逆だ。周りは言う。昔大きな怒りを隠していたときの方がイライラ感が強く私には近寄れなかった。最近は私は丸くなりほとんど怒りが感じられない、と言う。私と周りの感覚の違いは驚くほどだ。怒りに敏感になっているようだ。怒り続けている。何に怒っているのか。
○仕事でイラついて、理不尽にイラついているのではなくて、「まっ良いか」と流していたことが「(そうではなくて)こうだろう」と思うことが結構ある。カッカしてしまう。気になることが多い。それまでスルーしたり無いことにしていたことが、気になって出している。ずっと怒っている。周りの感覚は違うのだろうけれど、私は怒っている。
○何に怒っているのか。それは不自由さだ。押さえつけられ自由になれない。(大きな大きな怒りを出すことができた)今だから分かるのは、(自分の)抑圧で、フィルターのように囲われるもの。究極は守らないといけないと刷り込まれてきたが、(大きな大きな怒りを出すことができてから)解禁された。
○私の不自由さの原因は、気を病んで病院で亡くなってしまった私の母、シングルマザーとして私を育てた母だ。母自身が怒りを持っていた。怒りの塊。寂しい塊だった。その影響を私は受けた。問題の原因として扱いたいのは、母だったり祖母だったり、する。二人は繋がっている。
母の怒りの正体は寂しさだ。寂しいからみんなに癒着していた。祖母や父や(父と離婚後にお付き合いしていた)Aに癒着していた。でも母は祖母に対して甘えられなかったろう。大きな大きな怒りを出すことができた時、寂しい塊は、祖母であり母だったことがわかった。私の不自由さの原因を扱うことができないと(私は)気狂いになる。大きな大きな怒りの対象は彼女ら二人だ。怒りを出すことは、それまでタブーだったが、そのタブーの感じは今は来なくなった。怒りを出せるようになった。扱えるようになった。
○昔は、日常でも人と何かあると、「(その人に自分のとった対応が)良かったのかどうか」と気になって朝まで眠れなかったが、今は気にならなくなった。怒りを出してそれで「良いんだ」と思えるようになった。

*******************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

 

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

 

ひと山越えて子どもが成長|私と比べたら人生雲泥の差|セラピーの現場から(634)

自分の心の傷を観る作業をしてきて、一つの大きなヤマは越えたのではと思いつつも、次のヤマの前で留まっているのかもしれない、そう思う日々この頃です。

高校生の子供が、自らヨガと瞑想を始めだしました。
子供は(瞑想などをする)私の日常を見て育ちました。子供に瞑想やヨガの効能や時間の使い方の質問に聞かれたら答えるだけで、私は特に勧めてません。

高校生ですが、自分の心は自分でなんとかするしかないんだという所まで、来たんだと思います。私の背中を見ていてくれたのかもしれません。子供と、同年齢の頃の私と比べたら、人生雲泥の差です。私は「自分で」などという心境にはありませんでした。

子供は、小さな頃から耳が悪いのかと思う位、テレビの音を大きくし、私は注意ばかりしてました。子供が瞑想を始めてまだ数日ですが、子供自身が「うるさく感じるようになった」と言って、音量が普通並になりました。
私は「それだけ今まで心がザワザワして集中出来なかったんだね」と子供に言いました。子供は納得した様子です。瞑想で落ち着く感じが「人生初の感覚で、ずっと瞑想していられるかもしれない」とまで言ってました。

自分の心の傷を観ないでいると深くなってしまう世代間伝達(の影響)が、少しずつでも薄らいでいくようにしてあげたい、そう思ってます。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブレスワーク,またはブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

 

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

子供は命の浮き輪だった|子供に何をしたか震え上がるほど恐ろしい|セラピーの現場から(623)

閉じこもりだった子供が回復しつつある。どんどん回復している。その嬉しさの中で、でも、自分で気が付いたことがある。衝撃だった。
実は、あの子は自分の浮き輪だった。思えば自分も母親の浮き輪だった。そのことに気がついた。足には重りがついていて必死にもがいかないと溺れて死んでしまう。
<子供は浮き輪だった:子供に何をしたか震え上がるほど恐ろしい>
自分があの子に何をしたか、あまりにも恐ろしくて、分からないことにないことにしていた。それをあの子にやったのかと考えたら、はっきりさせられない。というのは、中心にあるのは死という恐怖であること、やって来たことの恐ろしさが・・・。どうして良いかわからない、いたたまれない。わかっていてやった。震え上がるほど恐ろしい・・。
<指の間から溢れる砂のように崩れる母>。
イメージとして母に触るとボロボロと崩れてしまう。追いかけると逃げるように振り返る母がいる。私を「助けて」と言いたかったのに、そんなことを言おうものなら、(母は)崩れてしまって・・指の間から溢れる砂のように・・・、それが耐えられない、本当は「辛かったね」と抱きしめてくれるとか、・・・してほしかった。でも砂が溢れるようで怖い。このことに気が付き始めてから、カウンセリングの記録を読み返しても怖い。ここをはっきりさせて行くんだろうな私・・・と気が重い。それが出来ないから、生きるか死ぬかのレベルのことを今まで子供にやったのかい、って。気が付いたものの、どうして良いか分からない。
<重りの正体>
助けてと追いかけても逃げて砂のように崩れてしまう母。怖くて耐えられない。今にも溺れてしまいそう。足には重りが付いていた。今も本当には正体を観れない重り。だから子供にしがみ付いていた。子供が、私の生きるための浮き輪だった。本当に浮いて助かるのは、重りを外してからなのに・・、できない。子供も私と同じだった。子供は、私という重りを足に付けられて、ずっとそうしていたと思う。あの子は私だったんだ。
今、子供という浮き輪が外れたら、いよいよ潜れということ。重りを外すために潜れと。苦しくてそうなって来たのに、更に(恐怖という)水の中に落ちろということかと。
勝手に生みやがった。産みたくないのに産み落とされて、ずっと母親の顔色みて、母が死んじゃわないようにして来た。ずっと気を使って来た。……私も母の浮き輪か。この年まで母の浮き輪だったのか。衝撃だった。

*******************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

こんなに自分を殺して頑張っているのに、どうして私ばかりが責められるの?|セラピーの現場(612)

母は何に怒っているのか。知りたい。母は気持ちを封印していそうなので、(私が)自分で探るしかないかもしれない。母は幼い時に、小さい兄弟の世話を任されたらしい。「親でもないのに小さい子(兄弟)の世話を任されて、なんで生んだんだよ。子どもとして生きたかった。」という怒りなのかな。好きでもない小さい子の世話をさせられて懲(こ)りたはずなのに、なんで、その後に自分の子供(私)の子育てがよく出来たなあ、と思う。だけどそれこそが母の、母親(祖母)に従っていい子の仮面でしか生きられない理不尽な人生なのかもしれない。
そこを瞑想した。「こんなに周りのために自分を殺して頑張っているのに、どうして私ばかりが責められるの?私だって辛かった!誰がこの思いを聞けるのか!誰も分かるはずない!自分の人生を生きること(本心を話すこと)を辞めたのに、あなた(私)たちが自分の人生を生きようとするなんて許せない。生まれてくるなー!」と母の子宮に私が押し戻されるイメージが出た。

*******************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

子供への加害を詫びれない|母親からの被害の傷が疼く| セラピーの現場(593)

本当は知りたくなかった。少しずつ納得することがある。母親が私の存在を否定していた。否定されて大きくなった私は、まるで仕返しのように、私自身の子供を否定した。子供は無力で、それでも私にすがり付こうとした。私は許さなかった。やがて、子供に問題が起きてきた。私の言うことを聞かない。学校に行かない。子供にとって母である私は加害者だ。でも、その前に、私は私の母親からの被害者だ。被害としての傷が疼いて私の怒りが渦巻き、加害を詫びることはできない。
私の正直な気持ちは、この怒りだ。どうしようもない。この傷がいやされる前に誰かに詫びることはできない。そんなことをしたらウソになる。知る前はウソの人生だった。知った後に、またウソに身をゆだねるつもりはない。子供への愛情なしということになるが、それでもウソよりは増しだ。

お試しの「無料カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

狂った人の人生のよう|自分の悲しみをそこそこにしか見てなかった|セラピーの後で(553)

セッションから後、雑念に負けず、毎日30分瞑想している。
自分を見つめ、分かってくればくるほど、まるで、狂った人の人生のよう。私の人生をこれ以上狂わしたくない。
ブログも毎日チェックしている。自分を見つめる視点が変わるので役だつ。
自分の悲しみをそこそこにしか見てなかった。だから母と同じ道を歩いてるんだ。分かってみればシンプルな事。
それを分からないようにしなければならない、隠さなければならないほど、まだまだ深い悲しみがあるんだな・・・。

*****************************************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

 

自分自身の甘えたい気持ちを封印した結果、娘の甘えを拒否|セラピーの現場から(545)

私は、娘の甘えを許せなかった。ベビーブレスで自分を掘り下げた結果、自分自身の奥底に、止めどなく甘えたい欲求が潜んでいることに驚いた。甘えたい欲求が潜むその未知の領域の大きさ。ただただ大いなるその存在に向かって泣けた。

娘の甘えを許せなかったことがはっきり自覚できて、初めて、自分の内に甘えたい欲求が潜んでいることを納得できた!
母に甘えられなかった私は、自分自身の甘えたい気持ちを封印した結果、娘の甘えを拒否したのだった。
娘にやってしまったことの後ろめたさに、何とか、挽回し許される道はないかとさまよったが、今、許されなくていいと、はっきりした!逃げることはもうしない。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

 

毒親の世代間連鎖|いつの時代から女性は子供を愛せなくなったのか|セラピーの休憩時間(522)

毒親に毒されて育てられた子供も、また長じて毒親になり、やがて自分自身の子供を毒するようになる、という世代間連鎖は、何を意味するのでしょうか。世代を下れば、親、子、孫、ひ孫・・・。どこまでも続くように思われます。自分は親から十分に愛情をもらえなかったので「自分の子供にだけはけっして同じ思いをさせない。」人生の中ではこう決心する瞬間もあるでしょう。でも気が付くと結局は親と同じことを子供にやってしまっている、というのが正直なとこのようです。セラピーの役割は、この強靭な世代間連鎖を断つことであるとも言えると思います。
世代をさかのぼれば、母親、祖母、宗祖母、・・・。どこまでさかのぼると「犯人」がいるのでしょうか。結局、いつの時代から女性は子供を愛せなくなったのでしょうか。女性が自分の妊娠や子育てを、自分のものにできなくなったのは、いつでしょうか。
大昔、人類は母系社会だったという説があります。母系社会では、女性が経済を握り、自分の妊娠は自分で選び、産まれた子供は、おばあちゃん(ボス)を中心とする大家族が手伝って子育てをするという社会だったという・・。女性にとっては少なくとも心理的には生きやすい社会であり、子供にも愛情が注がれやすかったでしょう。そうであるとすれば、母系社会から父系社会へ転換する時代に、少しずつ、女性にとって不本意な妊娠や子育てが増え、愛情をもらえない子供が増え、毒親の世代間連鎖が始まったのかもしれません。

*****************

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

自社施設紹介

427 育児放棄した子供を再び受け入れる

2016-11-28-14-40-21

オラウータンの話の続き。赤ん坊に乳を与えられないオラウータンは、赤ん坊を引き離される。赤ん坊の命を救うために、飼育員が育てる。飼育員に育てられたオラウータンは、将来、仲間のオラウータンとやっていけなくなる。だから、成長し乳が必要でなかったなくなったときに、ただちにオランタンの群れに返す。母親に返す。ところが、その時に、育児を放棄したはずの母親とは、子供とかろうじて再会を受け入れ、スキンシップを果たすことがある。育児放棄と母性の間で母オラウータンが揺れる・・。人間なら揺れるのは当たり前・・?。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

425 もらった感覚が与える感覚に

2016-11-28-14-48-39

当たり前のようで不思議な話。愛情もらえずに育った人は、自分の子供にも愛情を与えにくい。当たり前のこと。動物園のある雌オラウータンが、赤ん坊の頃に母オラウータンから乳をもらえず、飼育員からミルクをもらって育った。長じて自分が産んだ赤ん坊にお乳を与えられない。世代間伝達がオラウータンにも起きる。母親の乳房にしがみついて乳を飲む感覚が、自分の乳を赤ん坊に与える感覚のために、必要とは…。もらった感覚が・・与える感覚に・・。しかもオラウータン・・。不思議な話。増して人間なら・・。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

412 保育器というもの

img_2049

保育器。赤ん坊を生まれてすぐに閉じ込める。医者は、赤ん坊の肉体を生かそうとするだけ。赤ん坊が傷つく感受性を持っていることには、まるで無頓着( むとんちゃく)。どれだけ深い心の傷を残すのか、恐ろしい限り。そのことが分からないまま、医療が施される。医学書に書いてないから。医者自分が赤ん坊の頃に経験したいろいろの事を忘れているから。セラピーを受けたことがないから。精神分析を受けたことがないから。人の心に興味がない単なる技術者。

医者の言うままになる、あるいは、医者を利用する親。子供への自然な愛情の欠損。赤ん坊も成長して、また、同じような欠損を持つ。この欠損が、問題の根が深い事を意味している。世代間の伝達。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

368 寂しいんよ

img_1771

息子のこと。学生。長く付き合っていた彼女と別れた。その後、夜遊びが激しく朝帰りが増えた。たまに家に居る時は部屋でひたすら携帯。SNSで友達とやりとりしたり、動画を見たり。家族とのコミュニケーションが減ったなぁと私は気になっていた。
息子を最寄の駅へ迎えに行った車の中でのこと。私「なー、(あんた)最近大丈夫なん?どうしてそうなん?早く寝ないから朝起きれないし、学生じゃろ?チョロチョロ遊びまわるのほどほどにしようや。」息子「あぁもー、うるせーし、わかっとるし。」といつもの反応。でもその後に一言「寂しいんよ。」と。
息子からの意外な言葉に驚き、感心し、納得もした。そして正直に話してくれた事が嬉しかった。あっ、今なら話が出来そうだと思った。
私「どうにもならない寂しさがあるんよな。その通りだと思う。私にもある。誰かと居たり遊んでいたら、確かに、その時は紛らわすことは出来るかもしれんけど、その寂しさは無くなりはせんよな。〇〇(息子の名前)の中にあるものだから、それはお母さんやお父さんが〇〇に与えてしまったものなんだよ。まぁ、特にお母さんなんだけど。」息子「うん、そう。どうにもならんのよなぁ。」
具体的な話はできなかったけど、寂しさを少し共有出来たかなぁと思う。またのチャンスに話を聞いて貰おうと思う。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

354 日本人の美しさ

img_1739

司馬遼太郎は日本人の美しさは滅私奉公にあるという。武士に代表される。東日本大地震の時に被災者たちは水や食料を受け取るために黙々と行列した。こんなことは外国では考えられないらしい。外国では、無政府状態になり、略奪や暴行が横行する。それが当たり前という。ドナルド・キーンは、その行列を見て、日本人の心の美しさに惚(ほ)れ直し、日本に帰化した。
さて、滅私奉公は、「公(おおやけ)」の美しさをつくる一方で、「私(わたくし)」の内には大きな傷をつくる。そんな時代が長い間続いた。自由な恋愛は為しがたく、好きな人の子供を産むことができない。親の決めた結婚をした。女性は夫の家に嫁入りする。舅(しゅうと)姑(しゅうとめ)の気に入るような生き方を強いられる。女性残酷物語。「私」は殺され、子供への自然な愛情は湧きにくく妨げられる。そのようにして、愛情不足で育った子供は、心に傷を抱えたまま大人になり、また、同じような生き方を強いられる。そうして、さらに愛情不足の子供を産む。世代間伝達。心の傷が親から子へ強化されて伝達される。
そして多くの世代を経ると、心の傷が強化、固定化され、心の中は「公」の意識が肥大し、「私」の意識が委縮し尽くす。心はいつも何か窮屈(きゅうくつ)で、しかし、ダメなものはダメと世間体が優先され、本音を尋ねられても良くわからない。
やがて窮屈な心がトラブルを得て、カウンセリングなどを受けると、心の傷を見ることになり、背後には母親の傷を見ることになり、その背後には祖母の心の傷を見ることになる。心の傷の世代間伝達が現れてくる。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

341 「太陽のめざめ」その2

img_1714

先日「太陽のめざめ」という映画の話をした。最後はハッピーエンドを予感させる終わり方だが、実際の話ならば、そうはならないだろう、描き方が不足だと話した。
しかし、感心する描写もあった。主人公の札付き不良少年には、更生させるために、裁判所から教育係が付けられる。この教育係の男も昔は少年と同じ不良だった。今は立ち直って教育係になっている。しかし、少年から憎悪に満ちた激しい反抗を受けるうち、自分自身の憎悪に火がついて、逆に、少年に暴力をふるう。少年は「俺よりこいつの方がワルだ」と叫ぶ。表面は立ち直って見えても、憎悪には憎悪が呼び起される。憎悪そのものは手つかずで残っている。リアリティーがある。
もう1か所。少年は不良になり初めの頃、自分の人生を狂わせた母親に向かって叫ぶ。「子供はおもちゃじゃない。」ところが、少年が恋人の妊娠を知って、子供を産むかどうか悩んでいるときに、逆に母親が少年にやさしく(切ないほど気持ち悪い)全く同じセリフを言う。「子供はおもちゃじゃない。」
母親は、幼い頃の少年を育てるときには、乱暴なひどい母親として描かれ、長じて立派な不良少年になったときには、オロオロする愚かな母親(被害者)として描かれ、少年が若い父親になろうとするときには、ありふれた浅はかな大人として描かれる。本当の原因が分からず、一生懸命ではあるが表面的にしか生きれないと、そうなる。リアリティーがある。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

324 甘えたいと思ってはいけなかった

img_1694

厳しい父がいた
よく殴られた
母もかばってくれなかった
我慢して頑張ってきた
寂しい、甘えたいと思ってはいけなかった
人が甘えていると「何甘ったれている、頑張れ」と思ってしまう
本当は自分も、寂しい、甘えたいと感じる
それができる人を羨ましいと感じるのに、逆に「甘ったれるな」と思ってしまう
私は、寂しい甘えたいと心底から訴えた経験がない、心底から味わったことが(記憶に)ない

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

309 頼みの両親は私の子供を甘やかすだけ・・

IMG_1620

 

辛い人生を一生懸命に生きてきた。なのに子供は、私のようには一生懸命にならない、頑張らない。子供は一生懸命育ててきた。頼みの両親は私の子供を甘やかすだけ。私の時はなぜあんなに厳しくしたの。なぜあんなに愛情がなかったの。両親は私の子供をただ甘やかしているだけ。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

302 母親に求めて何が悪い:向き合って欲しかった

IMG_1650

可愛い子供の面倒を私は見られない。そういう私を母親に認めてもらいたかった。丸ごと受け入れてほしかった。そして謝ってほしかった。私は何も悪くない。子供の私が母親に求めて何が悪い。甘えて何が悪い。大人になれない子供の私と向き合って欲しかった。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

294 だから改善は少し

IMG_1656

子どもをだめにしたのは自分だと頭では知っている。知ることができた分、影響を受け、子どもは改善する。でも改善はほんの少し。自分の傷も未だ十分には癒されていない。傷そのものを未だ認めていない。認めるのは怖い。だから、少し。
勇気を出して認めることができれば、癒しは自然に起きる。子供は改善する。そのとき子供の改善はもはや問題ではなくなる。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ケース研究

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

お試しの「無料カウンセリング」もあります

自社施設紹介

ブログに対するご感想やご質問をメール(info@accord-all.com)でどうぞ

 

 

292 死にたいと生きたい

IMG_1590

母親や母親の母(私の祖母)を想うと、私と同じような怒りを持っていたことがうかがえる。私のバックには代々の母親たちがいる。代々受け継がれる怒り。私のバックは強い!!バックにいる人達の怒りも悲しみも絶望も無力感も生も死も全部私自身だと思う。
昔、私は死の恐怖の中にいた。死にたいばかりだと、生きるという事が何の意味もなくただ苦しだけ。その後、激しい怒りが隠れていることが分かった。怒りは「生きたい」というエネルギーだった。生きたいばっかりだと、死はただ追いかけてくる恐怖でしかない。どちらも一方だけだとこんなに苦しくて辛い事はない。両方が私。死があるからこそ生きている。生きているからこそ死がある。当たり前の自然現象なのだ。死は恐怖そのものではなく、怖いものでもなく、必ず待っていてくれるものだから、その死に向かって安心して私は私自身を生ききりたい。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

287 話が支離滅裂

IMG_1605

最近になって、母親はおかしい、そう痛感することが増えています。前々からおかしいと気づいていたのを抑圧していたのもあるのですが、観察するにつれおかしいのです。以前、私自身が指摘された「話が支離滅裂」は母親から伝染したものなんだなと思います。彼女の話は支離滅裂でつながりがありません。そのことに気が付いて、(私は)最近は(母親がする話に)相槌すら打たないこともあります。相槌の打ちようすらない時もあります。そのことを母親自身に言えない自分も歯がゆいです。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

271 息子のお産は私の身勝手さそのもの

IMG_1558

ベビーブレス。存在はここにある。叫ぶが1人。何もない。諦めたくないから求め続ける。でも何もない。この空虚感は私だけのものでない。小さい頃に身に付けさせられたもの。あなた(母)が諦めなかったら、私とあなたとは、そして私と存在とは、繋がったのかもしれないのに!。一方的(にあなたから繋がりを断たれること)はどれだけ辛いか。そうするうち(亡くなった)祖母が出た。「のうのうと死ぬな」「逃さないぞ」。お前が、お前の子どもである母を、だめにした。お前も母も、私は逃さないぞ。
でも私自身もやってしまった。息子との繋がりを断ってしまった。息子を微弱陣痛で早く出すよう破水させて貰った。(祖母、母、私の因果をわかる)意識があったら出さなかったろう。自分のことだけ心配で出してしまった。待てばよかったのに。この事を息子に話してなかった。
実はそのころ、結婚したら仕事を辞める話になっていたのに結婚しても辞められなかったので、辞める手段としての妊娠だった。息子の始まりがそもそも私の勝手。利用した。息子のお産は私の身勝手さそのもの。今は後悔しかない、自分で産んだ実感がない。申し訳ない気持ち。
意識がないのは結局、母と同じ。意識があれば、息子との繋がりを保てることが出来ていた、と思うのが恐ろしい。せめて真実を息子に話し伝えたい。息子に話す事は、息子と繋がる事。
ベビーブレスの終盤、体の中にエネルギーがあった。(イメージの中の)一本の木と繋がる。気持ち良い。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

ブログに対するご感想やご質問をメールで(info@accord-all.com)どうぞ

160 だんだん謎が解けてきた、ぐっすり眠った3/4その11

だんだん謎が解けてきた。母が私を否定していた。それが影響し私も子供を否定した。そして子供に問題が起き私の言うことを聞かない。謎が解けるほどに、私の怒りは沸き起こる。 

母の否定を受け入れることは自分の存在を否定することであり、嫌な母に従うことであり、そんな弱い自分は受け入れられない。袋小路だ。

母、自分、子供を含めた全世界を全滅させ再生させる力が自分にあればと空想する。しかし、それでは自分が愛情なしだ。納得できない。

Babyブレスでは、死の受け入れのようなものが起きた。意外だった。その晩は、朝までぐっすり眠った。

お試しの「無料カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

IMG_6615

148 娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感3/4その8

IMG_1265

<<娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感>>
母や自分の正体が知りたい3/4その8
<娘に味わわせてしまった!もう取り返しのつかない物凄い罪悪感>
生を望み、生を諦め死を選び、それでも結果的に生きてしまった。死の恐怖も知っている。母の殺意の恐怖も知っている。生きているから、生きる事も知っている。物凄く怒りながら、訳も分からず狂いながら生きてきた私には子供や人を、そして母の弱みに付け込む事や脅すには十分な材料だ。
そんな気持ちで娘にやってしまった。娘に味わわせてしまった。そして、味わわせている。心の奥から、湧き上がってくる。悲しさのようなガッカリなような、もう取り返しのつかない物凄い罪悪感。娘に(私自身が)グチャグチャに殺されても、色んな殺され方をしても、バラバラにされても、それでも済まされない物凄い感じ。当然の事だ。やってしまったんだから。
<プレゼントされてはプレゼントし・・・>
私も母もそして娘も似たような所がたくさんあった。不思議。でも、当然なんだろうなぁ~と思う。プレゼントされては、プレゼントし・・・。をずっとやってきたんだから。
<正体は殺人鬼?>
母の正体もきっと?きっとじゃなく、怒り狂った殺人鬼なのかもしれない。脅しの天才だ。本当は、生も死も良く分かっているのだ。悪びれる事もなくやってしまうのだから。楽しんでるように脅すのだから。色んな感情がどんよ~りと漂っている感じがする。

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

141 子供の立場、親の立場、狭間で進めない…

IMG_1233
親のことを思うときは自分の寂しさを見るのが辛くて、
子供のことを思うときは自分のやってきたことの罪悪感に耐えられない。
被害者の自分と加害者の自分とどちらも痛くて深められない。
進むことも後退することもできず、まるでその場で小さく足踏みしているようだ。
そういえば母の愛情なし(という事実)もセッションを重ねる中でようやく認められるようになった。
その体験から、被害者の自分と加害者の自分を一足分ずつでも深めていき、どちらの自分も素直に認められるようになりたい。
ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

132 世代間伝達2つの受け止め方

IMG_1233

親から子育て中に受けた私たちの心の傷は、癒されないままでいると知らないうちに、私たちの子供に伝わる。そうして代々と伝わる。世代間伝達。そのことに気付いたとき、呆然としたり、しまったと思ったり。2つの受け止め方。180度逆方向の受け止め方。
(1)だから、私に罪は無い。罪があるのは母、祖母、曾祖母・・・、世代間伝達の上流側。上流側全員の罪を無垢な赤ん坊だった私一人に押し付けられてはかなわない。どうして私に何か罪のようなものがあるの。それどころか私は、上流側全員の罪悪を一人かぶった被害者だ。とてもとてもひどい目に会った。今も不幸だ。抜け出せない。子供にはわるいが、助けて欲しいのは私の方。傷を観なさいなんてほんとうは言ってほしくない。辛すぎる。優しくしてほしい。母は傷に気が付きたくない。祖母も自省的ではなかった。きっと曾祖母もそうだろう。そんな大勢に私一人ではかなわない。私にだけ言わないで。この苦しさから逃れたい。楽になりたい。
(2)この傷の責任は母、祖母、曾祖母・・にあるのだろう。しかし私は逃げずに自身の傷の深さを観た。この傷は私のもの。誰のものでもない。傷の深さは私自身の人間性の深さ。目もくらむような深さ。その深さを通して、はじめて、私の子供の傷を観ることができる。やってしまったことに愕然とする。悲しみがあふれる。愛おしさがあふれる。私で世代間伝達を断ち切りたい。エンドレスチェーンの中の私という鎖駒を断ち切って自由になりたい。カラクリをすべて見抜きたい。私の子供の子供(孫)もひ孫も、子孫営々と不幸になってしまうのもいやだ。それより何より私が本当に自由になりたい。

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>より詳しいベビーブレス体験

130 母と同じ道

IMG_6567セッションから後、雑念に負けず、毎日30分瞑想している。

 


自分を見つめ、分かってくればくるほど、まるで、狂った人の人生のよう。私の人生をこれ以上狂わしたくない。

ブログも毎日チェックしている。自分を見つめる視点が変わるので役だつ。

自分の悲しみをそこそこにしか見てなかった。だから母と同じ道を歩いてるんだ。分か
ってみればシンプルな事。

それを分からないようにしなければならない、隠さなければならないほど、まだまだ深い悲しみがあるんだな・・・。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

125 ”ほんとうにやってしまったんだ!”

IMG_1232
子育ての失敗で、被害者であることを実感することは、とても大切。ところがひとによって違う。そこそこで終わるひと。しっかりと実感するひと。
被害者であることをそこそこに実感すれば、自分が加害者であることの罪は比較して軽くなる。自分が真の加害者であるということまで届かなくできる。そうすれば自分を守ることができる。自分が苦しまなくて済む。
”だってアタシだって愛情をもらってないんだから!”
”アタシの母親だって愛情もらってなかったんだから母親を恨むのはコンナトコで許しといてあげるわ!”
他方、徹底して被害者であることを味わうことは、自分が被害者として受けた心の傷の痛さを逃げずに観ること。辛く苦しい。そこから逃げずにいると、子供への本当の共感が手に入る。つまり初めて真の加害者となる。
”ほんとうにやってしまったんだ!”
自分が加害者であったことを真にわからなければ、どうして子供への本当の愛情が湧いてくるのだろう。本当の愛情が湧いてこないのであれば、それは十分には観ていない。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

124 隠されるもの:女性が持つ被害者と加害者

IMG_1221

隠されるもの:女性が持つ被害者と加害者の両面
子供の問題でやってくる女性は、被害者と加害者の両面の間に挟まれて苦しむ。その女性は、自分自身が、子供としては被害者。大人としては、自身が産んで育てた子供に対して加害者。被害者と加害者の両面を持つ。しかし、これらは本当には認識されていない。隠される。
まず、心の表面では、自分の子供をうまく育てられなかった自責の念がある。外見的には加害者意識。しかし、これは本物ではない。

すぐ下には、精いっぱい育てたのに、うまく育たないで、家庭内暴力に走ったり、閉じこもったりする子供によってひどい目に会っているという被害者意識がある。この被害者意識のほうが、より本物。
だが、まだ、不正確。正確には、自分自身が愛されずに育ち、産んだ子供に十分に愛情がいかない心の状況に置かれ、にもかかわらず懸命に努力したのに、その努力は認めてもらえず、逆に子供にひどい目にあったという被害者の面。愛情が貰えなかったのは私の方こそ被害者、なのに加害者にされるということ。より深い被害者意識。
この深い被害者意識は、意識の下に隠されていることが多い。これを明らかにし、自分自身が愛されずに育った傷と向き合い、再体験し、実感することで、やがて彼女は、自分の子供が同じように受けた傷の痛みを、はじめて実感できる。そうして、加害者としての意識も本物になる。真の被害者と加害者の両方があらわになる。全体の事情がはっきりする。
本当に全体がわかってくると、子育てがうまくいくには、その女性が愛されて育ってなければいけないこと、その女性自身が望む妊娠をすべきであること、その女性自身が望む子育てをすべきことが必要であることが、実感としてわかる。その実感とともに、成長をとげる。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

123 母、自分、娘の似ているところ 3/4

(母や自分の正体が知りたい3/4)

母や自分の正体を知るために、母、自分、娘の似ているところを思い出してみる。

<<母と自分の似ている所>>

<恐怖とその後の優しさで子供を従わせる>

子供を脅して子供を自分の思うように恐怖で従わせる。感情に任せて子供に怒る。怒りが止まらない。態度で脅す。今、怒ってるんだアピールをする。ため息とか物に八つ当たりとか、する。子供が、怒ってるアピールに反応すると、少し満足する。でも子供に悪かった…という気持ちと、子供が自分に従ったこと、自分のいいなりになったことで、優しくなる。脅しのアピールという苦いのと、その後の優しくなるという甘いのを使い分ける感じ。

<従わないとシャッターを下ろし見捨てる>

それでも従わないと、思い通りにならないと、「もう知らない‼︎」などと怒り、シャッターを下ろす。見捨てる。平気で見捨てられる。

<どうせ私なんか>

“どうせ私なんか”が口癖?心の中で(母と私は)お互いいつも思っている。そして母の祖母もそうらしい。

<子供に甘えたい>

無性に甘えたくなる時がある。子供に依存したい感じ。子供を触ってみたり、猫みたいに擦り寄る。

<便通の困難>

母は便秘症。私は下痢症。下で悩まされる…。

<隠している子供への殺意>

隠している事は、子供に対する殺意。怒り、憎悪、邪魔、私の好きなようにしたい、子供に振り回されたくない、子育て、人間育てなんて面倒臭い、なんで私が子供に付き合わされないといけないのか、とにかく子供を抑え込みたい。子供にこれでもか‼︎と恐怖を植え付けないと気がすまない。子供に恐怖を植え付けた上で、子供が私に依存しているのが分かると、シメシメと思い、思いっきり突き落とせる。

子供からの依存が鬱陶しく思う時もあれば、心地が良い時もある。自分も子供に依存したい時は心地よい。でも、いつ利用してやろうかと企む。子供を突き落とす気持ちよさはイジメに似てる。

<後悔>

子供を突き落した後で、やや後悔する。

<<自分と娘の似ているところ>>

<言いたいことが怖くて言えない>

母親の顔色を伺う。言いたい事が言えない。本当の気持ちが怖くて口に出せない。しっぺ返しが怖い。優しいと思ったら急に怒るからビクビクする。拒否される感じがいつもある。

<爆発的な怒り>

怒ると爆発的な力が出る(自分、娘)し、いつまでも納得できない為怒りが鎮まらない。私は玄関の扉にヒビを入れた。強く蹴ったつもりは全くなかったのだが。壁を殴ったり、物にやつ当たる。人にも当たり散らす。後輩を呼び出し脅す。夫を責め立てる。

娘も怒ると床を叩いたり、物を投げたりして物にやつ当たる。人(父、母、祖母)に当たり散らす。娘は母である私を噛む、叩く。

<自傷に走る>

怒ると自傷に走る。私は腕を切り、タバコを押し付ける。娘は自分の髪の毛を引っ張ったり、自分の頭を叩く。

<自分を閉じる>

自分を閉じる。怒っては引きこもる(閉じる)。

<親に甘えられてこられるとき>

親に甘えられてこられると無性に腹が立つ。でも、心地いい時もある。一緒にとろける感じ。私は、母にギューして〜みたいなオーラを出されたりすると、なんとなくフッと分かる。今ではなく昔からある。仕方なく触られておく時もあれば、心地良くて寝そうになる時もある。

私が娘の肩に寄りかかった時に、娘は避けたり、避けなかったり。撫でたり触ったりすると、娘はそのまま甘えてきたり、身を委ねる。でも、スルリと避ける時もある。

<他人を信用しない>

他人が怖い。信用なんて中々できない。というか、信用しない。とにかく我慢。ジッとしてる。周りを観察する。母を観察する。

<便通の困難>

私は下痢症。娘は便秘症。下で悩まされる

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>カウンセラーの対談(アダルトチルドレン・心身症・アレキシシミア)

IMG_6246

122 怒りや恐怖をプレゼント 2/4

(母や自分の正体が知りたい2/4)

私は、母や自分の正体が知りたい。母と私は似ている。母から私は怒りや恐怖を「プレゼント」された。私がこの世に生まれる前から、既に母が持っていた怒りや恐怖。既に持っていたものを、もらったので「プレゼント」。怒りや恐怖は私へ頑固に植え付けられた。そして、おそらく私から娘へも同じものを「プレゼント」してしまった。

私の怒りは、娘に向かうだけではなく、お返しとして母へ向かった。今も残り火のように心の奥にくすぶる。私だけの怒りではない。なにか私が存在する前の小さい母が見える…。私の怒りは、母から私が直接被害にあったものへとは別に、母が被害を受け、その結果、母から私へ間接被害=「プレゼント」されたものへ、向かう。母が果たせなかった母自身の怒り。母自身が怒るべき怒りを、私へたらい回しにされ、怒っても怒っても手が届かないようなもどかしさ。何もかも払うような、何もかもぶっ壊したい衝動にかられる。

IMG_6256

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

 

115 世代間伝達とそれを越えて

IMG_1196
<世代間伝達>
セッションが進むといつも間にか取り組むことになるのが、世代間伝達。
私たちの心の悩みが、母、私、娘へと伝達されているということを観抜くようになる。例えば、心の中にある自閉、恐怖、殺意などのことは、母、私、娘に似たものが同じようにあるのではないかと気が付く。そして母、私、娘の順に伝わっているのではないか、と。さらに、(例として)自閉、恐怖、殺意は互いに関係があるのではないか、と。
<実際の体感>
はじめからは、分かりにくい。多くの場合、はじめの段階は純粋な怒りや恐怖を体験する。誰に対する怒りか、何に対する恐怖とかは、出ないことが多い。
そのうちに対象がはっきりしてくる。特に母親が重要で中心的なのが分かってくる。さらに、母親から被害を受けたことがセッションの中心となる。対象は母親で私たちは被害者である。いよいよ重要な段階になる。この段階が勇気をもって十分に納得がいくまで体感されることが重要。この段階で、隠されたものを十分に意識化するには、いい母とわるい母(クライン)の全体的な認識が効果的。
臆せずにこの段階を余すことなく体感できれば、次の段階で、私たちは同じようなことを子供(娘)にやってしまったことを思い出す。私たちは加害者でもあったのだ。このとき自分が悪人でありえたという罪意識に耐えられることが重要である。あの幼く可愛らしく純真であった我が子に「やってしまった・・・」と。耐えられないときには、前の段階に戻り、やり残しを納得がいくまで体感する。
<世代間伝達を越えて>
このようにして世代間伝達が体感され、それに逃げずに向き合うことが必要。十分に体感されると、ある意味で安心し、より本質的なものに向かう。より深く納得したい欲求が出る。そして、殺意は母親を越える。母親はもはや問題ではなくなる。世代間伝達を越えた段階といえる。対象は自分自身や世の中全体、宇宙全体となる。やがて、対象さえなくなる。死そのものを扱う。死が忌み嫌われるものではなくなる。そうするうちに死と生が仲良くなる。死と生を峻別することは魅力がなくなる。生死を越えるようになる。
<行きつ戻りつ>
これらの段階は人によっては前後することもある。並行して進むこともある。何度も行きつ戻りつして前進する。避けずに全ての段階を通ることで力が付く。

 

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

106 血のうんち

写真1

<血のうんち>
私の娘は酷い便秘症だ。まだ小学校2年生なのに、毎回血を出しながらうんちをする。その理由は、娘が赤ちゃんの時私はうつで朝起きられなかったため。朝起きようとすると体が動かず目眩もした。私の娘は、オムツをうんちまみれ、おしっこまみれの状態で、寝ている私のそばでジッとしていた。普通だったら気持ちが悪くて泣いているはずなのに泣かずにジッとしていた。娘は極限まで我慢した。その影響が未だに強い。
<シャットダウンする母>
私の母は昔から私の話を聞いてくれない。普通の会話はするが肝心な時に私が助けて欲しい時に母は、私に心のシャッターを下ろす。ガラガラと音を立てて威勢よく私をシャットダウンする。シャットダウンされる悲しみ。どうして私の事を分かってくれない‼私自身を丸ごと認めてくれない。受け入れてくれない。なんで‼なんで‼どうせ私なんか‼といつも心の中で思っていた。
<怒り、大好き、助けて欲しい>
物凄い怒りと母に対する憎悪がある。でも母親には言えない。言うのが怖い。受け入れてくれない母親に言えるはずがない。また私が無くなるだけだから。でも、そんな母親を私はずーっと求めていた。いや、そんな母親でも嫌いだと思っていた母親でも、私の大好きな大好きな母親を求めていた。私は母親に救い出して欲しかった。助けて欲しかった。
<子供の面倒を見られない、受け入れて、謝って、向き合って、絶望>
この可愛い子供の面倒を見られないという私を見て欲しかった。そして、子供の面倒を見られないという私を母親に認めてもらって丸ごと受け入れてほしかった。そして私を受け入れた後、謝ってほしかった。だって、私は何も悪くない。母親にとったら私は子供だ。子供の私が母親に求めて何が悪い‼甘えて何が悪い‼子供として当然の事だ。「私も母親にされてなかったから出来ない〜」なんて逃げないで子供の私と向き合って欲しかった。もっと母親は母自身の子育てで悩み苦しみもっと葛藤すればいい。お前のしてきた結果だろ。心のシャッターなんか下ろさず、子供を見られない私を母親の子供の私を文句も言わずにちゃんと見てほしかった。私はそんな母親に絶望しながら物凄く怒っていた。
<娘は私と一緒そして母親も>
そんな私のそばで、寝ている私のそばで、娘はオムツをうんちまみれ、おしっこまみれの状態でジッとしていた。ジッとしている間、怒りや悲しみ、絶望感、無力感などが娘の中でフツフツと湧いていたと思う。私が母親に感じている感情と一緒だ。いつしか娘は、オムツが濡れないように汚れないように自分で我慢をするようになったんだと思う。“私が我慢さえすればオムツが汚れない”と小さい小さい娘は思った。その我慢は私に対する物凄い怒り、憎悪になった。オムツがはずれた頃もおしっこも限界まで我慢した。うんちも出産のようにして「痛い〜」と泣きながらトイレでした。娘は、母親である私のせいで、怒りの塊を、絶望の塊を便秘という形で体に表す。私は娘の怒りや絶望、恐怖、悲しみを全身で、しっかりと心で受け止めていかなければいけない。「あなたのせいではないよ、ママの問題であなたを巻き込んでしまったね。本当にごめんね。」と。私は娘の母親なのだから‼‼ そして、こんな辛い思い、辛いうんちをするという行為が示す恐怖を、うんちが硬くなるまで我慢する程の怒りを、「私が(娘)苦しんでいるのを[しっかり見ろ‼お前のせいだろ‼]って、もっともっとママに怒って大丈夫だよ。あなたのせいではないんだから」としっかりと何回も何回も私は娘に伝えていかなければいけない。そして同じように母親も私に何回も何回も言ってほしい。“あなたのせいではないよ”という事を。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)

95 私が欲しかったもの

今までは子供たちを叱る時、自分のイライラをのせて必要以上に叱っていた。

イライラが邪魔して本当に言いたい事がちゃんとは伝わってなかった気がする。

ベビーブレスで自分の気持ちがはっきり分かってその事に気がついて子供に謝る事が出来た。

自分のイライラとは別の問題として叱れるようになった。ちゃんと子どもを見られるようになったのだと思う。そして自然と子供との関係が良くなった。

例えば子供がお手伝いをしてくれている間、信頼して待てるようにもなった。子供の気持ちを大事にできるようになった。

わたしが母親にして欲しかった事。

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験

2016-02-09 14.45.32-1

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

79 心の傷の深さ

Couleur / Pixabay

Couleur / Pixabay

心の傷の元は、その傷が深ければ深いほど、母親であることが分かってくる。分かったとき人は自分の心の傷の深さを、初めて理解する。傷の一番深くでは、生と死がいっしょにいる。その母親にも、傷の元となった母親がいる。そのようにして祖母、曽祖母へとさかのぼっていくことができる。自分の心の傷の深さに呆然とする。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

70 心の奥の秘め事

娘の甘えを許せなかった私は、ベビーブレスで自分を掘り下げた結果、自分自身の奥底に止めどなく甘えたい欲求が潜んでいることに驚いた。

甘えたい欲求が潜むその未知の領域の大きさ。ただただ大いなるその存在に向かって泣けた。

娘の甘えを許せなかったことがはっきり自覚できて、初めて、自分の内に甘えたい欲求が潜んでいることを納得できた!
母に甘えられなかった私は、自分自身の甘えたい気持ちを封印した結果、娘の甘えを拒否したのだった。
娘にやってしまったことの後ろめたさに、何とか、挽回し許される道はないかとさまよったが、今、許されなくていいと、はっきりした!逃げることはもうしない。

今日、 あれほど心の通じなかった母に、謝られた。「だから許して」と言われた。はっきり分かった。

子供の甘えを許せない私のような母親なら、ほとんどの人が認めたくない心の奥の秘め事。

IMG_6203

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

アコールのブログを見る

アコールの体験者の記録もみる

35 女神

2016-01-17 15.10.00

人はすごい。人は体感することで変わる。自分へ与えられるはずの愛情が不足していたことを体感することで、愛そのものを知る。愛を知った女性は、努力せずに人を愛せる。そんな母や祖母は子供たちにとってまぎれもない女神となる。

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中