180 本当は辛い防衛

IMG_1325

私たちは意識的な隠し事もするし、無意識の防衛もする。前者は健康的だが、後者は病的なものに傾く。どちらも必要に迫られて行う。セラピーを受けに来たはずの人に強い防衛を感じると、そのまま、そっとしておいた方がいいのかなあと思うこともある。しかし、防衛が解け、隠していた本当のことがわかった時の清々しさは不思議なほど。意識化され健康な広場に躍り出る感じがする。
そういえば殺人犯が、長い間、潜伏していて見つからず、ようやく捕まりほっとして、その晩、留置所の中で、それまで得られなかった深い熟睡が得られるということを聞いたことがある。似ている。とすれば人間はやはり防衛や嘘は、本当は辛いはず。

 

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験