154 生と死・知りたいけど見たくない・・・3/4その9

IMG_1295

母や自分の正体が知りたい3/4その9
<恐怖・生きたい!!という怒り・>
死が怖いのも、母の私に対する死に従うようで、弱々しくなる自分が許せなくて、それなのに、母に脅され殺されてしまう恐怖。自分ではどうしようもない死の恐怖。
生きたい!!という怒りは、母の私に対する死の望みに従わないように、必死で生き、殺意や憎悪がある母に嘘つきと怒り、そんな母親にでも愛情を求めないと生きられなかった私自身に対して怒り・・・。生きる糧。生きていく為に必要な怒り。
<人生を返せ>
死ぬ事が怖い事だと教えやがって!!私を生かしたくせに!!脅しの恐怖で死ぬ事もできず、生きる事も怒りだけで自分を閉じて訳も分からなくなるのは母親であるお前のせいだ!!母から愛情をもらい、そして安心して自立をしていったのかもしれない私の人生だったのに!!ふざけんな!!で済まねぇぞ!!殺しても殺しても済まねぇぞ!!ん?
<殺せるものなら殺してみろ・お前も生きていけないぞ>
それとも殺してみるか?私を殺してみるか?お前の望みだろ。そしたら、お前(母)も生きていけなくなるぞ?私がいないと。
<生と死・1人だと耐えられない>
本当は知っている生と死。殺意や憎悪。怒りや悲しみ。無力さや絶望。それが怖いから、自分1人だと耐えられないから子供にそして母の弱みに付け込み脅し、支配する。同じ感覚を味合わせないと気がすまない。そして、娘も私に思い、母も祖母に思っているであろう感じ。分かる。
<死を見ないといけないのか・・・>
まだ正直、私の本当の、本当の正体は分からない。瞑想しても、怒りの渦の様な真っ赤なマグマのような感じしかしない。怒りながら今度は死を見ないといけないのか・・・。どうしても知りたい。どうしても知りたい、感じたい事がある。でも、探っていくしかない。満足するまで体感していくしかない。フッと現れるような気がする。深い深い物・・・同じ・・・一緒・・・どんな感じだったのだろう・・・。

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)