140 それは本当に快なのか

IMG_1256

快と不快
私たちは不快を避け、快の方向へ生きる。怒りのエネルギーは生のエネルギー。心地よい。外側へ発することで、大きな仕事ができる。社会を改革できる。革命家になれる。大きな敵を倒すことができる。大きな怒りがあれば敵弾を受けても痛みを感じずに前進できる。死を甘んじて受け入れていては敵に負けてしまう。死んでも前進することは快であり、敵に屈することは不快である。
では内側の敵には、なぜ、同じようにうまくいかないのか。納得できない、腑に落ちないのはなぜか。外側の敵を倒すように内側の敵を倒せないのは、なぜか。うまくいかないので、途中で妥協して、うやむやにしてしまう。楽になりたいといって、人によっては病気の中に逃避してしまう。それは本当に快なのか。消極的すぎる。人生がもったいない。

 

お試しの「無料心理カウンセリング」もあります