127 子としての傷と母親としての鈍感さと

 

IMG_1220
私たちは、母が自分の妊娠を望んでいなかったことに非常に大きく傷ついてしまう。その傷が自分の人生に、陰で大きく影響していたことにも気が付く。自分の人生を取り戻すには非常に重要なこと。ところが私たちは、反対に、自分が母親として子供を身ごもり、自分のお腹の中にいるときに、「この子さえいなければ・・」と思ったことがあるのを忘れていることもある。
この傷の大きさと鈍感さとは、どのように両立するのか。唖然とする。思うに、お腹の中は無から生が生じるところ。死と生が出会うところ。
母はどこかで思う。私の血と肉とで無から胎児を育て上げ、自分の命をかけるような出産をし、乳を与え、おしめをして一人前にする過程は、子供と母の1対1の関係であり、余人を一切受け入れない。全くの私的な出来事。私の子の髪の毛一本すべて私のもの。可愛いと思えれば命を張って生かす。躊躇なく自分の命を差し出す。が、可愛いと思えなければ、指一本動かすことでこの世から消し去ることができる弱い存在。生かそうが殺そうが私の自由。子の生死は私のもの。
おそらく、私たちは、事の全体を生と死からとらえることが必要。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります