101 死を願う宇宙船の中で“死にたくない”

Image-1
<死を願って宇宙船に乗る夢を見た>
私はあまり夢の事を覚えていない性質なのだが、つい最近の夢の事はしっかりと覚えている。その夢は、死にたいと強く願う者しか乗れない宇宙船がある。乗ったら最後地球には戻れない。そして燃料が切れたらそのまま死んでしまう。その中に知り合いの人も1人乗っていた。リーダーらしき人が、「死ぬ前に1人1人皆んなの前で挨拶をしましょう。」と言う。
<でも死をためらった、そして恐怖>
でも、私は死にたいと願い乗ったのに、ただの勢いで死ぬような気がして嫌だった。死にたくなかった。なぜなら、私は死ぬ事がとても怖かったからだ。物凄い恐怖だ。心臓がバクバクし、パニックになる。怖くて怖くてたまらなかった。何故私はこんなに死ぬ事が怖いんだろう。
<死を追い払う人生>
思えば、何故私はこんな風に死を追い払って生きたいんだろう。何故こんなに恐怖がくるのだろう。全く分からなかった。考えても考えても体調が悪くなるばかりだった。病院に行っても検査をしてもどこも悪くない。私は医者が馬鹿なんじゃないかと思った。こんなに辛い症状が出てるのに。何で分かってくれないんだ。どうして助けてくれないんだ。お願いだから助けて‼︎誰か助けて‼︎と思えば思うほど体調は悪くなっていく。そんな人生を歩んできた。
<隠れていた感情の爆発>
そんな時ベビーブレスで本当に初めて自分の感情が爆発できた。それまでもベビーブレスで、泣いたり、手が痛くなるぐらい物を叩いたりして、私は自分を分かっているような気でいた(もっともこの過程もとても大切な事だと後々分かるのだが…)。
そんな私が爆発した。
<実は母親がにぎる恐怖と救い>
なんと、爆発のきっかけとなったその言葉は「お母さ〜ん‼」だった。腹の底から母親を求めた。母親に助けて欲しかった。医者なんかじゃなく母親にどうしても助けて欲しかった。私は昔から母に対して心の中で思っていた事がある。どうして肝心な時に助けてくれない‼どうして私の事を分かってくれない‼どうして私自身を丸ごと認めてくれない。どうして受け入れてくれない。なんで‼なんで‼どうせ私なんか‼どうせ私なんかいなくてもいい。こんな事母親には直接言えない。言うのが怖い。言ったら殺されるかもしれない。はたまた、泣き叫ぶかもしれない。受け入れてくれない母親に言えるはずがない。また私が無くなるだけだから。そんな母親を私は求めた。いや、そんな母親でも嫌いだと思っていた母親でも、私の大好きな大好きな母親を求めていた。私のこの死の恐怖を母親に救い出して欲しかった。だって、私は何も悪くない。母親にとったら私は子供だ。こんな風に恐怖を植え付けたのは母親だ。
<初めて言えたら止まらない「生きたい」>
私は死にたくなかった。死ぬのが怖かった。生きたかった。どうしても生きたかった。でも、生きたい‼と言っては絶対いけなかった。心の蓋を開けてしまうようで、どうしても口に出して言えなかった。でも、私は自分を知りたかったから、私は自分自身を生きたかったから、決意して“生きたい”と口に出して言った。そしたら、なんと止まらない止まらない。この生きたい願望。どんどん口から、いや、お腹から、いや、全身から湧き出てくる。
<生きたいという物凄い怒り>
それが、いつしか怒りに変わった。怒りに満ちながら“生きたい”と叫んだ。でも、なんで生きたいという事にこれ程までに怒りがあるのが全く分からなかった。
夢の続きになるが、知らない人の前で、死にたくないという思いを挨拶の変わりに“寸劇”(セッションとして何度か行ったもの)をしたくなった。夢の中で「死にたくない‼私は生きたいんだ‼」と叫んでは暴れた。それは夢の中でも物凄い怒りだった。
<夢から覚めて素晴らしい>
その怒りのまま目が覚めた。心臓はバクバクしていた。夢の事を思い出しながら「あ〜私は怒りだけで生きているんだ。この底知れない怒りだけで生きているんだなぁ〜」と実感した素晴らしい夢だった。
<怒り=生きる糧>
この怒りのおかげで仕事も家事も暴走するようにできるのだから。この底知れない物凄い怒りに感謝をしないといけないなぁ〜と改めて感じた夢だった。この夢のおかげで、この底知れない怒りには、もちろん私自身の母親に対する怒り、そして、私の母親が母親自身の母(私の祖母)に対しての怒り、またまたその上の母に対する怒りが底知れない怒りとして、生きる糧として私の中にあるのかもしれない。
<代々の生と死、二つで一つ>
私のバックにいる代々の母親たち。私のバックは強い‼そのバックで傷ついた人達の怒りも、そして何をそれぞれの母親に感じ生きてきたのかを分からなければ、私は私の求めている場所へはいけない気がする。そのバックにいる人達の怒りも悲しみも絶望も無力感も生も死も全部私自身だと思うから。
私は生きたいばっかりだと、死はただ追いかけてくる恐怖でしかない。死にたいばかりだと、生きるという事が何の意味もなくただ苦しだけ。両方ともこんなに苦しくて辛い事はない。死があるからこそ生きている。生きているからこそ死がある。当たり前の自然現象なのだから。私は死は恐怖そのものではなく、怖いものでもなく、必ず待っていてくれるものだから、その死に向かって安心して私は私自身を生ききりたいと思う。

お試しの「無料60分心理カウンセリング」もあります

ホームページの記事もどうぞ⇒実績紹介>ベビーブレス体験集(本の内容)