56 分かっているのに素のままでいられない

自分が「しっかりする、頑張るいい子」をやろうとするのはだんだん分かってきたの。
自分のことを見破れるようになってきたのは凄いと自分でも褒めていいと思う。
なぜ、「頑張るいい子」をやろうとするのかも分かってきた。
母親自身が「しっかり者」だと近所の人に褒められて嬉しそうにしていたのを覚えている。
だからきっと、自分もそうなって母を喜ばそうとしたのだと思う。
それなのに母親に褒められたことはなかったの。
今でも「いい子になろうとする」皮を被っている感じがする。
分かっているのに、素のままでいられない。
それが私が親になって、育児に影響してしまう。

実力がないのに「良い母親」になろうとして、無理しちゃう。

待って〜

待って〜

そして途中で切れて育児放棄になる。
なぜかな〜。
私の母は、子供である私の世話はしてくれた。
でも、子どもの私へ意識がなかった。心がなかったの。
そんな母親に育てられたからだと思う。
母と同じ事をしている。

*******************

引きこもりからの自立等いろいろな心理的悩み相談や心理カウンセリングのお試し無料あります。さらにベビーブレス(アコールで開発した独自のブレス,ブリージング)ができるようになれば精神分析の組合せで大きな効果があります。東京府中

もっと見る

[ベビーブレスや精神分析的心理カウンセリングなどのセラピーを行うアコール(有)のブログです]

体験の記録もみる